かつてチンポ測定委員会だった男(その5)


 投稿者:t  投稿日:2000/11/01(水)05時50分40秒  ■  ★  

      手紙というか質問状だな、これは。
      まあいいや。

      あなたが萎えようがどうなろうが全く僕には関係ないん
      だが、どうしてあなたが狂的に絡んでくるのか、非常に
      不思議ではあるよ。「消えろ」というなら消せばいいと
      思うんだけど文句があるならこっちに何か書いてみれ。

      僕は優しいよ、うん。
      少し狂ってるけどね。

      何故そんなに人のことが気になるのかさっぱり分からな
      いけど、何か気にくわないことがあるのは確かなんだろ
      うってことはわかる。それを差し引いても不思議なこと
      だ。まったくもってよく分からない。

      でもね、昨日、ナオンがU2を買って聴いてる時に、つい
      つい「U2も良いけどさ、それならアラーム聴こうよ」と
      言ってしまったんだけど、もしかしたらそれと同じよう
      なことなのかもね。いささか説明的文章だね。最悪だよ。

      それはそうとリプレイスメンツをわざわざ買ってきたよ。
      ポール・ウェスターバーグは良いね、やっぱり。圧倒的
      だよ。ついでにハスカー・デュも今さらながらマイブー
      ムだ。ああ懐古的。それは悪いことじゃないね。世間的
      にはどっちも評価が低いけど、これまた不思議だな。

      じゃあまたね。

      あんたは僕のことを全て分かってるつもりなのだろうけ
      ど、僕があんたの人生に興味を持つかどうか、甚だ疑わ
      しいところではあるよ。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/01(水)05時52分58秒  ■  ★  

      明日からまた「猿の夢の中日記」でも書くよ。
      いわゆるベッドタイムストーリーってやつだ。

      退屈と充実。
      どっちでも良いことだからね。

      どこかで誰かが、また話を始めるのだとは思うけど、
      僕は僕のシャツについたインクの染みを気にするよ。

      それは、まだ、取れそうにないからね。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/04(土)04時26分26秒  ■  ★  

      こんなメイルが来た。

      -----

      始めまして、烈評!UGマガジン!の管理人です。
      烈評!UGマガジン!では、UGサイトの辛口評価をしています。
      もしよろしければ、貴殿のサイトを辛口評価させて頂けませんか?
      現在の読者は10000人あまりで、訪問者の増加にもつながることを思います。
      是非!よろしくお願いします。

      加えまして、烈評!UGマガジン!と相互リンクしていただけませんでしょう
      か?ご検討の方、お願いします。

      -----

      まったくもってよく分からない。

      評価というものは「させて頂く」モノでも、「してあげ
      る」モノでもなく、勝手に「する」モノじゃないのかね。

      「訪問者の増加にもつながる」ってのも、何だかよく分
      からない。自称ウソグラ系の人達も、やはりアクセス者
      数は気になるのかね。

      死のうよ。

      阿呆ばかりだな。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/06(月)04時10分10秒  ■  ★  

      やあ、元気かい?僕は最悪さ。風邪は引くし、ディスプ
      レイは壊れるしでまったく良いことなんか一つもないよ。
      だからホカリとしたことを今日は書くよ。

      風邪を引いて倒れている時、久しぶりに映画を観たよ。
      前にも話した「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」さ。
      凄く好かったよ。ドイツ映画だからかなのかどうかは分
      からないけど、馬鹿なハリウッド映画みたくやり過ぎの
      感も無いし、ユーモアも悪のり過ぎず好印象だし、少し
      の感動が最後に待っているから、きっとホロリとさせて
      くれるよ。久しぶりに「観て良かった」と思えたよ。お
      勧めだ。

      映画にあまり詳しくない僕なんかが言うのもなんだけど、
      マイベストは「アンダーグラウンド」「ニューシネマパ
      ラダイス」、そしてこの「ノッキン・オン・ヘブンズ・
      ドア」。それほどに良かったよ。転がる石のような人生
      を送っている人にこそ見てもらいたいね。ホカリとする
      よ、きっと。

      あなたも予想してるとは思うけど、エンドロールと共に
      件の歌が流れるよ。「ちょっとそれは反則じゃん」と言
      いたくもなるけど、全然許せるね。だって内容が良いか
      らね。ここのところの僕はリプレイスメンツとかハスカ
      ー・デュとかがマイブームだと騒いでいたんだんだけど、
      当然のように時代はディランだと言っちゃうよ。だって
      僕は影響されやすいからね。文字通り転がる石のようさ。

      そんなわけで、たまには君も靴の蹄の紐をゆるめたほう
      が良いよ。頑張り屋さんなのは知ってるけど、休むこと
      も必要だよ、マイフレンド。答えは吹く風の中、されど
      風当たりはいつも強いから、たまには羽をしまうことが
      必要なんだ。良い映画を見て、乾いた涙の跡が光ったら、
      それは月の石になるかもしれないし、流れ星になるかも
      しれない。きっとそれは良いことだよ。元気になったら
      窓ガラスを叩き割ってやろうよ。

      じゃあまたね。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/06(月)06時14分48秒  ■  ★  

      映画といえば、風邪でダウソしてる僕を気遣ってナオン
      が何本かビデオを借りてきてくれたよ。ナオンはあまり
      映画等に興味がないので、どこかで聞いたことがあるの
      しか借りてこないのが難点だけど、そこには優しさがあ
      るからね。全然ラブだよ。

      一つ目はシックス・センス。始まってしばらく、何とな
      く落ちが見えたよ。「あらあら、もしかしてこのまま終
      わってしまいますか?」と心配する僕を横目に、映画は
      「はぁ?そんなこと知ったことじゃありませんが何か?」
      と勝手に進んで終わってしまったよ。つまらない。

      二つ目はファイトクラブ。ナオンはブラッド・ピットが
      好きだから仕方ない選択だね。実にくだらない映画だっ
      たよ。「で、結局何なのよ?」と幕が降りた後で呟いた
      けど、肝心のナオンは始まって数十分もしないうちに眠
      りについていたからね。ますます、どうしようもないよ。

      いくら病床とはいえ二本で四時間も無駄にしてしまい甚
      だ遺憾だよ。でも折角借りてきてくれた物を「痴呆か?
      見ねぇよ、そんな糞みたいなモノはなぁ」と言えるほど
      僕は強くない。ラブだね、やっぱり、うん、ラブだよ。
      浮気はしないよ。そもそも「いやー映画って本当に良い
      モノですね」と「観てよかったな」的気分になれるモノ
      は意外に少ないからね。それは、仕方のないことなんだ。

      そんなわけで、暇な僕のために面白い映画をメイルで教
      えてよ。僕は無力な馬鹿で単純だから、前述の三つとか
      「ショーシャンクの空に」とか「バソドワゴソ」とかが
      良い感じだよ。万が一、糞みたいな映画を教えてくれた
      なら、お礼にキ印丸出しの返信が届くと思うけど、それ
      はそれで良いことだと思うよ。

      じゃあまたね。

      しばらくは「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」を音楽
      代わりに流し続けることになりそうだよ。気に入った映
      画を四六時中流し続けるのはとても良いことだし、それ
      は凄くかっこいいことだと思うよ。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/08(水)03時40分28秒  ■  ★  

      今日なんて日は、病み上がりの体にむち打って出かけま
      した。しかも、午前様で、タクシー代に一万と半分を日
      本円で費やしました。最悪です。そもそも、運転手まで
      もが最悪でした。

      MKは接客がウザイので嫌いなのですが、生憎その日は
      それしか見つからず、時間が時間なので我慢することに
      して右手を挙げればイエローキャブです。

      普通なら「私がMKの某です。本日はどちらまで?」と
      会話が溢れ出すはずなのですが、その日の運転手は何も
      言いやがリません。仕方なく私から「どこそこまで、上
      使ってね。」と言うと、運転手は何も言わず車を急発進
      させました。「いささか、むかつきますが何か?」と心
      の中で叫びましたが、疲れていたので放置の方向と判断
      し、窓に切り取られた景色を見ながら煙草をプカリプカ
      リとやっておりました。灰を落とそうと灰皿に手を伸ば
      した時、運転手が不機嫌な理由を見つけました。なんと、
      この車は禁煙だったのです。灰皿には「NO SMOKING」と
      赤で記されたシールが貼られています。

      「運転手さん、ここ禁煙なのね、ゴメソ」と私は謝りま
      した。悪いことをしたときは謝る、それが基本で常識で
      人生です。さすれば雨降って地固まるモノです。ところ
      がその運転手は視線を左上方45度にちらりとやり、バッ
      クミラーごしに私の顔を「ふん」と一瞥です。「おやお
      やオツムが足りないですか?」と一瞬ムッともしました
      が悪いのはこちらです。我慢だ、我慢だぞ、と自分に言
      い聞かせ、タイヤは回り首都高に入ります。運転は何や
      ら一段と荒くなり、すでに私は気持ちが悪くなって吐き
      そうです。

      我慢と忍耐の一時間後、車は自宅前で急停車しました。
      何も言わず運転手の手が伸びてきたので、お金をその上
      に載せ、お釣りと領収書を受け取ります。MKはわざわ
      ざ運転手が降りてドアを開けてくれるはずなのですがそ
      れもありません。「勝手に降りろ、この馬鹿」とばかり
      に腕組みをしてバックミラーを睨んでやがります。しか
      し悪いのは僕です。笑顔で「どうもありがとうございま
      す」と言いながら、自分でドアを開け降りました。虚し
      さ百倍です。

      頑張った自分へのご褒美と言っては何ですが、MKタク
      シーのサービスセンターに朝一番で電話してみようと思
      います。運転手の名前もばっちり覚えています。どんな
      対応をしてくれるか楽しみで仕方がありません。

      さようなら。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/09(木)06時36分58秒  ■  ★  

      昼、電話が鳴って起床。目覚めは最悪だ。新しい朝、と
      言っても毎日同じ、そもそもテメエから勝手に押し掛け
      てきやがる。死ねよ。

      電車に乗って出かける。隣席に外人が腰掛けた。いきな
      りノート広げてパチパチやりだしたので「おやおや、エ
      グゼクティブな御仁ですか?」と感嘆もしたが、何のこ
      とはない、フリーセルにご執心だった。そんなことは家
      でやれ。

      出先で「重信房子逮捕」の一報を見る。府警の得意面が
      印象的。朝日にシンパ多数。時代は回る、と中島みゆき
      調で団塊の世代の御仁が過去を語り始めたので聞き入っ
      た。ちとホロリ。赤軍といえば昔は大したモノだった。
      今は知る奴が少数。ナオンに電話する。
      「どうやら重信房子が日本は大阪で逮捕されちゃったようですよ?」
      「はぁ?誰それ?死ね」
      寂しい。少しは相手しような。繋ぎ止める努力は必要。

      所用も終わり、家路の途中で街散策in池袋。池袋は田舎
      だから好き。取り立てて目的もないのでプラプラした。
      ヴィンテージレザーのスニーカーを購入。金無し。街は
      ナオンが闊歩してる。ナニしたくも思うが、ソレはソレ。
      恋はなかなか落ちてない、愛は簡単に手に入る。本屋行
      って、コーシー飲んで、本読んで、帰宅。映画でも見る
      か、とも思うが一人ってのも味気ない、却下。

      帰りの地下鉄はいつも混んでやがる。「絶望という名の
      地下鉄に〜♪」とダウソなバソドが唄ってやがったが、
      「欲望という名の電車」はテネシー・ウィリアムズでピ
      ューリッツァー賞だ。地下鉄が地上に出る瞬間ってのは
      好きじゃない、本物が偽物になるような、そんな気分。
      最悪。

      自宅着。入浴惰眠。片っ端からニュース鑑賞。ブッシュ
      もゴアも北と南の闘いだな、好きなだけ南北戦争を続け
      てくれ。いつまでも、いつまでも、心の中はアレだな。
      携帯をマナーモードのまま鞄に突っ込んでおいたため電
      話に出れず。かけ直すもつながらない、鬱。広義のナオ
      ンから電話があったので歓談、お酒、飲みたいね、奢っ
      てね。

      眠ろうとするが眠くない。病み上がりでお酒も美味しく
      ない。健康的に夜を徹して読書。本は多いけど、時間は
      少ないね。朝方少しキコる、明日からパソ入院。鬱。

      まぁまぁの一日だ、くだらないなりに楽しめた。受動的
      な刺激が多かったのが難点だな。財布の中身がかなりわ
      びしくなってきた。収入に対して、支出の割合が高い。
      やばいなあ。今月は駐車場の更新料も発生してやがる。
      どうしたもんだろう、どっかに楽な仕事は落ちてないモ
      ノかと考えてもみるが、転がる石のような、果てのない
      堕落の道は続く。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/25(土)05時13分35秒  ■  ★  

      あやしい・ファッキン・わーるどの皆さん、こんにちは。
      気さくで、しかも礼儀正しくて、それは殆どフォーマル
      と言っても良いくらいのキ印tさんですよ。

      不用意な一言が船を沈める、そのようなことは往々にし
      てよくあることなので、しっかりと脇腹を守って、馬鹿
      とは関わり合わないように生きていかなくてはと思う昨
      今ですが、この際、糞ったれなメタファーなんざどうで
      もいい、直に言えばお前は度し難い馬鹿でばっちりだ。

      さて、頭がおかしいのはどっちでしょう?

      そんなわけでパソコンが退院しました。生きててすみま
      せん。死んだ人間はきわめて慎み深く、素晴らしいモノ
      なので、訃報をお届けできなくて残念だと思っています。
      しかし、たくさんの人に心配を掛けてしまったことに対
      して私の心がチクチクと涙を流し、こんなところで死ね
      死ね言うのはもうやめて優しい人間に生まれ変わろう、
      そう思ったのも事実です。

      糞ったれで、気取り屋なマザーファッカーにも優しく。
      パーフェクトな馬鹿にも優しく。

      死ねよ。

      そんなことを考えながら久しぶりにぁを巡回しました。
      たくさんの人達が相変わらず飽きもしないで、尻の穴を
      頭の上に載っけて腰をフリフリ踊り続けていました。

      どういう意味か分かりますか?
      お分かりにならない?

      まったくお前はファッキン・アスホールな奴だってことですよ。

      さよなら。

      僕はといえば、数日前に見た21時の月がとても綺麗だっ
      たので、虹のたもとの幸せの源泉を探しに行こうという
      気分になりました。


 投稿者:t  投稿日:2000/11/27(月)06時26分26秒  ■  ★  

      今日なんて日は朝も早くからオイル交換をするため、近
      所のイエローハットまでナオンと二人で出かけた。思い
      返してみると、ここ一年オイルを変えた記憶がない。さ
      すがにそろそろまずかろうと、意を決して朝から出かけ
      たってわけ。

      文字通り朝一番で出かけた所以か、店には一番乗り。少
      し恥ずかしくもあるが一番ってのは何にせよ気分が良い。
      カストロのRSの4リットルとオイルエレメントとフラ
      ッシングオイルをひっつかんでレジに直行、店員のいか
      にもドキュソな感じのお姉さんにお金を払えば、後はピ
      ット作業を煙草吸いつつ眺めるだけだ。

      自分の車がリフトアップされるのをポカンと痴呆のよう
      に眺め続けるのも趣があると言えば趣があるのだが、さ
      すがに、それはいささか痴呆にすぎる。幸いなことに待
      合所のテレビが、国を憂うTVブルースを垂れ流してい
      たので、そいつを見ることにした。

      サンデープロジェクト。朝から田原はしゃべるしゃべる、
      眠いことこの上ない俺とは正反対に元気だ。議題は件の
      加藤紘一。よくもまあ次から次へとネタを引っ張り出せ
      るモノだなぁ、たいしたもんだと感心しながら視聴。

      「森降ろし」の世論は確かにあった、しかし「加藤を首
      相に」ってのは未だかつて聞いたことがない。その時点
      で結果は見えていただろうに、まったくとんだ茶番だ。
      何を考えてるんだかわからない加藤紘一という男、我慢
      は大事ですよ、何事も。あと、数学を勉強しなさい。橋
      本が笑ってます。

      思えば一億総批評家の時代。批評家が意見ばっかり宣う
      のは、自分の人生をちゃんと生きていないからなんだよ。
      いつの間にかお互い舌がよく動く動く。人の噂よりも早
      く、世の中を泳ぐことが出来たら、神にだってなれるね、
      きっと。だけど、そこから見下ろす風景は、素敵とは言
      い難いと思うよ。

      とか何とかやってるうちに、ドキュソなお姉さんに名前
      を呼ばれたのでお会計。一万八千円也。あらあら、ここ
      には無関心でいられちゃう御仁がいましたよ。日本って
      のは不思議な国だ。オブラートで包まれたようなラディ
      カル、シニカルな穏健派、そして無関心。まったく、頭
      の悪い俺にはさっぱりだ。

      新しいオイルの入ったエンジンは、気分的にも気持ち良
      い。微妙に体感できる気がしなくもないが、おそらく、
      それはやっぱり気のせいだろう。眩しい日差しが差し込
      んでくるから、ナオンが「布団、干してこればよかった
      ね」といった。それは、ある意味ではとても哀しいこと
      だったし、ある意味ではべつに哀しくもなかった。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/01(金)03時53分59秒  ■  ★  

      今日なんて日は面白いモノを見た。

      買い物をしようと車に乗って出かけた昼下がりのこと、近所の三叉
      路でバイクがセルシオにはねられてハイジャンプ。突然のことだっ
      たので細部までは観察できなかったが(惜しいことをした)、ブレー
      キ音と衝突音の直後、バイクが転がって人が倒れてパーフェクト。
      こいつは面白そうだ。すぐに駆けつけ「大丈夫ですか!意識はあり
      ますか?誰か救急車!!」と熱血善人な23歳を演じるのも楽しそ
      うだったが、実際のところ「あらあら、死にましたか」とさして興
      味もなかったので近所のコソビニに車を止めてから、のんびりと野
      次馬を決め込むことにした。

      戻るとちょっとした騒ぎになっていた。どうやら意識がないらしく
      バイクの人は微動だにしない。セルシオさんは必死の形相で右往左
      往してる。野次馬であろう人の不幸が好きそうな善人が、ああでも
      ないこうでもないと議論しているため、あまり近づきすぎても露骨
      だな、と考えた俺は反対車線の歩道から見物することにした。

      通り過ぎる車は総じて騒ぎが気になるらしく、速度を緩め、振り向
      き、一通り納得してから何事もなかったかのように走り去ってゆく。
      それはそうだろう、誰だって忙しい時間帯だ。人のことになど構っ
      てられぬ。その点、事の顛末を一部始終見届けてやろうという俺は
      非常に優しい。俺最高。

      数分後、救急車到着。当事者にとって救急車を待つ時間は永遠にも
      似ているのだろうけど、善意の第三者である俺からしてみれば非常
      にあっというまの時間。「救命士」のニコラス・ケイジのような絵
      になるリアクションをするでもなく、特別騒ぎ立てるでもなく、救
      急車から降りてきた救命士は流れ作業でバイクの人を担架に乗せ、
      それを粛々と運ぶ。バイクの人は徹底的に意識がないのか、それと
      も死んでいるのか、ピクリともしない。「おやおや、きわめて慎み
      深くなっちゃったね」と頭の中で呟いているうちに救急車は去って
      いった。

      ドップラーなエフェクト処理が聞こえなくなってから現場まで近づ
      くと、道路にはどす黒い血糊がべっとり。外傷はないと思っていた
      のに、確実に死んでますね、これは。

      「アスファルトに人が食べられちゃったよ」

      あっけなく人なんて死ぬもんだ。まったくのお笑い。彼の死は大往
      生であるようにも思えるし、糞ったれな犬死にも思える。だけど、
      答えてくれる人がもう存在しない今となっては八個目の七不思議と
      するしかないね。非常に興味深くはあるが、やっぱり俺には関係な
      い。とはいえ感じやすい俺のことだから「この世界は哀しくも物悲
      しい場所なんだなあ」とセンチメンタルになったのも、また、一つ
      の真実だよ。しばらく後、ファックなお巡りが手順通りのことを始
      めたのでそそくさと退散。あいつらはいつでもウザイ。

      帰り道、あろうことか俺も車をぶつけた。俺は後退中、相手のス
      テーションワゴンは停車中。俺悪い。俺最悪。幸いなことにコツン
      とぶつけた程度だったので大事には至らなかったが事故は事故。や
      っかいだなあと思いながらも車を降りて「大丈夫ですかぁ?」と善
      人を気取って相手に駆け寄ったら、降りてきたのは30歳ぐらいの
      綺麗目のナオン。「ああ、大丈夫よ、これぐらい。私もよくぶつけ
      るし、気にしなくていいよ。これからは気を付けて運転するんだぞ、
      少年」とか何とか言ったかと思うと、こちらの免許も確認せずに颯
      爽と去っていった。

      そういうのはちょっと、かっこいいですね。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/01(金)06時41分19秒  ■  ★  

      今日はとても眠い一日だった。

      朝起きたら眠かったので二回寝た。電車の中で寝た。端末の前で寝
      た。仮眠室で寝た。スターバックスで寝た。帰りの電車で寝た。歩
      きながら欠伸をした。

      まだ眠いので、今から寝ます。おやすみ。

      ----- 昨日 -----

      これは昨日書き込もうとして面倒だからやめた書き込み。素ですね。
      きわめて。それもまた良し。どうでもいい。くだらない。

      これだけってのも味気ないので先の書き込みの追記。

      ----- 今日 -----

      今日、何を買いに行ったかというとコートを買いに行った。冬だか
      らね、寒い寒い。どんなコートを買ったかというとダッフルコート
      を買った。今年はツィードが流行ってるけど、僕はそんなもの欲し
      くないね。ダッフル最高、常に定番、そして普通。とかいって、本
      当は何でもよかったんだけどね。たまたまそれが気に入ったから買
      っただけさ。小室哲哉のイニシャルと同じブランドのを買って四万
      二千円也。まあそんなもんだろう。色はチャコールグレー、内側に
      赤のパイプラインが入ってるのが気に入ったよ。暖かいよ、とても。
      ついでにマフラーを探したけど、いまいちだった。仕方ないので
      パープルのを一つ買った。あまり使わなそうな感じ。鮮烈なオレン
      ジ色のマフラーと雪のように純白なそれが欲しいな。誰かに買わす
      かね。貧乏だから痛い出費だったけど、まあいいや、知った事じゃ
      ない。されど、これ以上散財するわけにもいかないから家に帰って
      からありとあらゆるカードを折り曲げてやったよ。少し楽しかった。
      ユニクロのジャケットは安いらしいけど、それだけは大事な何かを
      失うことになりそうだからやめました。

      買い物をするため都内へ出るときは車を使うね。パーキングが十五
      分百円とかってのは頭に来るけど、極力電車は避けたいからね。あ
      んな狂った乗り物には乗りたくないよ。密着してガタゴト揺られる
      のはかなわんし、何より嫌なのが、リーマソとかオバンが体を左右
      に揺らしながら平気で熟睡することだ。まったく、馬鹿にしてるの
      か?お前は。首をかっくりかっくりさせやがって不愉快極まりない。
      だからね、僕はいつも隣がコクリコクリやりだしたら、人が少なく
      なるまで待って、思いっきり突き飛ばしてやることにしているんだ。
      頭に来るからね。やられた相手も申し訳ないのか、寝ぼけているの
      か分からないけど何も言い返してこないからね。楽しいよ、阿呆み
      たいに飛んでいくよ。日本の電車内は平和ボケの象徴だよ、まった
      く。アホの米国人や欧州人は大嫌いだけど、あいつらは体がぶつか
      るとすぐ謝るからね。それは素敵なことだよ。財布を抜かれないだ
      け感謝してもらいたいね。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/01(金)06時43分09秒  ■  ★  

      序、音楽のお話。

      JAMの新曲とやらをナオンちゃんに聴かされたよ。ナオンちゃんは
      昔からのファンだからね、仕方ない。本当はビタ一興味ないんだが、
      仕方ない。人生において仕方ないことは多々あるからね、仕方ない。
      ギターの人が上手になってたよ。前に聴いたのは相当前だから当た
      り前なのかも知れないけど、ちょっとスウィングしてるじゃんと思
      った。それだけ。仕方ない。さらに仕方ないことに、僕はJAMのラ
      イブにまで行ったことがあります、これはもう、どうしようもない。

      音楽のお話。

      僕はリーセントな人たちが嫌いなんですよ、異常に。ヒットチャー
      トを賑わせてるのはほとんど嫌いですよ。ついつい、文句っちまい
      ます。勘弁。グレイとかラルクってのはどうでもいいです、あれは
      演歌だからね。日本人は演歌がお好き、きっと心の琴線に触れるの
      でしょう。若い吉幾三と考えれば、まあ耐えられます。だけど、こ
      んなこと言うとアレなんですけど、B'zとかその手のはどうしても
      駄目ですね。別にパクリってのは良いと思うんですよ(だってビー
      トルズも最初はパクリといっていいのかどうかしらんがカバーから
      始めてますからね)、ただですね、偉そうなことを言わせてもらう
      と、彼らはそこから前に進んで自分たちのモノを作ったんですよね、
      ええ。そんで日本の方々はどうかと言いますと、どうにもそれがな
      いんじゃないかと思うんですよ。消費されて終わりじゃないですか。
      それが嫌だなあというか、阿呆みたいに思えてきませんかねえ、マ
      ジで。聴いてると自分まで率先して馬鹿の仲間入りをしているよう
      な気分になってきます。街を歩いているといろいろ耳に音が入って
      くるけれど、ほとんどが焼き直しなわけで、昔の聴けば良いんじゃ
      ないかと思うんですがどうなんでしょうね。昔日流行ったジギーみ
      たいに「LAメタル大好きっすよ。自分っすか?めっちゃコミットメ
      ントっすよ。髪逆立ってますが何か?♪グローリア♪」的に開き直
      ってやってくれると、むしろかっこよく見えたりしますね、最近。
      古い話で恐縮ですけど、T-BOLANってのはT-REXのTとマーク・ボラ
      ンのボランでT-BOLANらしいですよ。凄いと思いますよ、実際。僕
      より全然キ印ってますね、もう。日本人で凄くよさげな唄を書く人
      はいっぱいいますけど、誰とは言いませんよ。あなた達はすぐ人を
      馬鹿にしますからね。愛だの恋だの唄う奴はくそったれですよ、そ
      れが幸せって奴ですか?

      続、音楽のお話。

      また音を出し始めました。それもそのうち書いてみますよ。僕はES
      をメイソで使ってるんですけど、何故みんな馬鹿にしますかね。楽
      器についても言及しますよ。みんなが忙しくないようならライブし
      ますよ。以前どっかで吉祥寺といったとおもうけど、吉祥寺なら某
      系列店とスターパインズしかないですね。どうなることやら。

      いきなり、映画のお話。

      知人が「ライフ・イズ・ビューティフル最高だ!絶対に見ろ」って
      言います。ナオンも知人に同様の事を言われたようです。仕方ない
      ので借りてきました。全然面白くなかったです。最悪ですよ、これ
      は。ナオンはナチスのナの字も出てこないうちに寝に入りました。
      私は貧乏性なので最後まで見ました。悲惨です。人に勧められて見
      る映画ってのは基本的につまらないですね。これは本当にそう思い
      ますよ、たまに例外はありますけど。ですから、僕が面白いって言
      ったのは見ない方がいいですよ。

      続、映画のお話。

      少し前に部屋を大掃除したら「ナイト・オン・ザ・プラネット」の
      ビデオが出てきました。これは面白い。好きだなぁ。クールでファ
      ンクで尚かつ笑えます。古いですが見てない人は見ましょう。あと、
      「奇人達の晩餐会」これは本当に面白いね。見なかったら人生を損
      することになったかもね。見なさいよ、徹底的に笑えるよ。映画と
      は関係ないけれど、凄い昔のライブビデオが詰まった箱が出てきた
      よ。MTV全盛期のモノですよ。ガンズのメイキングビデオがやたら
      にあったので久しぶりに見てみましたよ。ボインちゃんがたくさん
      でてました。アクセルは異常に痩せてました。笑えます。泣かない
      で。天国は君の上にあるんだよ。だから、今夜は泣かないで。

      スキルのお話。

      エディタを変えました。

      キ印のお話。

      こんなところでもカウンタは一日二十ぐらいずつ回ってるみたいで
      驚いているよ。果たしてこんなとこを見る意味があるのだろうか?
      謎だ。君がここをキ印の自由連想文として見てるのか、それとも、
      リアルに実感できちゃうぜその気持ち的に見ているのか、さっぱり
      わからないけれど不思議なことだ。だけど、まあいいや。コミュニ
      ケーションはいつでも一方通行だからね。それは本当のことだし、
      キ印はいつも一人。

      今日は気分がいい。

      君に一つアドバイスだ。悩んだり、行き詰まったり、答えが分から
      なくなったりしたら、冬の葉っぱに聞いてみると良いよ。きっと、
      良いことを教えてくれると思うよ。疲れてるときは、夢の中で海に
      潜るようなイメージを大切にすればいいかもね。

      じゃあまたね。
      寒い中死ぬのは痛そうだね。

      明日はくそったれなコミットメントについてのお話です。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/03(日)04時19分17秒  ■  ★  

      今日は佐々木君とお友達になりました。佐々木君はうつむき加減で
      影を背負っていました。陰鬱です。本当はお友達になりたくもなか
      ったし、話したくもなかったのですが、いろいろと事情があって二
      人でコーヒーを飲むことになりました。佐々木君は僕より二つ年上
      ですから誘いは断りにくいですし、付き合いがあると何かと利点が
      ありそうです。

      コーヒーショップで席に着くと、佐々木君はいきなりセンター試験
      の話を始めました。どうやら凄く優秀らしいです。しかし、それに
      対して僕は何と答えればいいのでしょう?「痴呆か?だから何なの
      よ?」と素で答えればいいのでしょうか?いけません。それでは
      佐々木君の気分を害してしまいます。「そんな話はやめましょうよ。
      今が大事ですよ」と爽やかに答えればいいのでしょうか?それはそ
      れで佐々木君の自己顕示欲を砕いてしまい「お前、嫌い」となって
      しまいそうです。一寸考えてから「僕は私大文系だからパッパラ
      パーですよ、えへへ」と謙ることにしました。

      佐々木君の世直しが始まりました。センター試験が重要なようです。
      僕はセンター試験を再受験しなくてはなりません。馬鹿私大は駄目
      だそうです。「だから君は駄目なんだよ。もう学生じゃないんだし、
      そろそろ真面目に働かないと。どうかと思うよ?定職を持たないっ
      てのはさぁ?」とアドバイスされました。ためになります。

      話に一区切りついたので遠回しにネゴシエイトしました。佐々木君
      は驚いた顔で「えっ?」と言いました。久しぶりに人を殺したくな
      りました。何か非常に無駄な時間を過ごしているような気がしたの
      で「そろそろ行きましょうか?」と言いました。佐々木君は勢いよ
      く領収書を掴み「六百円」と右手を差し出しました。千円札を出し
      ました。四百円は戻ってきませんでした。

      コーヒーショップの前で別れの挨拶をしました。「それじゃあ、宜
      しくお願いします」とかなんとか型どおりに言いました。佐々木君
      は「はぁ」と言いました。陰鬱です。帰りの電車の中で気がつきま
      した、僕は名刺すら貰っていません。きっと馬鹿にされていたので
      しょう。

      貴重な体験でした。好人物から愚をきわめる人まで知っていますが
      こんな人は初めてです。佐々木君はいささかセンター試験的すぎる
      気がしなくもないですが、話の骨子がセンター試験なのですから仕
      方がありません。過去から現在への連続体にひびが入ったような衝
      撃です。言われてみれば、波瀾万丈の人生を唯一の言い訳とする人
      生なんてどう考えてみてもくそったれですね。これはもう駄目かも
      わかりません。死にます。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/04(月)09時06分27秒  ■  ★  

      http://members.tripod.com/timupo/iinkai/fuck_world.gif

      今日なんて日はファッキングに頭が痛いので出かけるのをやめまし
      た。おまけに鞭打ちも痛みます。最悪です。

      昨日なんて日はあろうことか佐々木君から電話がありました。彼は
      一体私に何を求めているのでしょうか?謎です。誰か教えて下さい。

      いよいよ本格的な冬の到来だね、マイフレンド。暖かい空気には困
      らない時代だけど、それじゃあ部屋の空気が悪くならないかい?た
      まには窓ガラスを叩き割って、割れた窓の隙間から裸足で飛び出し
      てくのも、悪くないんじゃないかと思うよ。

      じゃあまたね。

      アホはぶん殴ってやれな。


 投稿者:t  投稿日:2001/10/10(水)05時00分39秒  ■  ★  

       どうでもいい話。

       ちょっとかわいいオンナノコから、田口ランディとかなんとかい
      う奴の本を、「これ絶対面白いから読んでみて!!」と言って渡さ
      れた。とてもやりきれない気持ちになった。

       それだけ。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/11(月)08時12分23秒  ■  ★  

      「ウィスキーはロックで、用意した25セントをジュークボックスに
      突っ込んだけどディスコばっかじゃねえか、くそったれ♪」と私は
      鼻歌まじりで助手席に座っていました。こんな時、ナオンの機嫌は
      最悪です。どうやら私というDJの選曲が気に入らないのと、私の
      「やっぱりセッツァーはスイングしてますね、ええ。されど『ロッ
      クタウンは恋の街』って邦題はどうかと思います」的ベシャリがう
      ざったいらしく、いつも嫌そうな顔で運転しやがります。ガリガリ
      っという摩擦音が聞こえたのは、そんな時でした。おやおや、どう
      やら縁石に足回りをぶつけてくれやがったようです。

      「こいつはファッキングに不味いことになりそうだ」私は言いまし
      た。いつものナオンなら「ごめんなさい。どうしたらいいか分から
      ないよ、助けて」と哀願するような目でこちらを見てくるはずです。
      しかし、この日ばかりは勝手が違いました。ナオンは逆切れです。

      「何が『ファッキングに不味いことになりそうだ』よ。馬鹿じゃな
      いの?だいたいね、あんたのその物言いはムかつくのよ。まったく
      頭に来るのはこっちよ。そもそも誰のせいでこんなことになったと
      思ってるのよ?私は『運転するならスニーカーで出かけたい』って
      言ったのに、あんたが『いや、冬のナオンはブーツだ、ブーツを履
      かないと出かけない』とブーツの着用を強要したのが原因なのよ。
      くそったれなブーツで運転すれば少しぐらいミスもするわよ。ス
      ニーカーならきっとこんなことにならなかった、最悪よ最悪。まっ
      たく頭に来る。そもそも、こんなぼろ車どうでもいいじゃない。狭
      いし、運転はしにくいし、五月蠅いし、廃車にでもすればいいのよ、
      そうよ、廃車よ廃車」とステアリングをバソバソ叩きながら言いま
      す。そういうのはちょっとかっこいいですね、ということにしてお
      けば話も簡単に落ちるのですが、事はそれだけでは済みません。

      タイミング悪く後列の車がクラクションを鳴らしました。逆切れ
      モードのナオンは勢いよく車を降りて「まったく馬鹿ばっかりね。
      見て分からないの?ぶつけたのよ。分かるでしょ?その耳障りな音
      を出すの止めなさいよ」と大げさなボディーアクションを交え怒鳴
      ります。ドアを開け、降車し、すたすた歩いて、窓をコンコン叩い
      て、「五月蠅いですよ、痴呆は黙ってなさいね」と優しく諭すのは
      私の役目のはずなのに、これではあべこべです。後列の車もまさか
      ナオンドライバーに怒鳴られるとは思っていなかったらしく、何も
      言い返してきません。情けないことに私もいささか驚いてしまい、
      しばらくの間はポカンと口を開けていることしかできませんでした。

      人は自分の想像を超えたことが起こると呆気に取られてしまいます。
      常々そういうのは最悪だと思っているのですが、どうやら私も同じ
      だったようです。怒気冷めやらぬナオンを畏敬の念をもって眺めな
      がら、私は何だか哀しくなってきたので磊落に笑ってみました。そ
      れを見たナオンもヘラヘラと笑い出しました。その結果、全体的に
      きわめてどうでもいいや的空気が漂ってきたので、ガリガリと縁石
      にアルミを擦りつけながら再発車しました。ファッキングな状況で
      あることに変わりはありませんが、感情という化学物質を快楽とい
      う結晶に転換させることが出来たので、その後は仲良く買い物をす
      ることが出来ました。お陰で今日なんて日は楽しかったと思います。

      今回の件を受け、もしかしたらナオンは結構トラブルを抱えている
      のかもしれないと思いました。トラブルを抱えた女の子、それはな
      かなか素敵です。されど、ナオンにするにはどうかと思います。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/11(月)08時26分07秒  ■  ★  

      ここを見てれば分かるだろうが、最近何かと忙しく、更新するのも
      滞りがち。こんなくそったれな糖衣を纏った駄文を書く時間すらも
      ないのか?と問われれば、面倒だからなと答えるしかないけれど、
      今週は暇なので色々キコってみたく候。

      所詮は猿の夢の中、やっぱり一人が一番さ。

      それでは先週のフラッシュバックです。
      5日以前は忘却の彼方です。

      12月6日

      ナオンが吉行淳之介の著作をどこからか仕入れてきたので読みふけ
      りました。僕はダウソでしょうか?死にます。

      お薬が好きな知人とお話しをしました。私はああいうのはあまり好
      きではありません。くそったれだと思います。そんなにも薬が好き
      ならオランダにでも定住すればいいと思います。スタイルとしてそ
      ういうことをされるともう笑うしかありません。くそったれなコミ
      ットメント、自分の言葉はありません。

      12月7日

      痛飲。日本酒は美味いですね。

      12月8日

      ジョン・レノンさんの命日だそうです。凶弾に倒れた時間にみんな
      でイマジンを唄うそうです。そういうのはどうかと思います。アホ
      ばっかりです。

      レコード屋さんで変な新人さんの歌を耳にしました。薄弱の歌でし
      た。最高にかっこよかったです。とくにその歌詞には「よくもまあ
      真顔でそんな事が口に出来ますね」と感じ入りました。どうでも良
      いです。知性の欠片も在りません。

      12月9日

      田中康夫さんがしなやかにお話をしていました。石原さんが強気に
      お話をしていました。一発屋同士で頑張っているようです。僕はと
      いえば、国を憂うでもなく、テロを起こすでもなく、テレビで興味
      のない知識を見ているだけの半端な馬鹿ですが、まあいいや。

      仕事の関係で親父が上京してきました。うちの親父も年を取ったモ
      ノでもう少しで定年です。それなりに偉そうです。案の定「おまえ
      もそろそろ働いたらどうだ?まともな仕事をしなさい」と言われた
      から「別にいいよ、くだらない」と言ったら「それもそうだ、まっ
      たくもってくだらないな」と妙に納得されました。

      12月10日

      件のとおり車をナオンがぶつけました。幸いたいしたことはありま
      せんでしたが、アルミがヒビ割れたようで恒常的なパンクと相成り
      ました。来年の頭は車検です。ミッドシップは整備性が悪く、金が
      異常に掛かるので貧乏人は止めた方が吉ですね。

      ナオンは思い切ると凄いことをしてしまうモノですね。テロルに向
      いてるのはやはりナオンかもしれません。

      ガスを吸引中のドキュソが煙草に火を付けて爆発という事件が静岡
      でありました。いかにもドキュソの多そうな地域でした。環境が人
      を育てるとは思いませんが、かなり関係はしているのでしょう。

      黒のコーデュロイパンツを買いました。


      明日は殴ることと殴られることについてのお話しです。されど、く
      そったれなコミットメントのお話もまだなので、どうなることか分
      かりません。

      それでは、今から日比谷に行きます。


 投稿者:t  投稿日:2000/12/14(木)07時20分10秒  ■  ★  

      批評家が文句ばかり言ってるのは、自分の人生をちゃんと生きてい
      ないから。されど、しっかり脇腹を守っていても、馬鹿は進んで関
      わりを持とうとしてくる。嫌になるね。そこにあるのはくだらない
      自己顕示欲と、アホ臭いプライド。くそったれは面の皮が厚いと相
      場が決まってる。そして、お決まりの馴れ合いは、やっぱりお互い
      の無関心さ加減が、適度にエゴを満たしてくれるからなんだろうね。

      雌犬の子供、即ち、サン・オブ・ア・ビッチって奴だよ。

      生きていくことは死ぬまでの暇つぶし。くだらないエゴに振り回さ
      れるのはかなわないね。良くも悪くもエゴってのは人生を支えてる
      けど、むき出しにされちゃったらもう笑うしかないし、正面から否
      定されても笑うしかない。くそったれだ。ビッチだよ。おまけに馬
      鹿は、すぐいろいろなことに意味を持たせようとする。僕たちは、
      物欲の犠牲、性欲の奴隷、自己顕示欲、それだけなんだ。くだらな
      いよ。人類が存続できるのは、地球が寛容なだけなんだよ。

      感じやすい人には、生きづらい時代だと思うよ。アホはいつでもし
      たり顔で話し出すし、土足でバソバソ走りやがるからね。「テメエ
      は神か?」と言いたいよ。くそったれだ。ファックだよ。だけど、
      君が悩む必要なんてない。踊らされてる馬鹿のその場限りの取って
      付けたような台詞なんて、相手にするだけ無駄ってものだからね。
      君がいくら深くコミットしようとしても、相手は徹底的にデタッチ
      メント。だから奴等は何でも言えるんだよ。

      またぞろどっかで誰かが四の五の言い出せば楽しいね。
      そうしたら、僕は一つ問いかけたいことがあるよ。

      つーか、お前は誰なんだよ?



     @キ印 その1 その2 その3 その4 その6 その7 その8
     その9 その10 その11 その12 その13 その14 その15 その16
     その17 その18 真はか集 タマクサ なべしま テレッホー


あやしいわーるど@キ印 からの転載をまとめたものです。


コンテンツ:びでメール エロゲ 森の妖精 ルーザー 湖畔論 スワティ 替え歌 (゚Д゚)ハァ?

   gsの野望 AGSの野望 クエスト まったり 文学系 ぴかちう 油日記 ぶり読み ミーシャ


戻る 


inserted by FC2 system