毒電波山羊集(その8)


>   投稿者:毒略  投稿日:2002/01/09(水)02時10分33秒 

      > > すごい精神的に荒れててNTTのフリーダイヤルだか伝言ダイヤルだかなんかそんなようなので
      > > 三十くらいのおっさんのモノをくわえました(;´Д`)正気なら絶対やりません
      > (;´Д`)毒電波山羊とは対局を成すな

        お呼びとあらば、ここに。


>   投稿者:毒電波電波電波ヒャッハァ山羊(袋)  投稿日:2002/01/09(水)02時17分54秒 

      > おお、いましたか。精神的に受け入れる悦びは肉体的絶頂に
      > 等しいものがあると思いますが、どうよ?

        どうよ、と言われても最近そちらの方はさっぱりで。笑
        というか、おそらく「入れられる」という行為は人それぞれの思いがあっての
      もので普遍的なは語れないものなのだと思うよ。例えば──ボクは別に入れられ
      る、という事に関して大した思いいれがないんだ。
        かと言って、どう思っているのか、と聞かれると困るのだけれど──それでも、
      やはり公園でおっすおっすでバリカンで──あー・・・なんだったかな?──と
      いう仔羊の感覚とはまた違うのだろうし。


>   投稿者:毒畦  投稿日:2002/01/09(水)02時21分22秒 

      > 俺は山羊に入れてみたいっつーか触れ合いたいっつーか癒されたいんすよ

        そういう意味においては、性行為なんてものはコミュニケーションの手段に
      過ぎないものだからね。要は会話と同じもので──あるいは、ここでこうして
      会話している事と一緒の事なのだけれど。

        というか
        そう言われても・・・というか、癒す癒さない、というか・・・触れあうの
      が目的ならば「女の子」の方が触り心地がいい分、マシだというか。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/09(水)02時30分37秒 

      > 男女隔てなく挿入すると言う行為よりも挿入する事と付随する個人の意識に
      > より絶頂が変わるっつーか。精神は肉体を凌駕すると言ったところかな

        ま、心理学としては肛門期がどう、とか男根期がどう、とかという話にも出来る
      のだけれど、今回はそれは置いておく事にして。

        例えばボクがどうして男女の隔てがないかと言われれば、それはもちろん発育の
      段階において何らかの「問題」があったわけなのだけれど──多分、極論すればボ
      クは男でいたくないんだよ。それは「女の子になりたい」という事でもあるのだろ
      うけれど、同時にそれとは全く違うものなんだ。

        その証拠としてボクは「入れられる」という事に大して感慨がないわけで──完
      全に女の子になりたい、というのであれば、それは喜びなのだろうけれど、そうで
      はなくて。つまり肉体的な話とはまた、違うわけだね。

        かといって世の中のゲイの受け全員が全員、女の子になりたいかどうか、と聞か
      れればそれとはまた違うわけで・・・

        ところで、話は少し変わるのだけれど、ボクは入れられるという事に大して感慨
      はないのだけれど、実は「入れる」方にも感慨がなくてね。笑。相手が男であろう
      と、女の子であろうと。

        そうなると、ボクは男でも女でもどちらでもない存在になりたくて、結局、肉体
      的な事に関しては「所詮は生存のレベル」と割り切ってしまうわけで──
        ふむ。自分の事ばかり言っている上に、なにが言いたいのか分からなくなってき
      たね。笑。ただ、そういう意味では精神が肉体を凌駕する、というよりは──良く
      言えば超越、悪く言えば乖離、現実的に言えば、「無頓着」になってしまうんだと
      思うのだけれど。


>   投稿者:毒電波山羊(名前募集中)  投稿日:2002/01/09(水)02時34分51秒 

      > すごく肉体のリアリティーを感じているのはわかったよ

        何だかんだ言って、この体がボクの体だからね。この体から抜け出す事が出来れば、
      いくらか楽かもしれないのに、と願ったところで、結局は死ぬまで騙しだましつきあ
      うしか、ないからね。やれやれ。

        「精神は肉体のおもちゃでしかない」と言ったのは、ニーチェだったかな?


>   投稿者:毒略  投稿日:2002/01/09(水)02時55分24秒 

      > 感銘を受けたが滅多なレスがつけられないな(;´Д`)

        ええと。あんまりこういう事を書くのは──得意ではないのだけれど──書かせて
      もらっても?滅多な事というか、どうもボクは、何か勘違いされているような気がする
      のだけれど・・・

        別にボクは高尚でもないし、自分の頭が良いとも思っては──いや、ここのところ
      はまた違うのだけれど正確に書くと長くなるから割愛するとして──いないし、何と
      いうか、ええと。やれやれ。


 投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/13(日)23時14分28秒 

      > > じゃあ、精液はどこに行ってるんだ?
      > > タマの中で溜まりまくった精液が発酵してるから臭いのかな
      >
      > 血液に吸収され分解されてしまうと聞いたが本当かどうかはわからん。
      > 山羊なら知ってるんじゃないか。

        ただいま、パトラッシュ。ご指名に預かり光栄の至り。
        で、排出されなかった精液は体内に分解・吸収されるのだけれど、それは確か
      リンパ球の働きによってだったと思うよ。精母細胞から分化した精子は、すでに
      肉体の細胞とは別のものだから──直接的に表現するとリンパ球に「食べられる」
      わけだね。体内に入りこんだ雑菌のように。

        生物化学について詳しいわけではないから、その後リンパ球がどうなるのかま
      では知らないのだけれど。

        ていうか、タマクサの仔羊の場合──ジム通いもある事だし、いわゆる性欲の
      スポーツによる昇華作用があるんじゃないかな?
        これは否定する論もあるけれど、それは端的な意見しか見た事がないからね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/30(火)19時03分57秒 

      > > 一度ガバガバになった尻穴はもう二度としまりがよくなることはないよ
      > 山羊が鍛えることもできるとか言ってなかったっけ?

        状態によるよ。普通にしている状態ならば、それは鍛える事も出来るだろうけれ
      ど、まさか頭が入る程までなったら、それは括約筋以前の問題だからね。
        ・・・と、思うよ。生憎とフィスト以上は伝聞の知識のみで。笑



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/14(月)19時44分54秒 

      > 今日は嫌な夢を見たよ
      > 何故か自分が箱根駅伝のランナーになってて足が折れてるんだが
      > 片足で走り続けるんだ
      > 誰か夢診断してくれ

        ええと──
      「あなたは何か、罪の意識にさいなまれていませんか?怪我、特に一組のものの
      片方が怪我をする場合は、それは心の二面性を意味し、良心と邪悪な心の内、良
      心の方が傷ついてしまった事を意味します。
      それでも走り続けなくてはならない、という事はその罪を背負ってでも、何かを
      しなくてはならないという悲壮とも言える決意や、状況を表していると思われま
      す」

        似非カウンセラー風に言えば、こんなところで?笑


>   投稿者:毒電波ラカニアン  投稿日:2002/01/14(月)19時52分24秒 

      > 山羊さんは博識だね。クスコ。
      > こういう夢を診断するのにはフロイトとか読むといいんだろか。

        分かりやすいところではフロイトとユングだね。適当に──いや適当に、という
      のは正確ではないのだろうけれど──シンボルに象徴される事を結びつけて判断す
      るのならば、そういった辞書みたいな本もある事だし。
        ちなみにその時は「夢占い」ではなくて「夢判断」「夢診断」の単語をどうぞ。

        正しく読み取るには──カウンセラーの勉強をするのが一番かな?笑
        何せフロイト曰く、夢の中には心理の臍があるそうだからね。


>   投稿者:毒略  投稿日:2002/01/14(月)20時03分55秒 

      > 最近はフロイト心理学は流行ってないようだけどどう?

        流行る流行らないというか──かのラカン先生は、いつだったかの講演で、
      「あなた方がラカニアンである事は自由だが、私自身はフロイディアンである」
      と言っているからね。例え、フロイト心理学が後々に否定されようとも、フロイ
      ト心理学を学ばなくては何がどう否定されて、どう論じられているのかは分から
      ないし──少なくとも否定している理論も「フロイト心理学があってこそ」のも
      のだからね。基礎は大切にしておいて損はないと思うよ。

        適当に話のネタにするのであれば、それ程、心理学の流行りすたりを気にしす
      ぎる事はないし、本気で考えるにしても「流行ってないから」というのは・・・
      どうかと。

        というか
        心理学も──ドゥルーズ=ガタリあたりまで行くと、もはや精神分析なんていう
      ものでもなくなってしまうからね。笑。ラカン先生も「世の中のすべての人間、
      その内分裂病でないものは全員が神経症である」と言っているし。

        ちなみに社会心理学なんかはボクの範疇ではないから、さっぱり。笑



 投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)21時41分23秒 

        ・・・ここは来ると賑やかな事が多いね。お盛んなことでお喜び申し上げ
      ます。かしこ。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)21時44分16秒 

      > これまた懐かしいのが出てきおったわい

        お懐かしゅうございますお兄さま。その後、代わりはないですか?
        ──とは何のフレーズだったかな。
        それはさておき、まぁ──実は比較的、覗いていたりはするのだけれど、
      ええと──表明しない限りは存在しないも一緒という事で。
        なんというか、こんな書き方わするのは久しぶりで何を書いているのだか。


>   投稿者:   投稿日:2002/01/25(金)21時45分28秒 

      > ここに書きこむとIIに行けなくなる裏技

        別に、行けなくなったらなったで──行かないだけだからね。
        ボクは行きたいところに行くけれど、来るなと言われれば行かないよ。笑
        それに、何故か今はもうすでに行けない事だし。ロクに書いた事もないの
      だけれどね。ああ、だからこそなのかも・・・しれないけれど。ふむ。


>   投稿者:毒電波餅のように(略  投稿日:2002/01/25(金)21時48分26秒 

      > (´ー`)ノもう名前募集しないの?

        ・・・よく見てるね。ボクなんかを。笑
        別に名前を変えるのは趣味というわけではなくて──実際のところ、名前
      欄に同じ名前が並ぶのが嫌なだけで。最近は、もうそれどころではないし、
      別に変えなくてもいいかな、と・・・何を言ってるんだろうね。


>擬古猫  投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)21時50分54秒 

      >   ∧ ∧
      > /(´ー`)<ご無沙汰でございます その節はどうも
      >  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

        その節と言うと・・・何かあったけかな?笑
        どうにも物覚えが悪くて──というか、他人の事を覚えるのが苦手で。何だったか
      で忘れたけれど、そういう人間は、自分中心で他人の事が「どうでもいいから」覚え
      ないのだ、と書かれていて然りと思った事があるね。

        ・・・でも他人の顔と名前を覚えるのは苦手なもので。何とやら。やれやれ。


>擬古猫  投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時03分56秒 

      >   ∧ ∧
      > /(´ー`)<ぁぃぁぃで何度かレスして頂いたかと 嬉しかった
      >  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

        ・・・ええと。朧気ながら記憶にあるようなないような。笑
        というか所詮は泡沫固定、自己顕示欲──自己顕著欲──の塊、役立たず甲斐性
      なしの身でありながら、光栄の至り。
        というか
        お体は大切に。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)21時52分58秒 

      > @エロ同人はいつになったら再開しますか?

        それは、えろどの仔羊にどうぞ。彼も元気だといいのだけれど。
        ボクの方は、古めの本で良ければいくらかあるのだけれど。今更・・・ね。
      以前、一度クリスマス島の方で同じ事を聞かれて、同じ様に答えたのだけれど、
      これだけあちこちに同人誌を上げるサイトがあって、MXが──ボクは全くやっ
      ていないのだけれど──ある時に、さほど意味を見いだせなくて。

        そもそも、あれは、「あやしいわーるど」に対するお礼でもあったというか。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時05分02秒 

      > ここも本家あやしいのパクりだし管理人もパクりかワラワラ

        関係ない話になるけれど、どうして世の中には北欧神話のタームをいい加減に
      使うゲームや小説が多いのだろうね?


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時09分20秒 

      > キッチリ使うと拘束がきつくなるから

        でも北欧神話はいい加減に使われすぎだよ。多い割にはね。
        ヴァルキリープロファイル然り、ラグナロクというライトノベル然り。読んだ
      事はないのだけれど。

        ま、キリスト教も多いけれどね。
        先日、妹が本を見ている隣にいて、暇だから本を拾い上げたら「何とか天使サ
      ンダルフォン」とタイトルにあって。おかしかったよ。
        いやそうじゃない。
        問題はそれよりも、妹がボーイズノベルばっかりを読んでいるという事実で。

        ・・・誰かどうにかして欲しいよ。やれやれ。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時11分54秒 

      > 日本人に耳慣れない言葉だから新鮮な気持ちを与えられるのではないかね

        それならば全くの造語でも構わないはすだよ。今に至ってはね。
        つまり──あれはその神話的背景を「形だけ」借りてくるのであって、突然
      ゲームやマンガでボスがパイプオルガンを弾き出すのと同じ事なんだろうけれ
      どね。ま、あまりガタガタ言ってもボクが「ダメ神話オタク」でしかない事の
      証明にしかならないのだけれど。笑


>宇多田レイパー  投稿者:   投稿日:2002/01/25(金)22時20分21秒 

      >  神話を借りるというより頭の中でまったく別の神話を作りだすんだな。
      > それが成功したら凄いけど、中途半端だと世界観が矮小でうんざりする。

        神話は社会の写し身。というのは誰の主張だったか、そもそもどの学問だっ
      たか。笑。神話には「それなりの形」があるものだからね。レヴィさんに言わ
      せなくても。

        というか、そろそろレス窓が溜まりすぎて考えがまとまらなくなってきまし
      たよ?笑。なるほど。わざわざ遅レスの意味が本当に理解出来た気がするよ。
        やれやれ。


>   投稿者:毒略  投稿日:2002/01/25(金)21時56分45秒 

      > ナッツが2chに書き込んでたことについて山羊はどう思うよ
      > http://salad.2ch.net/gun/kako/1007/10073/1007386484.html
      > http://salad.2ch.net/gun/kako/1006/10067/1006785096.html
      > http://salad.2ch.net/gun/kako/1007/10076/1007613955.html

        ・・・別に好きにすればいいんじゃないかと思うけれど。行きたいところに
      行く、行きたくないところに行かない。それはすべて、それぞれが持つ自由だ
      と思うよ。

        少なくとも、あそこはボクには「合わない」けれど、それを是とする仔羊が
      いようと、それはその仔羊の自由だし──下衆ナッツの仔羊がそこに行った事
      と、ここを管理している事はまた別問題だと思うけれどね。
        もし、かの仔羊が向こうに帰属意識を持っていて、その流儀を押しつけてく
      るならば、それは別で、ボクはそうなれば来ないけれど、そうでなければ別に
      どうとでも言う事はないよ。

        ボクの姉は実は、「そっち」にいて──
        会ったときは冗談で「巣に帰れ!」とか言うけれど、それで喧嘩するわけで
      は、ないからね。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時41分25秒 

      > 妹御はコスプレしたりしないのですか。もうずいぶん前に「妹から手作りの
      > バレンタインチョコをもらった」という書き込みを見たことを思い出しました。

      してみたいらしいけれど、そもそも兄に似て口だけの妹なので難しいかも
      しれませんというか、趣味が一般受けと乖離しているので今ひとつ。
      なお我が妹君の作る菓子類はことごとく失敗なので貰わない方が吉です。

      ・・・餅みたいな触感のクッキーとか。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時46分12秒 

      > 何才まで一緒に風呂に入っていまヽ(´ー`)ノしたか

        5年も離れているとさすがに一度も。姉とは8年離れているけれど、4歳か
      5歳程度までは──記憶はないんだけれど。
        というか
        上下が女だと何の色気も何もないよ。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時32分57秒 

      > 「管理人だけでは何も出来ない」
      > 「ロキは悪であるけれど、存在は不可欠」
      > 「あやしいわーるどが滅んだ後も何も変わらない」という事かヽ(´ー`)ノ

        というか
        悪い癖でありがちでどうしようもない事なのだけれど、考えたくなる事は──
        世界最大の掲示板集合体は昔の唯一神教の様だし、こちらはまるで多神教のよ
      うだ。なんていうと女神転生の様だね。笑

        ──で、そうなるとここのトリックスターは──
        いくつか思いついても言わないのが華だね。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)21時59分54秒 

      > 名前は個体を表す一つの信号でしかないからねヽ(´ー`)ノ

        そうだね。例えばボクが実は「四代目」とかだったとしても、それは別に
      何の問題もない事だしね。この名前はボクを認識する為にあるものだけれど、
      この「ボク」は「僕自身」とはまた違うもので──
        この様式、考え方、スタイルにつけられた認識でしかない。

        だから例えば、ここでボクが名前を全く記入せず──
      「お前ら今何聴いてるよ?」
        と尋ねれば、それは僕だけれどボクではない。

        と言うような事を今まで考えてはいたのだけれど。どうにも最近・・・ふむ。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/25(金)22時26分01秒 

      > 女性が男性の風俗を真似することは社会的に比較的寛容だと思うが
      > その逆は白い目で見られるな。
      > 漏れが少女漫画を読むくらい、構わないぢゃないか。

        いわゆる「ボーイズラブ」の面白いところは、無闇やたらに「大人の男+子供」
      の組み合わせが多い事だね。ここだったか、みらいだったかで「結局男向けの同人
      誌と形は違わないのな(;´Д`)」という投稿を見て、面白かったのだけれど。

        でも、女性が男性の風俗を真似する事に対して寛容、なのて逆に不寛容なのは、
      単純に男女差別があったから、という気がしないでもないのだけれどね。笑
        でもそういう時は、こう言うに限るよ。
        「・・・他人にどう思われようが知った事か。くたばれ」ってね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/09(水)02時32分05秒 

      > 毒電波山羊が暫定に登場のモヨリ

        お呼びとあらばここに。


>   投稿者:毒電波山羊(試験放送)  投稿日:2002/01/09(水)02時39分56秒 

      > 俺達が想い続ける限り山羊は実際に現れるのな
      > あやしいわーるど以上の永遠がここに!(゚Д゚)

        もう長い事この名前で書いてきたからね。でも、流石に見ていないタイミングに
      現れる事は出来ないのだけれど。

        ただ──ボクが引退する時は、何も言わずにいつの間にかいなくなるのが良いと
      は思うのだけれど、そんな調子でここまで来たからね。以後もごひいきの程を。笑



>   投稿者:毒略  投稿日:2002/01/12(土)08時29分27秒 

      > > 感情移入の問題とかもあるんじゃないですかね?
      > > この場合、俺はボケ役の亜美サンに一瞬だけ可愛さを感じましたが。
      > > 一度好感を持ってしまえば、次の一本が待ち遠しくなるし。
      > > 4コマとして、というよりは、亜美サンの活動を記す為の4つのコマ
      > > って感じがしました。
      > 感情移入か・・・ちょっと違う風に考えてたんだけど、この漫画を読むと
      > 変に居心地が悪いような気がするよ。「変に」だから悪いとばかり言い切
      > れなくて、変に居心地が良い時もあるから、だから別のも読みたくなっち
      > ゃうよ(;´Д`)パフィーってあんまりよく知らないし・・・

        やぁ。これは──四コママンガの特性によると思うよ

        四コママンガはいわゆる「起承転結の基本」とかって言われるけけど、つまり、それは
      情報量が他のマンガなんかに比べて圧倒的に少ないって事だからね。逆に言えばネタは出
      来る限り圧縮しなくちゃいけないって事で、この事からその特性が生まれると思うのだけ
      れど──

        もちろん読んでて「吹き出す類の」四コマもあるんだけど、それは情報量が圧縮されて
      いるが故に純粋に独自記号から導き出される笑いになる事も多いね。いわゆる──何度聞
      いてもおかしい冗談があって、それを覚えてしまった為に、その冗談の文頭、例えば「あ
      る日」なんて言葉を聞いただけで吹き出してしまう、なんて具合にね。

        それはさておき、四コママンガの特性なのだけれど、実はそれは「安心感」にあると思
      うのだけれど。面白いが為にではなくて、「何となく読み流す為に」。
        読んでいて考えもしなくていいし、面白くないわけではない。手間もいらないし、不安
      もいらない。ま、君の言うとおり、そこに「居心地の悪さ」と「居心地の良さ」を意図的
      か否か、それは分からないけれど混ぜる事によって次を読むことを欲するようにする、な
      んていう効果もあるのだろうけれど。

      だからボクとしては四コマというのは面白さろを求める為にあるわけではないとは思うの
      だけれど。何せ実際のところ──ああ、昔、姉がこの手の雑誌が好きで、本当に一時期、
      発売されている四コマ雑誌が「すべて」うちにあったぐらいなんだけれど──四コマ雑誌
      を読むと「面白いか面白くないか微妙」なあたりが大勢を占めていて。
      おそらく、四コマの中でもメジャーとされる作品──例えば「カリアゲくん」だとか、
      「OL進化論」だとか──が面白いという事が特筆されるわけではなくて、その安定感に
      人気があるものだと思えば至極納得できるからね。

      と、空白で書こうとしたのだけれど起き抜けだからか文体が変えられないので名前つき、
      と。やれやれ。ていうか、書いていて「どうして自分にレスが少ないのか」を朧気なが
      らに理解した気がするよ。笑。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/12(土)08時47分15秒 

      > 三こすり半劇場を外したのは故意ですか?

        そっちの──あれはなんと表現すべきなのか、よく分からないけれど・・・
      「アダルト四コマ」なのか「エロ四コマ」なのか、「お色気四コマ」なのか。
      笑──方はあまり得意ではなくて。そこまで頭が回らなかっただけさ。
        ていうか
        あちらはまた微妙に違う気もするね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/02/11(月)23時45分43秒 

      > >   ∧ ∧
      > > /(´ー`)<何度も言うようだがそれは貴殿が面白く感じないからで
      > >  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|貴殿が面白く感じる頭の中の回路を構築すれば面白く
      > >       感じることができるハズだと思うよ
      > おまえも行ってみればわかる

        「特定の情報から抽出される情報量は一定である。それでも人は落語で笑う」
      という言葉があったね。日本版マーフィーの法則だったかな。
        だから一概に何が面白くて。何がつまらない、というのは確かに主観それぞれ
      によるのだけれど、それはそれで。笑


>擬古猫  投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/02/11(月)23時54分59秒 

      >   ∧ ∧
      > /(´ー`)<うむ。んでまぁ大衆芸能は大衆が面白いと感じるものを
      >  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|やっているから人気があるわけで、素人にはそれができ
      >       ぬということもわからんではないかもわからんね

        「大衆が面白いと望む事」をやるにしても、「大衆が面白いと望む事と思う事」
      をやるわけだしね。ま、いわゆるマーケティング戦略を駆使すれば──笑──、
      一人で考えるよりかは、かけ離れたりはしなくなるのだろうけれど。 


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/02/12(火)00時03分13秒 

      > > 裏切りってなんだよ(;´Д`)何も裏切ってないって
      > > 弁解するほどのことではないが、別に島には行ったことないし。
      > 最初にAGに刃向った連中が山羊ら島民

        別に歯向かった覚えは。笑
        ボクは行きたいところに行って、書きたい事を書くだけだよ。好きなようにね。
      誰もボクを止める権利はないのだし、それならば誰だろうと「好きにすればいい」
      だけだからね。
        それが気にくわないと言うならば、それもいいと思うけれど、その意見をボクが
      受け入れるかどうかはボクの自由だし、それを受け入れたかどうかを書くか書かな
      いかもボクの自由だからね。

        かくして、あるがままに人生は続く。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/11(金)01時48分33秒 

      > そろそろ楽しい話題を(;´Д`)

        徹底的に反論しろと仰せならば、しないでもないけれど──ていうか、こんな事を
      書くのはボクが酩酊しているからなんだけれど、どうせ明日目が覚めたらそんな事を
      書いた事を後悔するんだくそうくそうなんて言いながら消すボタンを押さない当たり
      をもっと後悔するんだけれどくそうくそうなんて(略)



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2001/07/05(木)21時35分28秒 

      > > > あちゅいヽ(´ー`)ノなちゅはもうやら
      > > まだはじまってもいませんよヽ(´ー`;)ノ
      > 「なぁ、俺たち終わったのかなぁ・・・(´Д`)」
      > 「まだ、始まってもいねえじゃねえか・・・(´−`)」

      Linus:"Nothing Goes on Forever"
            ──All good things must come to End.
      「『永遠に代わりのこないものはない』──どんないい事でも必ず終わりがくるのさ」

      Charlie:...When do Good thing Start?
      「・・・いいことっていつ始まるの?」


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/09/14(火)00時18分06秒 

      > こんな狂った世界の基準が正常なら
      > 自分はむしろ気違いでありたい。そういうことさ

        ・・・その狂った世界を定義づけるのは、自分でしかあり得ないからね。世界のすべてを
      理解する事なんて出来ない。人と自分は違う。表層的な民主主義による自分の狂気。ある
      いは自らを狂人と呼ぶ事による、精神的な独立。言い換えればただの青臭い反逆。
        それすらも、すべては自分の内にあると覚悟する事。それすらも愛する事。
        世界も他人も理解出来ないのなら、せめて自分だけでも理解していたいと思うとき、心
      の底にある狂気を見つめなければならない。それも自分なのだから。
        かくありたいと思ってるだけなんだけれど・・・
        ていうか
        何が何だか。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/26(土)13時45分23秒 

      > > 読み込んでしまったよ
      > > のっちって大学やめたんだね
      > > この管理者の「友達」が内心バカにしてることに気づいてたんじゃないかな(;´Д`)
      > 俺もさっきずっと読んでたよ。
      > のっち、意外とバイトは真面目にやってるっぽいね。
      > つーか前にテレビで、整理整頓が上手くできない脳の病気ってのを見たなぁ。
      > のっちは違うと思うけど(;´Д`)

        いわゆる注意欠陥多動障害、ADHDってやつだね。
        まぁ、とりあえずこんなものでも・・・
      http://www.tkcity.net/~kazuma/adhd/check.html

        ところで、流行りの精神病、というのは何故か患者が増えるものなのだけれど、
      ADHDの場合はどうなんだろうね。症状が微妙な事だし。笑
        もちろん、それは──「天然の勘違い」が多くとも──実際になっている人達
      が表面的になる分、悪い事ばかりではないのだけれどね。



>   投稿者:毒略  投稿日:2002/01/14(月)19時01分08秒 

      > > よく知らないけど、武士道は朱子学とかが関係してるんじゃない?
      > > 武士道がどうとかってのは江戸時代に入ってからでしょ。
      > 柔術が柔道としてスポーツ化したのもかなり最近の話だから
      > 武士道の影響下にはありそうだな
      > 山羊を待つか…

        ただいま、パトラッシュ。お呼びとあらば。
        武士道は主に仏教、禅、儒教、神道をベースにしている──という見方が一般的
      なんじゃないかと思うけれど。「日本の宗教」と言った時に問題を複雑にするのが
      実は「武士道」で、武士道には宗教としての側面、システムとしての側面があるか
      らね。

        分かりやすい例としては武士道は儒教と比較されやすいんだけれど──儒教は端
      的に言ってしまえば「思いやり」の宗教──すなわち「友愛」が根幹──なのだけ
      れど、仏教はこれに変わって「義」を根幹とする「宗教」だ、っていうのが分かり
      やすいかな。

        かと言って、武士道が宗教かどうか、と言うと問題は微妙になるね。
        キリスト教が、ローマ以降民衆を支配する為の「システム」として利用されてい
      た用に、武士道も国をコントロールする為のシステムであった、という面もあって。
        それで物事を複雑にさせるのが大日本帝国──ひいては、いわゆる「靖国論争」
      なのだけれど。あるいはクリスマス。ハロウィン。バレンタインなんかの、宗教色
      を限りなく薄めてイベントとして扱われる「お祭り騒ぎ」なんだけれど。

        ・・・でも、確か元ネタの訴えは柔道の礼は神道の礼だ、という事だったような
      気がするんだけれど、神道の拝礼は、二拝二拍手一拝なんだけれどね。

        武士道に神道が与えた影響は「忠義」であるとされるのだけれど。
        果たして「神前に礼」でない、しかも神道方式でない拝礼が「宗教的儀式」にな
      るのかどうか──

        さて色々考えが広がりすぎてどう文をまとめれば良いか分からなくなってきたの
      で、聞かれた事に関係しそうな部分以外を削ってこれでまとめ、と。


 投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/14(月)19時07分10秒 

        ちなみに下の投稿で「一般的な見方」として引いたのは、確か五千円札の新渡戸稲造
      の主張だったような気がするのだけれど、彼は「武士道」という本で、西洋からの「ど
      うして宗教なくして道徳教育が可能なのか?」という問題に答える為に、そういう主張
      をしている──んだったかな?

        そう考えれば「柔道の礼」を宗教的儀式と捉える見方、「相手に礼」は道徳かどうか、
      という意味でなかなかに興味深いかもしれないね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/01/14(月)19時12分23秒 

      > 神式の結婚式に出たことがあるんだけど、なんか榊を降って2拝しているだけだった
      > ような気がする。腰の折り方が気合い入っていて笑った。90度くらい。

        それが「拝礼」だね。ちなみにその前に「深揖」があって、こっちが45度ぐらい、
      とされているよ。だから神道方式は正確には一深揖二拝二拍手一拝だね。
        場合によっては、一深揖二拝二拍手二拝一拝の事もあるようだけれど。


>   投稿者:毒電波山羊)ノ旦ゴチソウサマ  投稿日:2002/01/14(月)19時15分11秒 

      > 儒教って宗教なの?
      > なんか俺のイメージでは
      > キリスト教とかとは全然別のもののような感じなんだけど
      > 孔子に言わせりゃ学問だろうし

        だから武士道と比較しやすい、ってわけだね。あれはシステム──例えば
      まだ韓国では有効に働いているような──一面もあるわけだからね。

        ああ、ところでまとめてレスになってしまうけれど、お茶は有り難く。笑



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/09/15(水)01時33分36秒 

      > 日本の神々には西洋でいうところの悪魔という概念はないのでは?

        東洋での神々は、極端な話「あらゆるものに降りている」から、そもそもの論拠に
      ならない気がするけれど。ヒンドゥならば神は降りないしね。
        「神降ろし」とは言うけれど、そもそも神話を見れば分かる様に、「降りる神」な
      んてあり得ないから・・・ええと。ここを突き詰めていくと面白くなりそうな気がするけ
      れど・・・
        ていうか
        片手間にレスしてごめんよ・・・


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/09/15(水)01時39分40秒 

      > 本来の神教では神は降りたりしないよ。
      > その思想はむしろ仏教の影響。
      > 仏教と神教が絡み合った民間信仰って所だな。

        そもそも「神降ろし」とは言うけれど、要はトランス=シャーマニズムに基づく人間の
      隠された状態を呼び起こす、って事だからね。そういう意味で水蛭子や鬼が似合うかな、
      と思ったんだけれど。
        あるいは、一般的に悪魔は呼び起こされる事になっているから、キリスト教支配下での
      悪魔=かつての神っていう意味で神降ろし、って言うのも面白いかもね・・・


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/09/15(水)01時47分43秒 

      > 山羊さん山羊さんは凄いな
      > 俺よりたった1歳上なだけなのにいろんな知識を持ってる
      > 一年後の俺があれだけの知識を持ち合わせているとはとてもじゃないけど思えない
      > 実際、去年の俺から変わったことといえば呼び名がヤラハタになったということだけだ
      > なんだか駄目人間なきがする
      > どうしよう、何とかして来年までに何かできるようになりたい
      > 何が良いですか、出来る限り努力するんで

        ええと。煽られてるんだか誉められてるんだか、よく分からないけれど、マジレスで
      いいのかな?自分が何でも出来るんだと妄想でもいいから、信じる事だと思うよ。
        有名な小説家も、絵描きも、独裁者も、科学者も、ボク達と何も変わりはしないよ。
        彼等に出来る事なら、自分にだって出来る。そう信じる事じゃいなかと思うけれど・・・
      どうかな?
        ていうか
        こういうのは苦手だから勘弁してもらえると有り難いんだけれど・・・



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/03/12(火)00時14分44秒 

      > ドラクエは指輪物語がモチーフだったのか
      > 俺は北欧神話だとおもっていたんだけど

        北欧神話は、なかなかね。一見題材にしやすそうで、モチーフとして使うのは
      結構難しかったりするからね。題材にしているゲームの多くは、大抵、勘違い・
      ・・というより、「北欧神話」というバックグラウンドの後ろ盾と、そのフレー
      ズの響きを利用しているだけのものだからね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/03/12(火)00時18分17秒 

      > 北欧神話を原語で読んだ危篤な人間は漏れだけだろうな・・・(;´Д`)

        ・・・少ないだろうね。ボクも読んだ事がないし。
        というか原語と言っても色々ある気がするのだけれど・・・ええと・・・
      古エッダの原語、かな?


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/03/12(火)00時22分21秒 

      > ワーグナーのニーベルングの指輪も指輪物語とか
      > そうなの?

        まぁ、北欧神話の解釈にも色々あるだろうからね。
        ニーベルングの指輪は、そもそもが北欧神話の「シグルドサガ」(・・・だった
      かな?手元に北欧神話の本が見あたらないのだけれど)なわけだし、素直に北欧神
      話を見るならば、あれはバイキングの精神性があってこそ成り立つ神話なわけだし。

        ボクなんかにしてみれば──ボクは古エッダ派だから、いわゆる一般的な、再生
      と循環、トリックスターの存在、死と再生の神話だと思っているし。
        そういう意味ではゲームに使うのは難しいんじゃないかな・・・と思うよ。

        指輪はどちらかというとイギリス・アイルランド・ケルト寄りなんじゃないかな。
        実はあまり詳しいわけではなくて。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/03/12(火)00時31分13秒 

      > 北欧神話に比べると日本の神話のメリハリのなさはいやはや

        ・・・そうかい?「イザナギとイザナミ大乱交」「ホノカグツチのせいで
      イザナミ死亡、その後、黄泉の国で痴話喧嘩」「スサノオ大冒険」「国津対
      天津、天照大御神の理不尽大炸裂」・・・神話としてだけ見ると面白いと思
      うよ。ギリシャ神話並には。笑


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/03/12(火)00時35分36秒 

      > 北欧神話とアーサー王伝説の類似性
      > ギリシャ神話と北欧神話および旧約聖書との類似性
      > まあ近いから影響受けるんだろうね

        そういうものを神話素に分解して類似性とかでまとめて云々、とレヴィ・
      ストロース先生が。笑
        というか
        北欧神話と聖書の類似性は後々、キリスト教が広まった為だと思ったけれ
      ど。確か。


 投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/26(金)02時51分33秒 

        題材の選択が今ひとつ・・・と、言ってもボクが気に入るような選択では、
      売れなくなってしまうだろうけれど。笑
        でも、形にした感じといい、あまり神話に対するセンスがいいとは言えない
      かもしれないね。少なくとも、ボクから見ると。

      http://www.kaba-room.com/shinwa/shinwa.html 


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/26(金)03時17分28秒 

      > 俺の頭の中では女神転生のデザインで固まってしまっているんで
      > それと違うと違和感がある

        ああ、金子一馬デザインだったら欲しいかもしれないね。確かに。笑
        今の状況であれば、食玩なり、プライズ商品なりで出せば、そこそこ人気を
      博すような気もするのだけれど・・・何か権利の関係でもあるのかな?
        いや、全く、そういう事は詳しくないのだけれど。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/26(金)12時19分43秒 

      > 神話のキャラクターを文章のままにビジュアルにすると
      > とんでもない形になるような気がするんだけど
      > どうなんですかね

        相手にもよるけれど、そのまま形にすると・・・というものもあるね。
        ただ、だいたい神話で「とんでもない形」というのには、何か文化的か、神話
      的な意味があるものだからね。それをシンボルあたりと掛け合わせると、色々と
      面白いアレンジが出来るから──そのあたりが造形化のセンスだと思うのだけれ
      どね。

        金子一馬はそういう意味で面白いのだけれど。
        でもダイアナが乳房をいっぱいぶらさげてるデザインには面食らったけれどね。
        さすがに。笑。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/26(金)12時23分09秒 

      > > 神様を合体させる恐れ多いソフトだからあんまりゲーム以外で
      > > 展開させるのはマズイと思ってるのかも
      > > つーか外国で発売したらどういう反応があるだろうね
      > 今度X-BOXで女神転生オンラインが出るんじゃなかったか?
      > まぁ海外の反応なんて英語力0の俺にはまったくわからないのだが・・・

        アトラスのゲームと言えば・・・魔剣Xを海外発売しようとして、結局、
      取りやめになったのだったかな?敵を乗っ取る能力を使って──バチカンに
      言って教皇を斬り殺し(ただし精神的に)、アラブに言って石油王を乗っ取
      り、石油王の体でアメリカ大統領を殺しに行き、アメリカ大統領がサイボー
      グで、体の乗り換えは電球方式の首のすげかえ、最後にはアメリカ大統領の
      体で中国主席を殺しに行くという、あの素敵なゲームが。笑

        ・・・ドイツではネオナチスが第一党として返り咲いているし。
        試しに発売して欲しかったのだけれど。笑



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/06(土)02時29分32秒  ■  ★  ◆ 

      > > 一番可能性があるのは供物の形だろうな。
      > > 日本の和歌の起源もそうだし。
      > 生贄と同じか

        「生贄」と「供物」は別個のものとして考えられるべきだね。というか、生贄とは
      「儀礼において動物等の殺害ないし供物の破壊をともなうもの」と定義するべきだか
      らね。生贄という儀式には、特に通過儀礼に近いものだとされているね。
        それは「生贄」の聖別を端的な目的としていて、総合的な目的を乱暴に言ってしま
      えば殺害という冒涜行為を聖なる行為として行う事によって聖俗両側への橋渡しをす
      る儀式、とも言えるんじゃないかな。

        さて本題はこれではないので、この辺りでさておいて。

        そもそも歌・舞踊とは区別されるべきものだよ。その発達は詳しくないので、割愛
      させてもらうとして、宗教儀式における場合では本来舞踊の方が重要なんだ。
        つまり──シャーマニズム文化が発生する以前、本当の意味での原始宗教において、
      死に対する恐れ、理解を超越した物事に対しての合理的な回答として神が選択される
      ところから始めて──

        この時の舞踊とは礼拝そのものであって、あるいは神の模倣であった、という見方
      が一般的だから。つまり「あたかも神が夜の星を踊って回すように」自分が踊る事に
      よって神を模倣し、それを礼拝する。それが舞踊の目的だからね。

        シャーマニズムはこの後、人間がもう少しまとまった集団になってきて、集団形成
      の楔が必要となった時に「カリスマ」として誕生する。その時に至って、舞踊は誰し
      もが得られる礼拝ではなくて、人間の中でも特別な──あるいは聖別された──者達
      のものになった、と。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:2002/04/06(土)02時41分45秒  ■  ★  ◆ 

      > 神のために何か”美味しい物”食べていただこうという
      > 感謝のココロから湧き出る気遣いなのではないのか

        その点は、人類学者の方々なんかに譲るけれど。
        彼らの言う事には、そもそも儀礼とは行われるべき条件が明確に規定されて
      いて、それは犠牲儀礼においても例外ではなく、ただ供える為だけに殺される
      事は一般化すれば「無い」って事なんだけれどね。

        さすがにボクにはそこまで断言する程の知識も資料もないからね。


>   投稿者:   投稿日:2002/04/06(土)02時50分38秒  ■  ★  ◆ 

      > 踊りを奉納する事の意味がやっと分かった。
      > けど、
      > 模倣が礼拝になるってのがぴんと来ないな。
      > 真似すんなボケ。って言われないのかしら。

        ・・・こんな例えをひいて妥当かどうか分からないけれど・・・子供が大人を
      模倣するのを見て、大人が「真似すんなボケ」とは言わないと思うのだけれど。笑

        そもそも宗教とは、人が作り出したもので、神がそこにいるわけではないからね。
        つまり、それはあくまでも人間が主体の──例えば神が人間を拘束するとしても、
      それは人間が神が人間を拘束すると決定した──ものであって。
        そして、舞踊が神との模倣であるという事はトランス状態が生み出した事でもあ
      るのだろうね。「自分が自分でない感覚」。それがシャーマニズムを生むのだろう
      けれど。

        あるいは斜に見て──もしくは根拠が無く批判される事を覚悟で思いついた事を
      言ってみるならば──究極的な宗教とは自分と神が同一である事を願うものなのか
      もしれないけれどね。少なくとも、原始宗教からは遠く離れたイスラム教にもキリ
      ストにも、その観念があるしね。



>   投稿者:毒蝮電波山羊  投稿日:2002/01/12(土)08時49分35秒 

      > 毒蝮三太夫さんは何の仕事をしていますか

        主に芸能人だと思うけれど、ここの仔羊的には地球防衛なのかな?
      http://www.mamuchan.com/


>   投稿者:毒電波[10.37hz]山羊  投稿日:2001/11/28(水)01時32分24秒  ■  ★  ◆ 

      > 酋長と飲みに行くの?

        いや、今のところこれと言って、何も・・・笑。
        都合がつく限りでは、お誘いとあらば構わないけれど。


>   投稿者:→D→D・P・YG(目押し)  投稿日:2001/11/28(水)01時39分41秒  ■  ★  ◆ 

      > お誘いあったよ

        これだけだと何とも。確かにお誘いはお誘いかもしれないけれど・・・
        ええと、何て言うかな・・・掲示板で、そういう話をするのが苦手なんだよ。
        だから、その投稿は見たのだけれど、それに対して「じゃあ行こう」とか、
      そういう返事をするのが・・・不得手で。
        他の仔羊がしてるのを見る分に全く構わないのだけれど、自分がするには嫌
      なんだよ。

        だから、メールとかで貰わない限りは、それはそれ。これはこれ。
        ってところかな。笑



     毒電波山羊集 その1 その2 その3 その4 その5 その6
     その7 その9 死して屍 電波親父 肝油菩薩 某Jの日記


あやしいわーるど@クリスマス島 & 暫定 からの転載をまとめたものです。


コンテンツ:びでメール エロゲ 森の妖精 ルーザー 湖畔論 スワティ 替え歌 (゚Д゚)ハァ?

   gsの野望 AGSの野望 クエスト まったり 文学系 ぴかちう 油日記 ぶり読み ミーシャ


戻る 


inserted by FC2 system