フライトシム西沢(その1)


>  投稿者:西沢  投稿日:08月13日(金)18時32分42秒 ■ ★ ◆ 

      > fly!は雲がめちゃくちゃリアルらしいね 操縦席も
      > でも風景が忠実に再現されてるっていってもアメリカだけでしょ?
      > なんかいやね
      > 他の空港はFSと変わらないのかな?
      > どーでもいいけどfly!は買うつもりないよ(わら

      局地的にリアルなシミュレーションを行っているという意味では
      Flight Unlimited2に近いのかもしれない。
      風景が再現されているのはアメリカの5つの都市のみ。ただし
      シミュレーションエンジンは全世界をカバーできるようになっており、
      全世界の空港データはあらかじめ組み込まれている。
      早い話が、その他の部分は自分で作ってねということで、追加データ
      コミュニティの誕生を目論んでいる。当然、同じ地域の風景が
      数種類リリースされることもあるだろうし、良いものを探すために
      奔走しなければならなくなる。
      デフォルトの5つの地域の風景は衛星写真を使用している。
      すべての世界の風景を衛星写真で再現するのはほとんど不可能である。
      従って、風景に関しては絶対に品質の不均衡が生じる。
      出発地は衛星写真の風景だったのに、到着地点ではマイクロソフトFSのような
      ソリッドなポリゴンだった・・・ということは覚悟しなくてはならない。
      どうせすべてを衛星写真にするのが不可能なのであれば、はじめから
      そのようなことはするべきでない。有視界飛行に必要な要素が風景に
      盛り込まれていれば衛星写真である必然性はない。もっともこれは商売的要素が
      大きく絡んでいるのだろうが。


  投稿者:西沢  投稿日:08月14日(土)09時10分16秒 ■ ★ ◆ 

      グローバルな視点でフライトシミュレーションの本質を求める良質な
      フライトシミュレータは非常に少ないのだが、そんなもののひとつに
      X-Planeがある。マイクロソフトフライトシミュレータとくらべて
      歴史が古いのかどうか知らないが、随分と以前から
      マイクロソフトフライトシミュレータを凌駕する機能を持っている。
      基本的な航空管制通信ができ、天候レーダ、電波高度計、リアルタイムの
      天候変化、GPSなどがはじめから出来るようになっている。
      また風景ファイル作成ソフト、機体作成ソフトが標準で付属している。
      追加データの入手は容易で、全世界の風景ファイルがすべてフリーソフトとなっている。
      ビジュアル面では他のシミュレータに劣るが美しいことには違いない。
      ただしビルや橋などのオブジェクト類はほとんどなく、機体も荒いモデリングで
      テクスチャのないものが多い。フライトシミュレーションに関係のないものを
      求める似非フライトシミュレータマニアなどはじめからお呼びでないのである。
      一般のゲームソフトに比べ値段が高いが、明らかにそれ以上の価値がある。
      以下のサイトで5分間のデモ版がダウンロードできる。このデモはフルバージョンで
      製品版CD-ROMは時間制限を解除する解除キーとなっている。
      クラックはバージョン4.43用のものが出ている。
      http://www.x-plane.com/


>  投稿者:西沢  投稿日:08月15日(日)05時03分06秒 ■ ★ ◆ 

      > コンバット系の話もっとしてくれよ
      > わくわく

      いやマジで今日は疲れたのでもうねる。話をしたいのはやまやまである。
      ひとつここで良質のコンバット系フライトシミュレータを紹介しておこう。
      Warbirdsというのがそれだ。数百人同時に接続できるマルチプレイサービス
      なのだが、フライトシミュレータ本体はフリーソフトウェア。接続料金は有料。
      あくまでもマルチプレイが主体である、のだが、このフリーのソフト、
      ちょっとした市販フライトシミュレータよりもはるかに良い。
      練習用に敵機が出てくるのだが、最近のバージョンではこの敵機がAIをもって
      空戦が可能になってしまった。早い話このソフト単体でもかなりあそべてしまう。
      H2Hプレイもフリーでできる。
      つーかこのソフトの良いところは、搭乗できる機種がかなり多いということ。
      同一機種のマイナーバージョン違いも多く収録され、しかもその飛行特性の
      違いも再現されている。ほかの多くのシミュレーションと違って、
      飛行特性はかなりシビアである。初心者がプレイすると離陸すらままならない。
      爆撃機の操縦、投下、機銃の操作もOK。
      人間相手のプレイでは実践差ながらの索敵が必要になり、実際のパイロットと
      同様の判断を迫られることになる。これはほかのどのコンバットシミュレータでも
      再現していない!
      やはりマルチプレイ用のフロントエンドであるのでヒストリカルなプレイは
      できないが、隠れた名作といえよう。
      www.icigames.com
      www.imagiconline.com


>西沢  投稿者:西沢  投稿日:1999/08/18(水)18時21分05秒 

      > > エースコンバット程度の難易度でネット対戦できる
      > > フライトコンバットゲームって何があるの?
      > ファイティングファルコン。
      > マーク3用だけどな。

      もうひとつある。もし君が名機マーク3を持っておらず
      キチガイ花札屋のファミコンしかないというダウソな環境であれば
      コナミのトップガン(タイトル失念、トップガンを題材にしたゲーム)が
      ある。画面は上下2分割で二人で対戦できるジェット戦闘機ゲームである。
      ネット対戦は出来ないがそれはファミコンがダウソなだけである。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/08/22(日)23時43分45秒 

      > 中華航空また事故ですね。
      > 乗りたくねー。

      マクドネルダグラスもとんだとばっちりだな。つーか中華航空は
      乗員の訓練してないのか?俺は毎日訓練を積んでいるぞ。
      だから俺はあの異常事態でも飛ぶことが出来たのだ。


  投稿者:西沢  投稿日:08月25日(水)13時25分24秒 

      人気に応えてもう一度作ってみた。
      つーかいま仕事が忙しいのだ。仕事しながらROMしているが書き込むほどの
      余裕がない。しばらくはネタふりは勘弁していただきたい。
      最近は人を刺しただけで西沢2世だと呼ぶことが多いようだが、それは
      絶対に止めていただきたい。俺は憎悪の結果として刺したのではなく、
      航空業界全体の粛正として止むを得ず刺さざるを得なかったのである。
      目的からして根本的に異なる。下衆と混同しないでいただきたい。


>HxC  投稿者:西沢  投稿日:1999/08/26(木)16時58分57秒 

      > 『アミーガ』OSは不滅
      > 持ってる人いる?

      俺の自宅にも何台かある。何台かつーてもAmiga1200とAmiga500だけだが。
      アミーガが死滅したと考えているやつが多いが実はいまだに製造され、
      新品が販売されている。OSも今年中に3.5が出るはずだ。
      アクセラレータでCPUをPOWER PCを搭載することも可能だし、互換機もいくつか出ている。
      アミーガのテクノロジーは現在Gateway社が権利を持っており、数年後には
      アミーガをベースとしたセットトップボックスが実現するという。
      アミーガは少ないリソースできびきびと動く優れたコンピュータだが、大手メーカーが
      管理していないことに加え、日本語にかなり不自由するため、
      エミュレータを使用してMacintoshとして利用することが多いらしい。


 投稿者:西沢  投稿日:1999/08/26(木)17時26分59秒 

      ニフティのフライトシミュレータフォーラムはとんでもない勘違いフォーラムである。
      その名前を聞いたとき、だれしもがフライトシミュレータを総合的に扱うフォーラム
      であると想像するであろう。ところが・・・
      そもそもこのフライトシミュレータフォーラム(FFS)は、航空スカイスポーツフォーラム(FAERO)
      の分家である。実際のパイロットライセンスを持つ人が集まり、当然中身は
      ジェネラルアビエーションONLYとなる。で、そこではマイクロソフトフライトシミュレータを
      中心に(つーかそればっか)扱っていたのだが、先走ったシスオペは
      フライトシミュレータのみを扱うFFSを新設したのである。
      ところが、ニフティのお知らせをみてやってきた会員からは喧々囂々、
      それもそのはず、その中身は、「マイクロソフトフライトシミュレータ」の会議室しか
      存在ないのである。そもそも「マイクロソフトフライトシミュレータ」=「フライトシミュレータ」
      と根本的に勘違いしているシスオペだから仕方がない。これはFAEROからの会員と
      新規に入会した会員とで論争になり、結局マイクロソフトフライトシミュレータ以外の
      ネタも扱う会議室を新設して終息したのだが、根本的には全く解決していない。
      マイクロソフトフライトシミュレータ以外のネタを振ろうものなら、
      「それは○○フォーラムにいった方がいいですよ」
      「やっぱりマイクロソフトフライトシミュレータしかないですね」のレスばかりなのだ。
      現在、会員の内訳は「マイクロソフトONLYと知らずに迷い込んだ者」「右も左もわからない
      初心者」「自分の作ったデータを自慢する者」「ゴミ撒き」
      それにたちの悪いことにくだらない仮想会社ごっこで会員を取り囲もうとしている連中。
      ああ、昨日巡回したみたらまたウンコなネタが上がっていた。ある航空会社が
      特定のソフトメーカーのみにロゴの使用権をあたえるというものだった。
      マイクロソフトフライトシミュレータでその航空会社の機体データを
      扱えなくなり、その航空会社をボイコット使用というものである。まったくダウソなこと
      このうえない。フライトシミュレータの楽しみを機体データのペイントとすり違えている!
      いかにもマイクロソフトフライトシミュレータ信者らしい近視眼的意見だ。

      ※たしか「フライトシミュレータ」はマイクロソフトの登録商標であったような
      気がするが気にしないこと。


 投稿者:西沢  投稿日:1999/08/26(木)17時44分56秒 

      日本のフライトシミュレータサイトの中心と謳うFLIGHTINFOは実は
      中身なしのインチキサイトである。まず不思議だったのは、俺がアクセスしたのは
      設立してから数日後だったのだが、すでにカウンターは数万にも上っていた。
      ほとんど宣伝されていなかったはずなのにこれは怪しいとしかいいようがない。
      FLIGHTINFOとしてのコンテンツは、ホームページと3つの会議室しかない。
      機体データやシーナリ関連の内容はないことはないものの、
      これはFLIGHTINFO会員による個人ページとなっている。しかも、またしてもここでも
      マイクロソフトフライトシミュレータ=フライトシミュレータという壮大な勘違いが
      堂々と行われており、おかしいと思うものは出ていき、賛同するものは集まり、
      着々と狂信者を集めている。
      アメリカにはflightsim.comというフライトシミュレータ総合サイトがあり、
      マイクロソフトフライトシミュレータだけでなくFlightUnlimitedやProPlotなどの
      民間機シミュレータが総合的に扱われている。FLIGHTINFOの設立者曰く、
      「日本のflightsim.comを作りたかった」らしいが、
      もともとマイクロソフトフライトシミュレータしか眼中にない斜視障害者が
      作ったところでダウソサイトしかできないのは明白である。
      中身を見てみるとやはり「フライトシミュレータと関係のない無駄データ」作者が
      アイドルとなり、初心者が同じ質問を繰り返し、それはあたかもワレズサイトの様相を呈している。
      もはやここにフライトシミュレータは存在しない。


  投稿者:西沢  投稿日:08月27日(金)09時14分57秒 

      ◎FLIGHTINFOの管理人はマイクロソフトとのコネを利用して宣伝している。
      ◎機体などのデータ作成者は、トワイライトなどの販売会社に自分の「作品」
        を押し売りしている。


  投稿者:西沢  投稿日:08月27日(金)09時29分35秒 

      ちなみにP&AのFly!公式BBSもかなりヘンである。P&Aはキチガイオタクに
      このBBSを管理を委託しているのである。
      一人はライセンスを持っている奴(マカー)であるが、ライセンスを持っていることを
      いいことにやたら説教臭く語り、周囲のバカ初心者らは彼のいうことが理解できないの
      だが一応囃し立てる。もう一人はミリタリー系のマカーで、著作がひとつあることを
      いいことにもう先生気取りである。ちなみにこいつは前科あり。
      最近は書き込みの数が増えてきたので、これらの印象が薄れてきたのが残念である。

      http://209.44.61.23/fly_bbs/

      P&Aはご存じの通りインチキシェアウェアに送金代行を行うブローカー。


>初心者(わら 投稿者:西沢  投稿日:08月27日(金)17時16分29秒 

      > 初心者にも分かりやすい解説書付きらしいFly!か
      > ProPilot99あたりを購入しようかと思っているけど
      > なかなか踏ん切りがつかない
      > っていうかMSは眼中になし

      ProPilot99はまだまだ未完成のところが多いながらも意欲的な機能を取り込んだ
      通好みのシミュレータといえよう。基本的にはマイクロソフトフライトシミュレータ
      のスタイルを踏襲しており、マイクロソフトのにはなかった機能を取り入れている。
      そのもっとも大きな特徴はATC(航空管制通信)機能だ。マイクロソフトフライトシミュレータで
      このATCを実現するには、現在発売されていないフライトショップと呼ばれるツールが
      必要であったり、複雑なプログラムやその他の雑多なソフトウェアが要求されるが
      このプロパイロット99はそれらを一気に解消した。フライトプランを作成すると
      それに合わせたATCが自動的にできるようになっているのである。
      ほかに、GPS機能とリアルなコックピット操作があげられる。ただしFly!には
      およばないが。
      いまひとつメジャーになれないのはその完成度の低さであろう。
      ATCやフライトプラン機能はお世辞にも使いやすいとはいえない。チャート類も
      なく、フライトプランの魅力も半減である。また日本の空を飛べない、(アメリカ
      とヨーロッパのみ)フライトモデルがかなりいいかげんなどの不満もある。
      ちなみにATCはインタラクティブではなく、マイクロソフトフライトシミュレータの
      ように聞くのみである。(インタラクティブなATCを実現したソフトといえば
      FlightUnlimited2がある)
      それらの弱点を許容するならほんとうに楽しめるソフトであると思う。
      日本語版にはチュートリアルがついているらしいから、これをつかって学ぶのも
      一興だろう。(パッチなどの対応を考えると難しいところだが)


>初心者(わら 投稿者:西沢  投稿日:08月27日(金)17時25分42秒 

      Fly!の詳細に関しては何度か書いたのでここでは言及しないが、

      > 初心者にも分かりやすい解説書付きらしいFly!か

      これはまったくの誤解である。よくできたマニュアルはついているが、
      決して初心者向けではなくあくまで基礎を知っている人向けである。
      どのくらいの基礎が必要かというと、ATCの流れを知っていてどんなことを喋るか
      くらいは知っておいた方がよい。(マニュアルには無線機の操作方法は書いてあるが
      無線をどのように使うのかは書いていない)
      今後の発展を考えるとFly!のほうが有利だろう。入門者用には現実の本が
      そのまま流用できる。小型機の免許の取り方といったような本がいくつもあるので
      一読をおすすめする。


>  投稿者:西沢  投稿日:08月27日(金)17時44分45秒 

      > コンビニ売りのソフトには迂闊に手を出さない方が良いのでしょうか。
      > US Navy Fightersあたりが安価で購入できるのですが。

      コンビニ売りのソフトは、少し古いタイトルに若干の機能制限を設けて
      再販していることがある。パッケージを手にとってよくみることだ。
      詳細なマニュアルが省略されているのはもちろんのことだが、インスタントプレイ
      (キャンペーンモードやシングルミッションではなく、お手軽簡単モード)でしかプレイ
      できなくなっているものもある。
      US Navy Fighters自体は良いソフトである。

      つーかコンビニ売りというと今日ダライアスを見つけたのだが、これは初代
      ダライアスであろうか。気になるところだ。


  投稿者:西沢   投稿日:1999/08/29(日)05時16分34秒 

      マイクロソフトフライトシミュレータの地面のテクスチャをマンコ画像にする
      ことくらいは簡単だ。まず適当なマンコ画像を用意する。次に、シーナリ用の
      カラーパレットファイルがあるのでどこかから探してくる。
      つぎに、ペイントショッププロなどをつかって、マンコ画像をそのパレットに
      当てはめて減色する。あとはシーナリに使われているテクスチャのファイル名に
      置き換えて上書きコピーすれば良い。
      クリトリスに着陸したら声が出るようにするにはアドベンチャのプログラミングが
      必要である。

      まず画像は256*256ドットでなければならない。そのうえで減色し、
      R8形式に変換しなければならない。BMPをR8に変換するツールはどこか
      そのへんからフリーのものを探すしかない。最近のマイクロソフトフライト
      シミュレータだとBMP形式のままでいいかも知れない。


>  投稿者:西沢  投稿日:08月29日(日)05時40分05秒 

      > 機体にもマソコ画像つけてみたいな(笑い

      機体のテクスチャに関してはシーナリ用とほぼ同じである。
      R8形式のテクスチャを作ってファイル名を変えるだけで良い。
      しかしこの方法だと好きな位置に好きな模様を出すことが難しい。
      本来であればフライトショップというツールを使うのだがそれは
      すでに入手できないので、ほかに市販のツールを使うしかない。
      もっとも、根性で画像を何度も作り直し、カットアンドトライで
      できないこともない。
      いずれにしてもこれらの作成方法はまったく統合されておらず、
      勝手に誰かが作ったツールを適当に探してくるしかないのは馬鹿げた話である。


>   投稿者:西沢   投稿日:1999/08/29(日)05時30分56秒 

      > > 日本用のテクスチャは3種類ほどあった。
      > > ひとつは市街地を改造するだけのもの、もうひとつは航空写真をつかった
      > > MS-JAPAN用のもの、もうひとつは同様に航空写真を用いてフライトシミュレータ98
      > > 用に作ったものである。
      > フリーのやつでしたよね?
      > トワイライト系は買ったことない。
      > なんかもってます?

      それらのテクスチャはすべてフリーである。
      トワイライトエクスプレス製品はネットで出回っているフリーウェアを
      パッケージに入れて販売しているだけなので、あまり買う価値はない。
      例の航空写真のシーナリであるが、あれは止めておいた方が良い。
      一つの地域だけで数百MB食うだけでなく、箱に出ている写真以外はすべて
      ボケボケのなんだかわからないテクスチャである。はっきりいって
      この会社の製品はユーザー騙しのものがかなり多い。


>長島機長  投稿者:西沢   投稿日:1999/08/29(日)05時44分44秒 

      > 西沢くん、もっと熱く!
      > ボクと語り合った時みたいにね

      長島機長、なぜあなたは私に機長席を譲らなかったのか。私が副操縦士席で
      満足するはずがなかったことはご存じであろう。
      あなたはまったくの無駄死にだ。
      しかし今考えると厚木はちょっと無理だったかも知れない。フルローディングで
      あったからもう少し燃料を消費して乗客を捨てれば可能だったであろう。


  投稿者:西沢  投稿日:08月29日(日)06時25分05秒 

      統合された製作環境というとX-Planeが筆頭に挙げられる。つーかこれしかない。
      パッケージには標準で機体作成ツールとシーナリ作成ツールが付属している。
      これらのツールはマイクロソフトフライトシミュレータ用のものほど融通が聞かないが、
      データを作るのに十分の機能を持っている。(具体的に言うとフライトショップが
      ポリゴンモデラーなのに対し、X-Plane用のものはあくまで飛行機の作成を
      前提としたものではじめから機体のボディ、翼、エンジンなどなどの項目を
      数値入力することにより作るようになっている。)
      作成したデータはおそらくほとんどすべては一カ所のサイトに集められているのであろう。
      http://pc38.seva.net/ に集中している。(もっとも数が少ないのでここだけで
      十分なのかも知れないが)
      シーナリもあちこち探しまわる必要がない。上述のサイトに行けば地域ごとに
      わけられたマップで一目瞭然である。


  投稿者:西沢  投稿日:08月29日(日)06時30分44秒 

      フリーのフライトシミュレータというもの存在する。
      Virtigoというのがそれだ。
      http://www.obs.aau.dk/~norup/vertigo/vertigo.html
      とりあえずそれらしい画面でなんとなく飛べるというもので、市販のもの
      にくらべれば劣るが、ストイックにフライトモデルを求める姿勢は評価に
      値する。ちなみにDOS用で、環境によってはDOS窓で動かないことがあるので注意。
      肝心の開発は長い間停止しているが、この作者、このソフトによって名を上げたのか
      どうかは知らないがPCゲームのメーカーでフライトゲームを開発しているらしい。


  投稿者:西沢  投稿日:08月29日(日)10時35分32秒 

      インチキシェアウェアのインチキ業者P&Aが早速ボロを出したようだ。
      当初Fly!の正式版はWin,Macのハイブリッドとしてリリースされる予定であったが、
      出荷直前になってWin版、Mac版個別に発売することとなった。
      公式掲示板は騒然となり(つーても元々人が少ないのでたいしたことないのだが)
      P&Aの担当者は「開発元の意向」としか説明しないので火に油を注ぐ結果と
      なっている。ハイブリッドでもライセンスが一つなら意味がないという意見が
      出るも、ライセンス関係についてはP&Aからは何の回答も見られない。
      あやしい流に言えば「モニタの前で涙ぐんでブルブル震えながら一生懸命言い訳を
      考えている最中」といったところであろうか。
      このFly!であるが相当バグが多いようで、おそらく日本語版のパッチについても
      苦慮しているに違いない。日本語版のパッチを作ってもらうにも費用が必要である
      ので、本体の販売量とパッチの費用が天秤にかけれらる。当然ユーザー数が少なければ
      日本語版のパッチは打ち切りとなる。(自社製品の尻拭いに費用をとるのは
      馬鹿げているが、ローカライズに関してはやむを得ないのだろう)
      多かれ少なかれP&AはFly!と心中を迫られるであろう。


 投稿者:西沢  投稿日:1999/09/02(木)14時27分18秒 

      プレステといえばパイロットになろうと言う奴をパクッてきてプレイしてみた
      ことがある。民間機シミュレーションというものをうまくコンシューマーにも
      魅力的に見せていると思った。やたら語彙の少ない教官にフライトモデルのほとんど
      感じられない操作感、金を稼ぐために本来の訓練とは別に飛ばなければならないなど
      おかしなところはたくさんあるが、それでも、ただでさえ退屈になりやすい
      民間機をうまくまとめたと思う。しかし、やっぱり最後には「シューティングゲーム」
      になってしまうのは家庭用ゲームの悲しい性なのだろうか。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/02(木)14時37分31秒 

      > 秋葉原にさ、フライトシミュレーション専門のお店あるじゃない。
      > あれは、西沢的にはどうなのよ?

      ソシャールの可能性もないことはないのであまり言及したくない。
      実は店長と割と親しい関係である。
      店自体は少し入りにくいことを除けば普通のパソコンソフト屋である。
      一般のソフト屋には入らないものや書籍類が充実しているので
      個人的に重宝している。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/02(木)15時19分12秒 

      > > ねえおすすめのフライトシミュレーターって何?
      > > マイクロソフトFSやって見たけどあんまり面白くないよ
      > > 動きがのろいし、操作わかんないし。
      > > 昔286マシンでやってたマイクロプローズのステルス何チャラ
      > > とかは面白かったんだけど・・
      > コンバット系がお好みか? 現代戦、WW1,2など好きな時代はあるか?
      > 超複雑でリアルなのがいいか、それとも少し簡単なのがいいか?
      > 実は俺は最近はコンバット系はやっていないのであまり適切な助言は与えられない。
      > ところでマイクロプローズのシミュレーションはどちらかというと
      > エンターテインメントよりに作られていて、プレイしていてとても面白い。
      > 君のF117ステルスファイターと同時期に作られたF15ストライクイーグル2や
      > ガンシップ2000などは遊びとしてとても出来が良い。フィールドのなかを
      > 自分勝手に飛び回って一人で戦争しているような感じはあるが、
      > 複雑すぎて遊べないよりは、俺は割りきってこういうので遊ぶのが好きだ。

      ハンドル入れ忘れた。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/02(木)15時27分31秒 

      > 俺はEuropean Air Warが好きだ

      マイクロプローズのそれはなかなか評判が良いが俺は買ってない。
      俺は空戦ゲームにおいては索敵がもっとも重要な要素であると考える。WW2の
      空戦では実際にはほとんどドッグファイトが行われることはなく、先に敵を見つけた方が
      敵に気づかれることなく撃ち落としてしまうということが多かった。つまり
      先に敵を見つけた方が勝ち、敵に気づかなかった方が負けということである。
      そのため実際のパイロットは常に360度首を振って索敵に努めていたらしい。
      索敵のテクニックこそが勝敗を分けるのである。
      ところがこれがゲームとなると常に敵の位置を表す地図が容易に参照できるようになっている。
      これは、勝敗を決するもっとも重要な要素をスポイルしており、まったく馬鹿げている。
      次に重要なのがフライトモデルである。激しい機動をしても不自然でない
      動きが要求されることはもちろん、飛行機ごとの個性がどれだけ再現されてい
      るかも重要だ。この飛行機の個性によって戦い方が全く変わってくるからだ。


 投稿者:西沢  投稿日:1999/09/02(木)15時32分20秒 

      コンバットもののおもしろさは、いかに早く敵を発見するかにある。
      しかしこのもっとも肝心な要素を再現しているフライトシミュレータは極めて
      少ない。ほとんどのコンバットものはあらかじめわかっているストーリー通りに
      むりやり乱闘させられるだけである。
      空戦を理解しているものが如何に少ないことか!!


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/02(木)15時44分56秒 

      > フライトシュミレーターって、やっぱ軍のものか
      > 民間航空会社ものってかなりモンモノと一緒なの?
      > PCゲームなんかお遊びだって言ってた評論家いたけど

      結局のところプレイする側の意識の問題といえよう。民間機にしても
      軍用機にしても、「再現するのが難しい」「再現しても商業的に重要でない」
      ものはあまりまじめに作られない。民間機でいえば管制通信である。この非常に
      重要な要素も最近になってようやく取り入れるシミュレータが出始めたところだ。
      軍用機もまた然り、ということだろう。
      所詮ゲームだからといって適当に飛ばしていたのではやはりゲームに過ぎない。
      しかし、実践を補う訓練として真剣に扱えば非常に効果的な訓練方法となる。
      実際に訓練に導入されているし(どういうレベルで使われているのかは知らないが)
      マイクロソフトフライトシミュレータは、その非行時間を正式に訓練時間として
      カウントされる制度も実在した(いまはなくなっている)。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/03(金)12時04分17秒 

      > > この競売しすてむの詳細きぼ〜ん
      > 「競売の参加希望者は、あらかじめ自分のEメール・アドレスを、イーベイ側に登録しておく。
      > ネット上で実名を明かすことなく、売買ができる。今度の腎臓競売の場合、
      > いたずらの売り出し申し出だった可能性もあるが、2日に取引中止を決めた。」
      > asahi.comより抜粋ねヽ(´ー`)ノヤッホゥとかゴーみたいのかな?

      最終的に取引するときは実名を出さないとできないからね。
      また、ebayは商品を掲載するときや売買が成立したときにebayに
      対して手数料を支払うようになってる。だから匿名というのはあり得ないし、
      ただのいたずらに過ぎないと思う。
      ebayはいいものが本当に安く取引されている。うまくやれば
      日本では絶対手に入らないものが手にはいるかも知れない。
      コレクター性癖のあるものにとって天国のようなところである。
      フライトシミュレータネタではないがたまには良かろう。


> 投稿者:西沢  投稿日:09月04日(土)00時55分35秒 

      > フライトシュミレータ関係とこで
      > ここはお勧めっていうページはありますか?
      > 
      > フライトシュミレータ触ったこともない人間が
      > 思わずやってみようか、とか思わせちまうページ。ヽ(´ー`)ノ

      残念ながら今すぐに思いつくのはない。俺自身入門者でないし、
      ほとんどの場合入門ページは入門者自らが作っているからだ。
      なぜなら、入門者は入門者程度の知識・意識しか持っていないからだ。
      入門者のサイトはマイクロソフトフライトシミュレータしか扱っていない。
      これは私は問題としない。なぜならマイクロソフトフライトシミュレータ自体が
      入門者向けであるからだ。(おっと、民間機のみの話になってしまったな)
      俺自身フライトシミュレータに魅力を感じるのは、身近なリアリティを
      体験できるからだ。空を飛んでいるセスナ機は我々でもお金があればライセンスを
      とることができる。自分もライセンスをとりたいが、もちろんそんな時間も金も
      ない。そこでフライトシミュレータで、現実の教習と同じことを体験し、
      現実と同じパイロットの技量や判断力を訓練したいと思うわけだ。民間機の
      シミュレータはそれを満たしてくれる。逆に言えば、シミュレータへの興味は
      実機への興味と同じと言えると思う。
      本屋に行けば軽飛行機のライセンスの
      とりかたなどの本がいくつかあると思う。それを見て、自分も同じことが
      やりたい、と思ったなら、フライトシミュレータをやる価値はあると思う。
      逆に、なんとなく飛んでみたいという気持で始めると、すぐに飽きてしまうとも
      言える。自分で本物を学習したいという貪欲な気持ちがシミュレータを
      よりリアルにするのだ。


>  投稿者:西沢  投稿日:09月04日(土)09時34分42秒 

      > Fly!はもうインストールしてみましたか
      > ところで西沢さんはどこに住んでるのですか?

      馬鹿みたいな話だがまだインストールしていない。金が捻出できれば
      今すぐにでもHDDを買いに行きたい気持ちだ。そのあいだにもどんどん耳年増に
      なっていくのだが、だんだんとFly!の化けの皮が剥がれていくといった感じだ。
      とにかくバグが多く、期待通り機能しないことが多いらしい。どうも
      すばらしいのはコックピットだけでほかは期待しない方がいいのかも知れない。
      もっとも、耳にするのは初心者の意見ばかりで、使いこなしている上級者の
      意見が少ないというのも問題であるが。

      俺の住んでいるところは明かせない。すでにフライトシミュレータ界では
      割と有名であるからだ。


  投稿者:西沢  投稿日:09月06日(月)09時25分55秒 

      捨てられたニュースグループ
      fj.rec.aerospace.simulatorというのをご存じであろうか。インターネットブームの
      初期に、ニフティの連中が「インターネットにもフライトシミュレータを!」ということで
      無理やりに作ったニュースである。フライトシミュレータは一般の人たちには
      「ゲーム」と認識されており、PCゲームのニュースならあるしなんでフライトシミュレータ
      のをわざわざ作るんだよ? しかもPCゲームの下ではなくfj.rec.aerospaceの
      下に作らせたのである。フライトシミュレータはゲームではない、実世界の
      シミュレータなのだ、ということでかなり議論を戦わせたらしい。
      ともかくもニフティのキチガイ連中は「シヴルアヴィエーションの
      シミュレータなんだ」つーことでfjのキチガイ連中を納得させた。
      そうして大騒ぎして作られたfj.rec.aerospace.simulatorであるが、目下のところ
      ただの廃虚である。ニュースの設立に大騒ぎした連中も書き込んでいない。
      おそらく読んでもないだろう。彼らは全く責任も感じずにwebでのうのうと
      しているのだ。いまではシヴルアヴィエーションどころか飛行機ゲームの
      ニュースだろうと勘違いして流入してきたやつらのたまり場となっている。
      しかも元々人が少ないので、よほどのことがない限りコミュニケーションが成り立たないのだ。
      発言を見てみると、fjキチガイになりそこねたただのアホの集まりである。


バーチャルエアラインはおママゴト以下のキ  投稿者:西沢  投稿日:1999/09/06(月)09時44分33秒 

      バーチャルエアラインはおママゴト以下のキチガイ遊び

      表題の通りである。フライトシミュレータバカのあいだでバーチャルエアラインが
      流行っている。バカのやることに相手するのがバカかも知れないが、バカは
      見ている限りにおいてはおもしろいものである。
      バーチャルエアラインとは、フライトシミュレータを利用してエアライン会社ごっこを
      する・・・というものである。バーチャルエアラインと言えばなかなかかっこよく
      思えるが、その実体はアニオタ同人誌グループ以下のただの名前だけの存在なのである。
      要するに、バーチャルエアラインを設立した人は「社長」、機体データを作る人は
      バーチャル航空機製造会社の「社長」、風景データを作る人はバーチャル建設会社の
      「社長」、そして飛行機を操縦する人(つまり全員)は「機長」なのである。
      早い話彼らはそうした称号で呼びあっているだけなのだ。バーチャルエアラインの
      活動と言えば、・・・思い当たらない。それらしい会社の名前をつけて、路線や
      時刻まで設定しているが、実際に飛んでいるわけではない。なんとなく飛んでいる
      つもりになっているだけである。
      そのバーチャルエアラインに入社した人は「訓練生」というらしい。先輩らは
      わかりにくい教本をつくって訓練生を教育するらしい。もちろん、自分が偉いという
      ことを誇示したいだけだ。たいていの場合訓練生はソフトの使い方もわからない
      まじめな初心者ばかりであるのでまじめにひたむきに訓練に励むらしい。
      バカにはバカなりのコミュニティがあるものだと感心した。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/06(月)09時58分40秒 

      > 墜落事故が起きたら社長は謝るのか?やっぱり

      そんなことはあり得ない。乗客などいないし、第一、本当に飛んでいないからだ。
      彼らは、どこそこの路線を、何の機種で、誰が操縦して運行する・・・などの
      設定を作っているが、実際にシミュレータで飛んでいるわけではない。飛んでいる気に
      なっているだけなのだ。


>  投稿者:西沢  投稿日:09月07日(火)10時43分58秒 

      > ヘリのホバリングができるようになったよ

      やあ。それはどのシミュレータであるか? コンバットものか?
      それともマイクロソフトフライトシミュレータであるか?
      マイクロソフトフライトシミュレータ98のヘリでホバリング出来ても
      実はあまり自慢にはならない。あれは故障しているヘリをシミュレートしたもの
      であるからだ。あまりにも理不尽に不安定で、実際のヘリパイロットも
      「これは(安定のための装置が)壊れている」と言ったほどである。まあそんなヘリ
      でもそれなりにフライトモデルは再現されているので、ヘリの練習にはなるで
      あろう。不安定と言えば、フライトシミュレータ98でフライトモデルのリアリティの
      設定ができるが、この設定項目は実はインチキである。たしかにイージーにすれば
      機体は安定し、リアリスティックにすればふらふらする。しかしこのふらふらは
      私が何年もプレイし続けた経験で言うが、どうも空力に関係なくランダムに
      ふらふらさせているだけのようなのだ。マイクロソフトフライトシミュレータに
      おける「リアル」とは、「空力特性をより正確にシミュレートする」という
      意味ではなく、不当に操縦を困難にするだけなのだ。なんという愚かな設計
      ポリシーであろうか!!
      ほかに回転翼を扱うシミュレータにX-Planeがある。これも正直言ってリアルなのか
      どうかよくわからない。X-Planeのシミュレーション特性が過敏すぎるせいもある上、
      ヘリを動かすには特殊な操縦装置がいるらしい。ただしフライトシミュレータ98の
      よりはよほどまともに操縦できるようになっている。
      民間機ヘリのシミュレーションにはろくなものがないが、ゲームとして割りきるなら
      謎の国内フライトシミュレータメーカー、アクアシステムのジェットコプター
      という製品がある。この製品はシミュレータと呼べるだけのフライトモデルを
      再現しており、なおかつ非常に飛びやすくなっている。民間機ヘリならではの
      人命救助などのミッションがあり、ほかにはない遊び方ができる。各種データ
      (機体やミッション)も追加可能である。廉価版も発売されており、これもまた追加
      データが利用可能であるらしい。ただしはっきり言ってグラフィックやサウンド
      などのセンスは最悪であるし、海外ゲームと比べるとプログラミング技術などは
      かなり低い。どうでもいいが視点切り替えのまずいのは明らかに己れの
      開発技術の未熟さであるのに、ハードウェアのせいにする姿勢が気に入らない。
      ちなみにこの会社は国内メーカーにしてはまともにプログラムに取り組む
      正統派だと思うのだがゲーム内容のセンスがかなりダウソである。
      最後になったが、ミリタリーものではGUNSHIP2000が名作である。追加ミッション
      まで買込んで猿のようにプレイしたものだ。


>  投稿者:西沢  投稿日:09月11日(土)06時41分12秒 

      > さっそくX-Planeをダウソしてみたよ。CLASSICの方だけど。今5.03ダウソ中。
      > 墜落したときに血が飛び散るのがなんか生々しい(;´Д`)
      > 

      X−Planeはエンターテインメント性を一切排除しているので、本当に
      フライトシミュレータが好きでなければとっつきにくいだろう。FS98よりも
      こっちを気に入るようなら本当にフライトシミュレータファンの素質はあるだろう。
      あのサイトでダウンロードできるX−Planeは、製品版と同じなのだが、
      5分間の時間制限がついている。これを解除するために解除CDを購入する
      必要があるわけだ。ちなみに5分たつとまったく操縦できないわけではなく、
      手動で操縦できないだけで、自動操縦は可能である。自動操縦のパネルを
      巧みに操って方位や降下率を小刻みにコントロールすれば着陸させることも
      可能だ(笑い)。
      とりあえず俺が見た限りではクラックパッチはバージョン4.43のしかみつから
      なかった。製品版(解除CD)は約2万円。
      9月30日にバージョン5.1のアナウンスがあったが早く詳細を知りたい。
      旧バージョンユーザーには無償なのか有償なのか。


>  投稿者:西沢  投稿日:09月12日(日)19時33分30秒 

      > 2万って・・・高いね!!11でも操作性とかはFSよりもいい感じみたいかな。
      > 西沢さん製品版持ってるんですか??

      いままでに何度も触れたと思うのだが(ても過去ログ消えてるから仕方ないか)
      ちょっと高めの2万円を出せば機能満載のオールインワンのシミュレータが
      手にはいるのと、一般のゲームソフト並みの値段だが低機能でわけのわからない
      完成度の低いアドオンを追加しないとどうしようもないシミュレータと
      どっちがいいかよく考えてみたまえ。X-Planeはマイクロソフトフライトシミュレータ
      よりすぐれたフライトモデル、高機能、各種データ作成ソフト付属、全世界の
      シーナリが無料、マイナーバージョンアップは無料である。
      対してマイクロソフトフライトシミュレータは5年前のバージョン5.1と同等の
      機能しか持っておらず、より高度な楽しみ方をするには、雑多な追加ソフト
      のなかから良いものを探してこなければならない。もちろんそれなりのものを
      入手するにはお金が必要だ。しかしマイクロソフトフライトシミュレータのすべてを
      否定するわけではない。入門者がとりあえず広く浅く学習するには、情報も多いので
      適切なソフトウェアと言えよう。ただし腐った追加ソフトを入れて全体のシミュレーション
      精度を落とすくらいなら、はじめから追加ソフトは一切入れない方が良い。
      ちなみにX-Planeは日本の代理店から買えば18,800円である。
      バージョン5.1が9月下旬リリースと予告されているが、5.03から無償バージョンアップ
      できるかどうか定かでないので実際に買うときは良く確認しよう。

      http://www.x-plane.com/newpics.html


  投稿者:西沢  投稿日:09月12日(日)19時42分27秒 

      なんだか商売っぽくなってしまった、気をつけよう。
      要するにシミュレータの要素というのは単にフライトモデルだけではない。
      数多くの機体で多くの地域を飛べれば良いと言うわけではない。
      実際のパイロットが、飛行する際に実行するすべてのプロシージャを再現
      してほしいわけだ。つまりそれは飛行する前に地図を広げ、ルートを決定し、
      燃料や所要時間を計算してフライトプランを作り、管制に提出する。
      機外点検を行い、搭乗し、管制と通信を行いつつ飛行機を操る・・・
      そして他機との関係や交通ルールに気を使い、飛行する。
      フライトシミュレータの要素とは、操縦かんを握るだけではないのだ。
      現在のフライトシミュレータは単に3D空間の中をポリゴンが浮いているに
      すぎない。それから脱却しようとしてFlightUnlimited2やPropilot、Fly!
      などのシミュレータが存在するわけだ。


 投稿者:西沢  投稿日:1999/09/13(月)22時53分30秒 

      マイクロソフトフライトシミュレータ2000のベータを見る機会があったので
      少し紹介しよう。
      はっきりいって不当に重い。異常に重い。コックピットのアートワークがすこし
      グラデーションがかかって本物っぽくなってはいるが、まさか重いのはこれの
      せいではあるまい。ほかの部分はほとんど変わっていない。思ったとおりである。
      さらに、ベータ版のCDにはなんとコピープロテクトがかけられているようなのだ。
      過去にコンバットフライトシミュレータのベータが広く配布されてしまうという
      事態があったがこれを避けるためであろうか、しかしながら作り手の腐ったソフトは
      ベータでも完成品でも腐っているのは間違いないであろう。


>   投稿者:西沢  投稿日:1999/09/13(月)23時03分47秒 

      > つまり
      > つまらないというか
      > やるに値しないと
      > 受け止めていいのかな?

      初めてフライトシミュレータを始める人にとっては
      マイクロソフトフライトシミュレータ2000はよい選択といえると思う。
      (なおかつマシンパワーが有り余っていること)徹底的に無難な内容で
      あるからである。
      過去のバージョンのマイクロソフトフライトシミュレータを体験した人にとっては
      存在意義のないソフトである。
      P2/233/128MBで試用したが、寛大なこの俺にとってさえ、問題外なくらい遅かった。
      (まったく許容できない)これが正式版になると「まったく問題外」が「少し問題外」
      くらいなまでに改善されるのであろうか。


  投稿者:西沢  投稿日:09月15日(水)11時41分59秒 

      昨日のニュースで、2000年問題の安全性を証明するためにデモフライトを
      行ったつーのがあったが、いったい2000年問題が航法計器にどのような
      障害をもたらすというのであろうか。2000年をまたぐ航空券や予約システムに
      影響があることは容易に想像がつくが、飛ぶことそのものには問題ないのではないか。
      機上で問題のある可能性のあるものといえば、オートパイロットを管理している
      コンピュータであるが、これに年の情報まで入っているとは思えない。
      素人は2000年になった瞬間にいきなり機体が揺れ出して墜落するとでも思っているので
      あろうか。むしろ問題があるとすれば管制側であると思うが、たとえば2000年問題によって
      「到着する予定の飛行機がわからなくなった」ということはあり得るものの、
      いきなりレーダーが消えたり通信が跡絶えたりすることはあり得ないし、
      基本的に人がつきっきりでマニュアル操作で行っているので深刻な問題はないはず。
      それに現代の航法技術は、コンピュータが存在するずっと以前に確立されたもので
      あるのだ。



     フライト西沢 その2 その3 その4 その5 その6 その7
     その8 その9 その10 その11 その12 その13 ゲームの達人


Remix & あやしいわーるどII からの転載をまとめたものです。


コンテンツ:びでメール エロゲ 森の妖精 ルーザー 湖畔論 スワティ 替え歌 (゚Д゚)ハァ?

   gsの野望 AGSの野望 クエスト まったり 文学系 ぴかちう 油日記 ぶり読み ミーシャ


戻る 


inserted by FC2 system