毒電波山羊集(その5)


>らくだ丸  投稿者:毒電波山羊(タベルナ危険)  投稿日:2001/05/10(木)23時52分17秒 

      > > 断種とか言ってたがパイプカットされたのかな?
      > > それなら隔離者同士でセクスバンバンの可能性もあるかも
      > > チンポも変形してたら難しいのか相手が気持ちイイのか
      > > どっちだろう?
      > 梶山季之だったか清水一行だったかの小説で、
      > 裸で木に縛り付けられてティムポを蜂にガシガシ刺されたために変形して、
      > それが女を喜ばせる秘訣になった主人公がいた。
      > 実際にガシガシ刺されたらどれほどの痛みだろう。

        手元にある本によれば「ハチの針はオーガニズムの持続時間を延ばす為や、ペニスの
      感覚を強めたり、太さを増加させるするのに使われる。二匹のハチを亀頭の両側のすぐ
      下に置き、張りを刺すように押しつける。その内、初期の不快感に伴ってペニスは太く
      膨張し、続いて痒みが起きてくる。ペニスの根本に太い糸や革ひもをゆわえつけて、ペ
      ニスの膨張が他の部位に分散してしまわなう様にする。
        この方法でダンセイノペニスの周囲は最大17センチから24センチまで増大する」

      とあるね。さらに──

      「膨張は二日目に最大となるが、膨張した外皮はペニスへの血液の流入を制限する為に
      血液が一方にだけ集中した場合は、膨張がかたよってしまい、形が不均衡となる」

      とあるよ。どちらにしろむず痒い話ではあるけれど。笑


>   投稿者:毒電波山羊(マゼルナ危険)  投稿日:2001/05/11(金)00時13分57秒 

      > 何の本にそんな話が載っていますか?(;´Д`)

        リソースは秘密です。笑
        と、言いたいところだけれど"Encyclopedia of Usual Sex Practice"だね。
        これに「トンデモ超変態系」と和訳をつける二見書房と唐沢俊一は、個人的には
      かなりどうかと思うんだけれどね。
        ていうか
        確か和訳は分冊で二冊出てるはずなのだけれど、片方しか買ってなくて。ふむ。



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/12/23(木)05時16分16秒 

      > >   ・・・それは、エクストラでのローラ萌えの仔羊の担当だね。
      > それじゃあバイセクシャルで
      > シスコンの妹を持つ斜に構えて何かを悟ってる金髪のおじさんのお話がいいなヽ(´ー`)ノ

        起き抜けの溜息を一つ。頭が冴えない。
        糖分をとる為に飲むコーラの缶を開けながら、彼はさらに溜息をついた。
      (そろそろ仕事でもしないと・・・)
        そう思いながら思い出す財布の中の金額は、乏しい。銀行口座・・・思い出したくない。
      (仕事・・・か・・・こんな夜中に起き出す様な生活なのに?)
        自嘲気味な笑みを一つ。ミーラの炭酸が口の中を刺激する。冷たい。その感覚が、よ
      うやく意識を覚醒させ始める。
      (やれやれ・・・)
        今日、何度になるか分からない溜息の、三回目を付きながら彼はキーボードを叩き出
      した。

        ・・・こんなところで?笑



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/18(火)00時41分57秒 

      > >   単に恥を知らないだけさ・・・
      > >   ていうか
      > >   うざくないかい?ボクは・・・
      > うざくないけど怖いかな
      > ケツマンコ提供には萌えた。俺ダウソ

        でも後は、面倒くさいし、時間がかかるからね・・・する方も、そういう趣味が
      ないと引くだろうしね・・・何なら口でもいいけれど。その辺りで出来るしね。
        って、ボクは何を言ってるんだい?


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/18(火)00時51分15秒 

      > 便は衛生上問題があるし
      > 腸内に射精すると免疫力が下がるから生き物としての寿命が下がる事になる
      > 聞いた話だからガセネタかもしれないけどね
      > 実行するには浣腸を施して便を排出後に腸洗浄をして
      > さらに拡張しないと裂けるし…
      > 口は理屈上は男女差がないから抵抗がなければ問題ない行為かな
      > 精子は胃で溶かす分には栄養になるし

        免疫力云々はどうか知らないけれど、一度、中で出されたら、3週間ぐらい
      腹痛に悩まされたよ・・・最初、数日は辛い、なんてものじゃなかったしね。あれ
      から生は2度としないと誓ったよ・・・
        ま・・・妊娠を目的としない、あらゆる性行為は、所詮、コミニュケーションの
      手段にすぎないからね・・・


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:07月27日(火)03時28分59秒

      > 免疫力の低下って恐ろしい事の原理はわからないけど
      > 細菌〜便は危険ってネタがあって…
      > 洗浄してない他人の腸への生挿入は体の本体を不衛生な場所に直接挿入する事になる
      > それだけでも十分危険だよヽ(´ー`)ノゴムツケヨウ

        ん・・・腸の粘膜は敏感だから、入れられる方も危険だよ・・・
        精液みたいな高蛋白を粘膜から吸収するから調子も悪くなるし、細菌も感染
      するから、抵抗力がどう、っていう話だと思ったよ、確か・・・



> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:04月07日(水)01時13分45秒

      > だれも一人で死んでゆくけど一人で生きてゆけない
      > いつか誰かと僕も愛し合うだろう

        例え誰かと愛しあったとしても、それはやっぱり1人で生きている事だと思うけれどね・・・
        誰かと一緒に生きている、なんて妄想に過ぎないよ・・・愛自体が妄想と誤解の上に成立する
      ものだからね・・・
        結局、人は1人で生きて、1人で死ぬのさ・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:04月07日(水)01時19分58秒

      > 妄想と誤解とわかっていても、
      > 一人では生きていけない。
      > その証拠にきみもここに来ているじゃないか

        ・・・別に寂しくてここに来ているわけじゃないけれどね。
        生物的には、確かに1人では生きていけないけれど、精神的には慣れれば大丈夫
      だよ・・・意外とね。
        それに妄想と誤解だと分かってても、わざと騙されるのも悪くないしね・・・



> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月27日(土)01時26分08秒

      > 電波はみんなのものだよ

        辺りに垂れ流されているテレビとかの電波なら、そうかもしけないけれど、
      毒電波は人それぞれのものさ・・・それは、同時に「内なる声」でもあるから
      ね・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月27日(土)01時33分07秒

      > なぁ、そろそろ聞いてもいいかな?
      > おいら、ここのキャリア短いもんで、事情とかよく知らないんだけど、
      > アンタのハンドルは、なぜに「毒」なんだい?
      > そこんとこ、よければ教えてたもれ

        ・・・少し酔っているものだから、今ひとつ、君の聞いている事が理解できない
      のだけれど・・・元々、ボクのHNが電波山羊で、「毒電波」っていう単語と合成し
      たのだけれど。何で「毒電波」なのかは、その単語を作った人に聞いて欲しい
      けれど、誰だかは、ボクも知らないよ・・・



>   投稿者:毒略  投稿日:2001/11/25(日)16時42分54秒 

      > ・・・・生きるのって、つらいよね(゚Д゚)

        ・・・豪の者ではないけれど、ボクで良ければ死にたくはないよ。笑


>   投稿者:毒略  投稿日:2001/11/25(日)21時21分26秒 

      > > 一人称が統一されてなくない?(;´Д`)
      > そうかも
      > 詩篇第143篇ですが
      > 当方全くわかりません
      > ビデオのパッケージに書いてあったのをそのまま書きましたノ(´Д`)

        詩篇第143篇「ダビデの歌」第6節と第8節の後半だね。
        日本聖書教会の口語訳聖書だとこうあるね

      第6節──
        「私はあなたに向かって手を伸べ、我が魂は、乾ききった地のようにあなたを
          慕います。」
      第8節後半──
        「わが歩むべき道を教えてください。我が魂はあなたを仰ぎ望みます」


> 投稿者:略(山羊  投稿日:07月01日(木)21時25分44秒

      > 死ぬなよ

        生きてるのが、とつも辛い事ならば死ぬのもいいと思うけれどね。でも、それは
      自分の中でだけの話だからね。他人に言われて、他人に気を遣って死ぬのは、馬鹿
      らしいよ・・・少しだけ、ね。
        その気になれば、いくらでも死ねる事だし・・・深さ30センチのドブでもね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/08/05(木)23時11分41秒 

      > > 別にきっかけがあるわけじゃない・・・。
      > > でも昔、普通の十代ができなかったような
      > > すごい事を達成した事がある。その時ずいぶん周りから
      > > 騒がれて自分も調子づいてた。ちやほやされてた。
      > > そして20代になって、全然周りから騒がれなくなって
      > > 落ちぶれたまま。二十歳過ぎれば普通の人・・・って感じで・・・。
      > > それで結局自分にはなにもなかったんだと思った。
      > > 普通の人以下になって・・・それで・・・なにも出来なくなった。
      > 死ぬな。

        ん・・・別に死んでもいいんじゃないかな?それは彼の自由だからね。
        ただ、周りから騒がれなくなって、その時に為す事、その方が事に重要だと思う
      けれど。死んでもいいし、周りからの期待も何もなければ、したい事をしたい様に
      すればいいんだよ・・・失敗を恐れて何にも出来ない、のかもしれないけれど、そうい
      う状態なら失敗しても「別に何て事」ないわけだからね・・・


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/08/05(木)23時30分54秒 

      > 死ぬといつかいい事があるとよく言われたがその時は何を勝手な事を
      > と思った。でも今は生きていてよかったって本当に思える。

        人によるし、時にもよるよ・・・
        そもそも、その状況を幸せと思えるかどうか、がその人の内面にかかっている
      んだから、幸福と不幸が人生において同量である、なんて決してないわけだから
      ね。でも「死んでもいいよ、別に」は面倒くさくなったり、嫌になったら死んで
      しまえるわけだから、楽は楽だね・・・
        たまに勢い余って死にそうになるけれど。


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:08月01日(日)01時39分03秒

      > 死の衝動は精神的拷問
      > 俺の存在を
      > 俺の過去を
      > 俺の未来を
      > 否定し嘲笑う
      > そして気付かせようとする
      > 足し算より早く知ったこと
      > 生きる意味なんてないということに

        それすらも本来、「自らの内にあるもの」だよ・・・
        過去と現在と未来と、それらから構成される自分の中にある自分を否定する
      衝動。死を恐れず受け入れる事が出来れば、その内に消えるよ・・・
        ・・・理想も希望も現実も妄想も悪夢も、すべて自らの内にあるのさ。


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:08月01日(日)01時46分52秒

      > 科学では人間の生きる意味説明することができない(;´Д`)

        それを言ったら、根元的には「すべて、存在すること」が必要ないと思うけれど。
        例えば宇宙が存在するべき事に、何か理由があるとか・・・生物でも構わないんだけ
      れど。むしろ説明出来てなくても当然なのかも知れないけれど・・・
        科学は一つの手段に過ぎないからね。
        「自分の生命の意味を見つける為に」生きている人間がいる様に、すべてもそう
      なのかも知れないよ・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月07日(日)00時08分47秒

      > 文章によるコミュニケーションばかりやってたせいか、
      > 言葉によるそれが下手になってるような気がする。
      > せっかく電話番号ききだすチャンスだったのに
      > 自分の電話番号教えるのでせいいっぱいだった。
      > こうなったらむこうからかけてきてくれるのをいのるだけだよ...

        難しいところだね。元々は同じ言語を利用するのに、文章は「見直し」も出来るから
      ね・・・積極性を売りにすれば、逆にうざがられるしね・・・
        だからといって、「たられば」だけ繰り返していてもしょうがないさ・・・人は現在しか
      生きられない生命だからね・・・頑張ってね。


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月07日(日)00時15分56秒

      > 過去は過ぎ去りもう無い。
      > 
      > 未来は未だ来ず又無い。

      ボクとしては、こっちの方が好みだけれどね。

      「未来は着実に歩み寄り
        現在は、矢の様に過ぎ去り
        過去は、ただ静かにそこに立っている」


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月18日(木)23時27分06秒

      > 生ぬるい。
      > 死に急げ!生きていても無駄だぞ

        無駄にこそ、ヒトとして生きている意味があるんじゃないのかい?(C)寄生獣。
        無駄だからこそ生きて、無駄だからこそ楽しむのさ・・・嫌が応にも生きていかざ
      るを得ない以上はね。


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月18日(木)23時32分51秒

      > バカ、まじめにレスつけるな
      > つーか、そんなことみんな心の中で思っていながら、
      > 割り切れない気持ちをひきずってるんじゃないか。

        ・・・割り切れないかい?意外と簡単な事だと思うんだけれどね。
        はっきりと「ボクの人生は無駄そのものだ」って言えればいいだけだからね。
        ヒトが生きていかなければならない理由なんて、あり得ないんだからね。
        マジレスの件は謝るよ・・・悪いね。


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月18日(木)23時40分27秒

      > ほんとに無駄だと思ってるのなら、こんなとこにはこないはず。
      > ここに来て、つかみきれない何かを探し求めるのは、
      > すなわち人生のなかで何か有意義な、自分にとって大切なものを、
      > 探してるってことだろ?

        微妙だね。ボクに価値があると思うのは「ボクだけ」だからね。他人から見たり、
      社会的に言えば、ボクがいなくても何も変わらないからね。そういう意味では無駄
      だよ。ボクだけに価値があるっていう事を他人に言っても、しょうがないからね。
        大した価値もないのに自意識だけ肥大してる人間は、うっとおしいからね?
        あと、君の意見と似ているけれど、ボクは自分に大切なものは探していないよ。
        ボクはナルシストだからね。ボクが最も大切なものさ・・・だからこそ、ボクのいた
      い様にここにいるし、高められれば高めるけれど・・・そんなところだね。


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月18日(木)23時47分37秒

      > なるほどな。
      > アンタの言うとおり、自分の価値観で生きていくべきだな、人間は。
      > そういう意味ではそのとおりだ。
      > でもな、
      > 自分以外に大事なものを見つける瞬間もあるぞ、
      > そういうときって、意外とすがすがしいものだぞ。
      > テレくさいけどな(笑)

        ・・・ないわけじゃ、ないんだけれどね。ノーコメントだよ・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月18日(木)23時53分13秒

      > その先は言うな。
      > みんなそれぞれ、人には言えぬ何かを背負ってるんだ。
      > それを人に言ってしまったら価値がなくなるしな。
      > つーか、今回のアンタとの会話のやり取りはなかなかおもしろかった。
      > 礼を言うよ、マジでな。

        ボクの方こそ。君は好意に値するよ。
        また機会があったらね・・・



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/08/16(月)01時41分14秒 

      > > 宇宙の構造から考えても、原子核に電子が、太陽に地球が、地球と月が、
      > > そう、陰と陽の関係に従って常に形づいていたのです。
      > > 結婚相手は、自分の失われた半身なのです。夫婦2人がひとつになって
      > > はじめて完全な魂となるのです。ですから結婚は一生に一度でなければ
      > > なりません。夫という太陽(陽)につねに寄り添う月(陰)という
      > > 完全な形があってこそ、円満な家庭が築けるのです。
      > 半身説はギリシア時代からあるし…陰陽説は儒教だし…
      > いろいろな思想が合体してるな?
      > 結局、合理的理由に基づく説明は不可能なのか?
      > やっぱり、たとえば神がこーした、あーした、こういう風に決まっている
      > というのが説明の限界なのか?
      > それが宗教ってゆうものなのかよ。

        元々、神話の多くの形は月に豊穣の女神をあてはめていたけれど?月は、単体で
      満ち欠けを繰り返すからね。それが誕生・破壊・再生を意味するから・・・古代バビロ
      ニアでは娼婦が神聖な職業で、結構万の娘は全員神殿に行って娼婦になっていた、っ
      ていう話もあるし。
        宗教的にも合理ではないと思うよ・・・


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/08/16(月)01時47分07秒 

      > どこの宗教もそうだが
      > スタンダードになると官僚制が出来上がって
      > どうしようもなくなるんだよな
      > 特に歴史を見ると、キリスト教なんてオウムより悪質だと思うぞ
      > 今はたいしたことなくてもな

        その内に「国」みたいな集団が出来るからね・・・官僚制は管理に便利だしね・・・
        キリスト教は宗教じゃないからね。国家とイデオロギー、征服欲、差別、それに
      盲信・・・もっとも、そこまで成長した事は、ある意味、認めるべきだと思うけれど。
        ・・・好きか、嫌いかは別としてね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/08/16(月)01時52分09秒 

      > 家にくるどこかの教団のひとたちにいつもいう言葉
      > 「カネがほしいんだろ?」

        ん・・・正しくは「カネが欲しくて」「他人を救う優越感に浸りたくて」「自分の世界が
      すべてだと思っている」んだと思うけれどね。わら
        信じる心が信仰、信仰があれば、それはただ一人でも宗教さ・・・他人に勧めるものじゃ
      ないと思うよ・・・少なくとも、ボクはね。



>全裸マスター 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)00時07分28秒

      > 事はそう言う問題じゃない。
      > 例えば、街を歩いていていきなり何の前触れもなく
      > 誰かが殴りかかってきたとする。自分には殴られる理由もなければ、
      > そいつのことを知っているわけでもない。
      > 殴られたヤツに対して、「じゃ、街を歩かなければいい」と言うことは
      > 問題を蔑ろにしていて、あまりに無責任極まりない幼稚な言い逃れでしかない。

        その例の引き方はおかしくないかい?
        「殴りかかる」は君に対して能動的な行動だけれど、何だか知らないけれど、君の
      聞いているものは「君のみに能動的」なわけじゃないだろう?
        そりに、それを望んでいる人間がいるならば、殴られるのとは違う事だと重うのだ
      けれどね。違うかい?


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)02時31分30秒

      > お前一人が死ねば相対的には同じ事だって、何回も言ってるだろ。

        他人に死を望むことは自らに死を求める事と同じ、って事だね・・・
        でも死ぬより生きていく方が辛いのさ・・・それでも生きていかざるを得ないの
      だけれど、ね。


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)02時39分29秒

      > つーか今の生きるための目標、目的はなによ?

        偉そうにカッコつけさせてもらえれば、それを知る為に生きてるんだよ・・・もっとも
      知ったら、死ぬのも近いだろうけれどね。そして知る事は到底、出来ないんだろうけ
      れど。


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)02時46分59秒

      > 参考になったよ。俺は立派な大人になって、親を安心させたい。

        それは、それで尊敬に値するよ・・・ボクには到底出来ない事さ・・・立派じゃない
      しね。もっとも、親を安心させてから、あとは惰性、なんて生き方はしない様に
      ね・・・
        ・・・生きている事にこそ意味があるからこそ、ね。


>つばつば 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)05時36分53秒

      > ヒゲオヤジが戦時中に日本軍が隠した財宝の場所を思い出す話?
      > そんなら昔、単行本で読んだことあるぞ?
      > つーか、いま、ロボトミーって副作用がでかすぎて禁止されてるんだよな。

        副作用以前の問題だと思うんだけれどね・・・そもそもの「作用」の認識が間違って
      いるからね。情動自制の欠如、活動意識の低下、記憶力の喪失・・・ま、人間をコント
      ロールするには有用なんだろうけれどね。


>ひとり 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)05時48分50秒

      > きみは電波きけるの?

        それに関してはネタでなく聞こえるよ。いらない時に聞こえてくるから、うっと
      おしいんだけれどね。酷い時には、静かに眠らせて欲しくて嫌になるよ・・・
        ・・・やれやれ。


>つばつば 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)05時51分29秒

      > なんか癲癇を直すのにロボトミーをやったら、
      > 癲癇は治ったけど、記憶力がほとんどゼロになり
      > 5分以上前のことを思い出せなくなったって人がいるらしいね。
      > 脳の構造なんて、今でさえよくわかってないのに、、

        ええと・・・元々は精神病患者や犯罪者を大人しくさせる為に使っていたんだった
      かい?てんかん治療の為だったかい?良く覚えてないんだけれど・・・
        あとは、手先の細かい作業が出来なくなったり・・・でも初期は、もっと酷かった
      らしいけれどね。脳梁を切断して右半身と左半身が別の意志で活動したりね。
        それはそれで「面白い」かもしれないけれど。  


>ひとり 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)05時59分58秒

      > ぃぁ ネタでないよ
      > 最近 目覚めにどこか頭のいっぺんがまだ夢みてるのか
      > 誰か しゃべってるのがわかる
      > ぃぁ 話はしっかりとききとれないんだけどね
      > やばい?

        ん・・・まだ初期症状だね・・・その内、色んな事が聞こえてくる様になるよ・・・
        雑音、囁き声、命令、喧噪・・・色々とね。
        ボクの場合は、いきなり来るけれど・・・一番強いのは、道なんかを歩いてい
      ると、唐突に、「現実感」ってものがいきなりなくなって、世界から放り出さ
      れたみたいになって、頭の中が、そんなものでいっぱいになる時だね。
        ま、それでも生きていけるものさ・・・所詮は「内なる声」に過ぎないわけだ
      しね・・・


>つばつば 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)06時08分27秒

      > でも、そういうやばい実験データのお陰で
      > 右脳と左脳の働きの違いが解明されたらしいね。
      > 731部隊なみ♪

        そういう犠牲を経て、すべては進化していくのさ・・・
        ・・・「殺される為に生まれてくるモルモット」達のおかげでね・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)06時24分32秒

      > 戦後米軍に実験データ渡して無罪放免
      > 他の連中の中にはミドリ十字なんか作った奴もいる

        そう言えばそうだったね・・・血液製剤がどうって時に、それで騒いでいたっけ
      ね・・・ま、「ヒトを救う為にヒトを殺さなければならない」なんていうのは、い
      つでも当たり前の事だからね。ヒトすべてが幸せになるなんて不可能さ・・・

        関係ないけれど、この話で、ジョジョのチョコラータを思い出したよ・・・
        2個か!?3個か!?いじ汚いヤツめ! 


>ひとり 投稿者:毒電波山羊  投稿日:02月21日(日)06時30分22秒

      > そうだね 躁になったあとはとくに
      > 苦しいよ

        確かにね・・・ボクの場合は、それ程、酷い鬱にかかった事があるわけじゃないから、
      君の苦しみは分からないけれど、それでも躁の後はね・・・
        ボクは死ぬ元気すらない、なんてのはどうしようもなく不愉快で、その事で死にた
      くもなるのだけれど、その元気すらない・・・なんて悪循環を繰り返していたよ・・・
        最近は、どうにかなってはいるのだけれど。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/09(日)01時33分47秒 

      > 多くの人は、しゃべりすぎて自分を傷つけている。
      > 語ることは自分を傷つけないのに。
      > だってそれは祈りだから。
      > 祈りだから、つぶやくだけだっていいのだ。
      > 書くだけだっていいのだ。
      > 誰かに語ることを前提に、頭のなかで考えてみるだけでも、効果はある。

        すなわち自己満足。人は自己満足のみに為に生きうるものなのさ・・・この世は、
      誤解と妄想と思いこみの集合体で構成されているからね


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/15(土)04時14分31秒 

      > 眠りにつこうとすると涙がこみあげてきて
      > つらくなるよ・・・。

        泣きたい時は泣けばいいのさ。泣くのも笑うのも、壊れやすい「ヒト」の
      防衛規制だからね・・・言いたいだけ言って、泣きたいだけ泣くのは、他人には
      我が儘だと言われるけれど、そういう「人」達がヒトを壊すからね・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月08日(月)06時46分08秒

      > 要は絵が描けたってプログラム作れたって
      > 職が無ければ人間なんて簡単に精神崩壊しちゃうのさ…

        「職がなければ」というよりは、精神の支持基盤の問題だろうね。根拠のない
      自信程、脆いものはないし、達成感なくして人は、なかなか満足出来ないから
      ね・・・
        ていうか
        ボクは無職時期は、数年に半年ぐらいのペースであるのだけれど、生活が不規
      則になって、そこから自律神経失調が再発して、引きずられる形で鬱になったり
      もするよ・・・そういうのもあるんじゃないかい?



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/06/10(木)00時35分36秒 

      > へそ曲がりわーるど。
      > 意固地なだけです。
      > 能は無いがプライドだけは一人前わーるど。
      > クソ空白ばかりですけどね。

        ヒトからプライドを取ったら、何が残るっていうんだい?
        ヒトがヒトである為には、常にヒトである事を目指さなければならないのに・・・ね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/06/11(金)01時10分55秒 

      > アニメ映画「もののけ姫」のことを思い出していた。 
      > アシタカを始めとする人間は、荒ぶる神々の前ではほんのちっぽけな
      > 存在に過ぎなかった。 
      > それがいつの頃からか、傲慢にも人間が一番と思いこみ、神々を殺し始
      > めた。「自分よりも偉大な力」というものを考えたら、私が根強く持って
      > いる「自分は特別」という意識なんて、とるに足らないどうでもいいこと
      > のように思えてきた。 

        自らを成長させる為には、自らの創造主でさえ殺してこその成長さ・・・
        自分がいなくては、世界の何物も認識できないんだから、自分は特別だよ。ただ、
      忘れちゃいけないのは、世界のすべてのヒト達が、そう思ってる、って事だね。
        皆が皆、特別なのさ。あるいはヒトだけでなく、すべての生物がね。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/06/11(金)01時27分11秒 

      > 「自分は特別」という意識は根拠の無い感情でしかも役に立たない感情で
      > あることが分かった
      > まだ根強く「自分は特別」という意識があるのだが、「自分は中庸」とい
      > ういう風に考えることができたら、私の人生が変わるような気がする

        「自分にとっての自分」は常に特別な存在であり続けると思うんだけれど・・・違うかな?
        自分がなくなってしまったら、何もないのと一緒だからね。偉大なる神も、愛すべき何
      かも、楽しむべき事も、何もね。
        ただ、他人から見てみれば「自分」なんて知った事じゃないからね。自分がなくなろうと
      世界は回り続けるし、何も起きなかったのと一緒になるのさ・・・
        「自分は特別だけれど、何の役にも立たない」。そういう狭間でボク達は生きてるのさ・・・
        だからこそ、生きたい様に生きて、死にたい様に死ねばいい様な気もするけれどね。



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/06/05(土)02時40分13秒 

      > 突然だが、あんたはすべて物事を逆説的に捉えているような
      > 気がするんだが、俺の気のせいかな? ´ι`)y-~~
      > 例えば現実を、ブラウン管を見ているように醒めた目で眺める。
      > そして周囲からおかしな奴だと思われない程度に、パターン
      > 化した反応を見せる。
      > 結果、往々にして、ひどい無関心状態になる。
      > でもそれだと自分が生きている理由が無くなってしまうから、
      > どうでもいいような事に過剰に真剣に反応して、必死になっ
      > てしまう・・・
      > 俺の想像だが、あんたは感じすぎるんだよ。
      > しかし、無関心。
      > それを恥じて誤魔化そうとするから、どんどん悪い方に行っ
      > てしまう。
      > まあ、どうでもいいけどね・・・

        やあ。朦朧としてるボクに、そういう話を振るのかい?別にいいけれど。
        全体の一部を取り上げて反論するのは、あまり好きじゃないんだけれど・・・無関心で
      対処するなんて事は、この世界に一つもないよ・・・「人の命よりゆかしきものは、他に
      なし」って言うぐらいだしね・・・
        それと、生きている理由が分からないからこそ、生きてるのさ・・・
        感じすぎるかどうかは別として。



> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月19日(金)23時49分17秒

      > 実際に拳銃で撃たれたらどの程度で死ぬのかな
      > 足に2発、肩に1発かすった位はどうなんだろう
      > 距離とか種類にもよるか

        「いくら浅い傷をつけた所で、人を殺す事は出来ないし、逆に斬りつけ続ければ
      いつかは2次的なショックで死ぬ」という事を前提にした上で・・・
        外傷性のショックで死ななければ、死なないよ・・・
        警察の採用弾丸は38口径(SPL)と9mmだからね。ホローポイントでもなかったみ
      たいだしね・・・もちろん、撃たれたままで、放置しておけば別だけれどね



> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月18日(木)22時47分09秒

      > >  18日午前11時20分ごろ、東京都江東区有明の東京ビッグサイト屋上から外国人3人
      > グリーンピースとかピースボートとかイカガワシイねぇ。
      > 集団でぎゃーぎゃーわめいてウルサイ。
      > 誰もいないところで伸び伸びやればいいのに。

        自らの正義を世界の正義だと信じている白痴はどこにでも、いるものさ・・・
        彼らは、その自意識過剰を自覚しないままに、他人に意見を聞いて欲しがるから
      ね。すなわちそれが只の自己満足でしかない事に気づかず。
        自己満足でしかない正義を世界に押しつける事によって自己の正当化を図るなん
      て、故に白痴なのさ。地球を心配する前に自分ただ一人で自己を正当化出来ない自
      分の事を心配した方が、いいのにね。やれやれだよ。《SIGH》

       ていうか
       別にどんな動物が滅ぼうが、そのせいで100年後が死の星になろうが、10年後に人類
      が滅亡しようが、どうでもいい事だと思うんだけれどね?
       それより今生きてる今日の方が大事だと思うんだけれど。  


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月25日(木)23時15分12秒

      > 政治は力。
      > 力は正義。
      > 
      > いや、ファシストってワケじゃないけど。
      > 現実はそうなってる。

        「力ない正義に意味はなく 正義なき力に意味はなし」
        なんて言うけれどね・・・そもそも正義を定義するのが、パワーバランスだから
      しょうがない事なんだろうけれど、ね。


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月25日(木)23時20分42秒

      > 誰もハっきりとは口にしないけど、「強いものが正しい」んだよな。

        正しくは違うと思うけどね。「強いものが正しい」んじゃなくて、「強いから
      自己を正当化できる」んだよ。正義の概念なんて、そんなものさ・・・


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月25日(木)23時48分32秒

      > 正義=より多数の同意
      > って図式は成り立つのかな?
      > 
      > できれば理由もいっしょにね

        民主主義の正義・・・だね。正義の成立を、どの段階にするか、よるだろうけ
      れど。例えば、アメリカは、彼らの正義を、れそによって成立しているかもし
      れないけれどね。インドネシアの東ティモールもそうだろうし、コソボのKL
      Aもそうだと思うけれど。正義=世界的な国益の折衝と折り合いがつく、と定義
      するならば、っていうのはどうだい?


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月25日(木)23時57分55秒

      > 結局は「押し付けがましい力づくの正義」と「人権派の慈悲を請う負け犬の遠吠え」
      > なんだよね。

        あと「自分は正しいと信じる根拠のない妄想」とね・・・


> 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月26日(金)00時05分47秒

      > > その妄想をできる人=カリスマ
      > > なんだと思うよ。
      > 
      > -カ-ン-チ-ガ-イ-

        「人生と歴史と恋愛とは、複数の人間の思いこみと妄想が形成する壮大
      なる勘違い」って言うじゃないか・・・そんなものだよ・・・<*sigh*>
        ていうか
        明日も仕事なんだね・・・ああ・・・ボクは疲れたよ、パトラッシュ・・・


>  投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月26日(金)00時19分54秒

      > 別に国家的規模のことじゃなくても、企業のような小集団でも
      > リーダーシップには多少のカリスマ性って必要じゃない?
      > 統合の象徴が「神」で、行動の規範が「カリスマ」みたいな。

        ん・・・正確な意味でのリーダーシップは、その通りだと思うけれど。一般的に
      は違うみたいだね・・・「仕切屋」だからね。もっとも、それは利用されているだ
      けなんだけれど。
        統合の象徴が「神」っていうのも利用されているだけ、って感じもするけれど
      ね。「神は人を作り、人は神を」・・・なんていうしね・・・
        君の意見には同意するよ
        ていうか
        投稿者名忘れすぎ。指摘してくれた仔羊は有り難う・・・


>馬鹿者! 投稿者:毒電波山羊  投稿日:03月26日(金)00時33分02秒

      > カリスマって、それを求める諸個人そ精神の内に
      > あらかじめ存在してるんじゃない?
      > カリスマの登場によって何かが喚起されるというより
      > 既に人々に内在してる何かがカリスマに投射される感じがする。

        それはあるだろうけれどね。結局「カリスマが時代を作る」よりも「時代に合った
      カリスマが作られる」事の方が多いだろうしね・・・もっとも問題は、その投影されるべ
      き存在が、とんな条件なのか、っていう事だと思うんだけれど。
        でも「投射」を持ち出すと、神からUFOまで入るからね・・・  
        ていうか
        明日仕事の上に眠さに耐えきれないみたいだね、パトラッシュ・・・
        おやすみ・・・ボクは、もう疲れたよ・・・



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/19(水)23時14分31秒 

      > 戸川純といえば、女の生理を和風ホラー映画のごとく歌った「玉姫様」やラ
      > ンドセル背負った「電車でGO!」、片腕アンドロイドの「レーダーマン」、
      > あるいは、トイレのコマーシャル(マゾヒスティックな自己破壊欲望のあらわ
      > れだと思う)のイメージが強烈で(当時、女性週刊誌やワイドショーがどれほ
      > ど取り上げたか)、マニアなら「パンク蛹化の女」や♪牛のように豚のように
      > 殺されていい「諦念プシガンガ」のシュールなラヴソングを思い浮かべるね。
      > でも、かの有名な戸川純のエッセンスにふれたければ、ビデオ『裏玉姫様』を
      > 見るのがてっとり早いよ。
      > というか、見ろ。ヽ('Д'*)ノ
      > とくに、10代で自分は個性的だとカンちがいしてるようなバカは自分がいかに
      > 平凡かを思い知るだろう。
      > たんなるムチャな逸脱なら簡単だが、戸川純の場合、内向的で考えすぎてしま
      > った人間のキチガイが、ちゃんと芸になってるわけだね。
      > これの最後に、TOTOのCM映像がおまけでついていれば、オール・オブ・
      > 戸川純な作品。(´ー`)y-パイポ

        ボクは「孵化の女」が好きだけれどね・・・個人的にパッヘルベルのカノンに歌詞
      をつけたものでは、一番だと思うよ・・・あとは「バーバラ・セクサロイド」とか
      「昆虫軍」とか・・・ゲルニカの曲は、あまり好きではないんだけれどね。
        関係ないけれど、レーダーマンはナムコの社内ユニット「マニキュア団」がカバー
      していたね。



>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/18(火)00時06分26秒 

      > そんな事、別にどうでもいいじゃないですか ┐(´Д`)┌
      > そりゃあ、自我を大切にするのは重要だと思いますよ。
      > でもだからといって、本筋に関係のない揚げ足取りはやめま
      > しょうよ。子供じゃないんですから。
      > よくいるんですよ。
      > 御自身が覚えたての知識や用語を、得意がってべらべらとナ
      > ントカのひとつ憶えみたいに喋りまくって、あげく他人が知
      > らないとみるや、ギャアギャアと責め立てる可哀想な方が。
      > ┐(´ー`)┌(神経症の学生とか、オタクの方とか)
      > それに、あなたのその冷静を気取った嫌味たらしい文章より
      > は、私の方がよほど人間味が有ると思いますよ(´ー`)y-~~

        ん・・・テンプレートだね・・・でも悪いけれどマジレスするよ
        とりあえず、どこが専門用語なのかは置いておくけれど。君の言う通りだよ。
        「自分が何なのか」なんて事は、どうでもいい事なんだよ。はっきり言って
      ね。でも「どうでもいい事を考えるから」人であり得るのさ・・・
        マジレスキャラのボクにテンプレートは無用だよ・・・うざいだけだからね。ボ
      クが君達にとって。


>位Д牌  投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/18(火)00時10分44秒 

      > つまり1秒前の自分と今の自分が同じ自分なのかとういう疑問をいだける
      > ことが「私」という自我の根源ということか?よくわかんないけど。

        ん・・・まぁね。でもこういう考えもあるけれど。詳しい人から突っ込まれ
      るのを覚悟で言えば、君は君が認識する存在だけじゃないからね。君を見た
      人による君の印象も君だからね。もちろん、それは他人の「記憶」「認識」
      である以上、集団妄想に過ぎないのかもしれないけれど。
        でも集団妄想は、それが妄想だと気づかない限り、現実だからね。そして
      君の「身体」は物体として(突っ込みどころ)確固として存在するわけだか
      らね。自分にとっての自分、しか本来は意味をなさないものなのだけれど、
      生きている以上は、君にとっての君、他人にとっての君、物体としての君、
      そのはざまで生きていくしかないのさ・・・勿論、ボクも、誰しもがね


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/18(火)00時22分37秒 

      > そんな風に無意味に言葉をもてあそんで、虚しくはならない
      > のですか?
      > あなたは、孤独な人ですね。
      > あなたの頭の中に詰まっているのは言葉だけで、何をするに
      > も、とりあえず言葉と、それで作り上げた観念が必要なので
      > しょう?
      > 可哀想な人ですね....

        ええと・・・これもテンプレートなのかな?よく分からないんだけれども。
        さっきも言ったけれど、「無意味」「無駄」こそ人の本文だと思っているからね。
      「寄生獣」のミギーの明言を引き合いに出す程でもないけれど。
        言葉だけが詰まっているんなら、もっと楽に生きられるし、それを言葉以外の何か
      で表現する事が出来れば、ますます楽なんだけれどね。「絵」ですら、人は言語的
      にしか捉えられなかったりするしね。
        孤独でもナルシシストだから、大した事はないし・・・それでも生きてるし、ボクが幸
      せだからね。でも、例え皮肉、嫌味でも心配してくれて有り難う。なんて、マジレス。


>   投稿者:毒電波山羊  投稿日:1999/05/20(木)23時48分41秒 

      > ずいぶんと、抽象的な言葉を使う奴だな。~~-yζ゜)
      > そのわざとらしくて難しい言葉に、酔っているんだろう?

        ・・・ん・・・それがボクのキャラだからね・・・

      > オタク独特の臆病さ、子供っぽさを感じるよ。
      > あんたの書き込む言葉は、すべて本の受け売りだよ。
      > 丸暗記、あるいは多少作り替えただけの言葉を、まるで自分
      > が思い付いた思想であるかのようにまくし立てているな。
      > あんたには人を殴り付けるだけの体力も無いんだろうし、か
      > と言って、抜きんでて頭が良い訳でもない。
      > 自分が小利口なだけの馬鹿である事にも気付いていないから、
      > 意地になって、言葉の暴力に磨きをかけている。
      > あんたの言葉は、ただの借り物。
      > 実に、嫌らしいよ・・・

        小利口とは光栄だよ。誉められるとは思っていなかったからね・・・有り難う。
        ところで・・・ここまで情報が溢れてる中で、オリジナリティを完全に保つ、なんて
      不可能だと思うのだけれど。むしろ逆にオリジナリティを保とうとすれば、他人の
      本なり、何かなりを得ていかなければならないけれど、それは逆にオリジナリティ
      を失う事でもあるよね・・・?
        つまり、ある意味でのオリジナリティは、情報を自分に合わせて取捨選択して、
      自分なりに融合させて、別の形に作り上げる事・・・だと思うんだけれど。君の言葉
      は、最初から君にあったとは思えないけれどね・・・それは親からの借り物なんじゃ、
      ないかい?
        ていうか
        マジレスするから、テンプレートに狙われるのかな?



>   投稿者:苺雷波山羊  投稿日:2001/06/27(水)01時16分56秒 

      > 横レスだが
      > ようは神のせいにしておけば丸く収まるつーことかな
      > 不具者や不幸なものはそれだけ神に愛されているんだという事にしておけば
      > 愛されてるからこそ試練が大きいのだと
      > 少なくとも(精神面は)救われるからね

        手っ取り早く言うとそういう事だろうね。笑

        で──何気なく考えた事があって、あまり本題とは関係のない事だから、馬鹿話程度に
      読み流してもらえるとありがたいのだけれど・・・

        そもそも「盲目」はシャーマニズムの大きな要因でもあるね。柳田國男が書くような、
      「隻眼の巫女性」を引き合いに出さなくとも、恐山のイタコは盲目が多かった事は事実だ
      し、どこのシャーマニズムにおいても盲目ないし片目である事は、シャーマニズムの技術
      を手に入れる方策の一つなわけで。
        これは、「現実を見えなくする事で、他の世界を見る術を得る事」であるのだけれど、
      それはこの際、置いておくとして。

        「キリスト教は宗教ではなく、伝染病である」と言ったのが何という名前の神学家だっ
      たか失念してしまったのだけれど、確かにそれは事実で、キリスト教が他の宗教を迫害し
      吸収し融合し──「食いつぶす」形で大きくなっていったのは確かだね。
        ただ、それがすべてではなくて。元々キリスト教というのはシャーマニズムを元にした
      宗教であると言われているのだけれど。同時に、例えば韓国やインディアン──ネイティ
      ブ・アメリカンと言った方が?笑──の社会においては元々存在していた「民間信仰とし
      ての」シャーマニズムが素地となってそれを受け入れている事から考えて、決して相性が
      悪いものじゃない。
        権力を得てからのキリスト教はそうではないけれどね。

        と、考えればこのエピソードは多少なりとも「キリスト教とシャーマンの関係」につい
      て示唆していると見る事も出来る・・・のだけれど。

        だけれど、これのエピソードが書かれているのは「ヨハネ福音書」だからね。新約聖書
      にある四福音書の内、「共観福音書」──マタイ、マルコ、ルカの福音書──とは違って、
      ヨハネ福音書はだいぶ後の時代にまとめられたもので、一般的にはキリストの三位一体に
      よる神の論証が独自資料なんかによっても行われているものだと言われているからね。

        そう考えれば、盲目の治療はキリストによる「シャーマンを現実世界へ突き飛ばすエピ
      ソード」であって、シャーマニズムからグルイズムへの変遷──「誰でもシャーマンにな
      る素地を持っている」概念から、「神の御子は只一人、そしてそれを司る事が出来るのは
      教会だけ」──を表している、なんていう皮肉な見方をする事も出来るかな・・・

        なんて、考えたんだけれどね。もっとも、聖書は古事記じゃないから、ただの遊びとし
      ての思考実験以外の、何物でもないのだけれど。笑



     毒電波山羊集 その1 その2 その3 その4 その6 その7
     その8 その9 死して屍 電波親父 肝油菩薩 某Jの日記


あやしいわーるど@クリスマス島 & Rebirth(閉鎖) からの転載をまとめたものです。


コンテンツ:びでメール エロゲ 森の妖精 ルーザー 湖畔論 スワティ 替え歌 (゚Д゚)ハァ?

   gsの野望 AGSの野望 クエスト まったり 文学系 ぴかちう 油日記 ぶり読み ミーシャ


戻る 


inserted by FC2 system