だせえ君回顧録


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:03月14日(木)22時52分26秒  ■  ★ 

      だせえ君回顧録@腐れ関西編

      第1話 関西との出会い

      俺がどうして関西に対して特別な感情を持つようになったかを、おまえらに
      話して聞かせてやる「だせえ君回顧録@腐れ関西」第1話だ。

      俺と関西人の最初の出会いは学生の頃アルバイトをしていたコンピュータ関係
      の会社にいた社員O田である。当然それまでも関西人とのつきあいはあったの
      だけど印象深い関西人としては彼が最初である。

      地方訛りというのは東京に来たら隠す物だと思っていたのに、O田は堂々と
      しかも大きな声で地方訛り(関西弁)丸出しで喋っていた。性格も横柄だし
      自分の価値観を人に押しつけるし常に自己を正当化し自分の考えを曲げない
      横暴さに頭に来て、ある日バイト学生5人全員を束ねて『今日で全員辞めま
      す』「何か気に入らん事でもあるんか?」『おまえの性格とおまえの関西弁だ
      な』そう捨て台詞を残して全員で辞めた事がある。

      それ以来、俺の中では【関西人=自分が常に正しいと思っていて、ネチっこ
      くて、セコくて、横柄なやつ】という固定観念が出来上がっていた。

      つぎに深く関わった関西人は社会人になって、しばらくしてからつきあった彼女
      M美だった。ムチムチのナイスバディでベビーフェイスという当時の俺の好みにぴったりだ
      ったM美が大阪市出身だと聞かされたのはつきあい始める少し前だった。俺は
      M美に完璧にハマっていたので関西人だろうが北朝鮮のスパイだろうが構わな
      かったのである。

      M美は全く関西の臭いを感じさせず、おれの前では関西弁はほとんど喋らない
      し(何度か喋ってくれと頼んだのだが、少ししか喋ってくれなかった)性格は
      ちょっと自我が強い感じもしたけどかなり大人しい感じだった。

      M美とつきあって1年後、M美の両親が「大阪へ帰ってこい」と言い出した。
      当然俺は反対したのだが、お嬢様育ちのM美は両親の説得に逆らえきれず
      大阪へ帰ってしまった。それ以来俺たちの遠距離恋愛が始まったのだ。

      俺は月に1度連休を取り、2泊3日で大阪へ出かけた。なんと年間36日間
      1年の1/10を大阪で過ごす生活が2年続いた。しかも遊んでいる時間で考え
      れば関東で遊ぶ時間より関西で遊ぶ時間の方が長い状態だったので、大阪の
      人間より大阪での遊びに詳しくなっていたくらいである。当時の購読雑誌は
      「関西ウォ−カー」だった。

      そして、それから関西圏で体験した色々な事が、俺の関西人への愛着と憎悪と
      いう相反する感情を育てていくのだった。

      つづく


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:03月19日(火)21時51分00秒  ■  ★ 

      だせえ君回顧録@腐れ関西編

            第2話 はじめての大阪

      北海道、沖縄、九州などへは何度も出かけた俺だったが大阪は行ったことが
      なかった。まあそれも無理の無い事で【通天閣】や【食い倒れ人形】ごときを
      観光資源とし名物と言えば【たこ焼き】と呼ばれるジャンクフードしかない地方
      都市に、それまで用など無かったからだ。しかも【大阪弁】なる特殊な言語を
      用い、これを喋らない人は【よそ者】と呼ばれ冷たくあしらわれると聞いては
      尚更である。

      JAL103便で伊丹空港に降り立った俺は空港施設のショボさに驚きつつ大阪市内
      へ向かうバスに乗り込んだ。頭を短く刈り込み脂ぎった耳たぶを光らせる運転手
      を見ながら『へえ、これが関西人か』と思った。バスの車内前方にはスライド
      式で切り替わる広告板が置かれている。ホテルの広告を5秒間表示すると次は
      洋菓子店の広告を表示するという具合だ。1つの広告スペースで効率よく儲け
      ようという関西人の情熱が伝わってきた。

      バスが丸ビル前のバス停に着く、はじめて大阪市内へ足を踏み入れた瞬間だ
      った。上を見上げると丸ビルの一番上で広告塔が動いていた、こんなところで
      広告代を稼ぎ建築費の元を取ろうとする関西人!俺は目眩がしてきた。

      腹が減った俺はヒルトンプラザ近くにあるスパゲティ屋に入った。時間が中途半端
      なので広い店内に客は俺を入れて3人ほどしかいない。最初に出てきた水を飲んで
      思わず唸った『まずい・・』まるで淀川の川を汲んでそのまま塩素を混ぜたのでは
      ないか?と思ったほどだった。味にうるさい大阪人というのは嘘なのだろうか?

      しかし注文した「たらこスパゲティ」はなかなか美味かった。食い終わって
      食後のアイスコーヒーを飲んでいると、何と20代前半くらいのウエイトレスが
      話しかけてきたのだ「お客さん、どこから来はったの?」・・・しまった!
      注文を受けたときにイントネーションでよそ者である事がバレてしまった
      ようだ・・・・俺は緊張した、どうしてウエイトレスが話しかけて来るんだ?

      『ち、千葉です』俺は観念して答えた。「えええ、千葉ってどこにあるん
      やったっけ?」後ろにいた男の店員に聞いている。何と馬鹿なやつだ。千葉
      の場所も知らないとは・・これが大阪人の平均的知能レベルなのだろうか?
      男の店員は得意気に「本州の真ん中に下へ出っ張っる半島があるやんか
      あれが千葉県や」房総半島の事を言っているのだろう、そして「その千葉
      の上にあるんが東京や」やっぱりコイツらは馬鹿だ。文教都市千葉県と日本
      の首都東京都の位置関係すら把握していない、子供の頃から吉本新喜劇ばかり
      見て育つとこういう人間が育ってしまうのだ。

      俺はそれ以来、腐れ関西でどこから来たか聞かれると『東京』と答え「東京の
      どこ?」と聞かれたら『船橋』と答えるようにしている。


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:03月21日(木)01時21分25秒  ■  ★ 

      だせえ君回顧録@腐れ関西編

            第3話 排他的=田舎者

      大阪に住む当時の彼女M美はお嬢様育ちで親も厳しく外泊など滅多に出来ない
      状態だった。だから俺が大阪にいる時もN子は夜には家へ帰すしかなかったのだ。

      夕食を一緒に食べ、駅でM美と別れてホテルに向かう途中、俺は必ずパチンコ屋へ寄った。
      不思議な事に大阪では面白いくらいにパチンコで勝てた。10回のうち8回は
      勝っていたと思う。パチンコでその時の旅費を稼いでしまう事も珍しくなかったのだ。

      その日もM美と駅で別れ、いつものホールVictoryへ入った。いつものシマで打ってい
      ると隣の男が当たりを引いた。その台は赤い数字で揃えば確変(確率変動と言って
      次の当たりが必ず来る)で青い数字だと通常の当たりとなる台だった。
      赤い数字で揃えば店員が【無制限】の札を持ってくる。となりの男は青い数字で
      揃ったので確変では無いのだが初心者のようで、それが理解できないらしい。

      店員が札を持ってこないのを不思議に思った彼は、俺に「なんで札をもらえへんの?」
      と聞いてきた。俺が「赤で揃わないとダメなんですよ」と答えると男の顔に衝撃が
      走ったように見えた。男は何も答えず台の方を向いた。また、近くに座っていた人達も
      一瞬俺の方を見て固まったように思えた。「しまった!」と思った。またしてもよそ者
      である事がばれてしまったのだ。

      反対側で打っていたオッサンは相当負けたらしく帰り際、灰皿の中の吸い殻を空の
      ドル箱にぶちまけている「なんてセコイ嫌がらせをするんだろう」俺が咎める様な
      目で見ていると、そのオッサンは「東京もんに持っていかれてもうたわ!」と言って
      俺と俺が積んでいるドル箱を睨み付け去っていった。不愉快だが、ここではよそ者だし
      勝っているので我慢するしか無い。

      3万ほど勝った俺は、ホテルに真っ直ぐ帰らずおでん屋に入った。「生ビール下さい
      あとアツアゲとチクワブと・・・」しかし女の店員は顔をしかめて「え?アツアゲって何?
      チクワブって・・・これ?」店員だけでなく周りの客も一瞬冷たい目で俺を睨んだ。
      「しまった・・・」

      どうして、こうも関西人は排他的なのか?これが東京だったら関西弁喋る奴もいて
      東北訛りの奴もいる、博多弁の奴がいるのも普通だ、それが都会なのだ。色々な
      ものを受け入れるのが都会だろう。関西地区で一番の都会である大阪がどうしてこんな
      に排他的なのか?俺はそれを考えながら一人ビールを飲み干した。勘定を払った時
      店員は俺に「ありがとうございます」と言った。他の客には「まいど!おおきに!」と
      言っていたのに・・・

      次の日は京都へ行く予定で、昼ご飯はうどん屋に行くつもりだった。間違っても
      「たぬきうどん下さい」と言わないようにベッドの中で予習をしてから寝たのだった。

      第3話終わり


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:04月07日(日)03時08分20秒  ■  ★ 

      だせえ君回顧録@腐れ関西編

            第4話 彼女の両親

      当時の彼女だったM美の家は大阪市内でインテリア関係の商品を扱う店をやっていた。
      それほど手広く商売をやっているようには見えなかったが、大阪市内に2棟のマンションを
      建てたくらいだから、そこそこ稼いでいたのだろう。けっこう質素な暮らしをしている
      ように見えてしっかり貯め込んでいたようだ、さすが腐れ関西商人である。

      その両親からすると、頻繁に大阪へ来ている俺が自分たちのところへ挨拶に来ないのが
      不満だったらしく彼女も俺に「今度来る時は両親に会ってね」と言うのが口癖になっていた。
      彼女の両親は「大阪に住むのでなければ結婚は絶対に認めない」と常日頃から言っている
      のを聞いていたので、俺としては会って話をするのが嫌で仕方がなかった。結婚を前提に
      付き合ってはいたが、俺としては「結婚したい」ではなく「結婚しても良いかな」くらいの
      気持ちであったので、どうしても会うのを先延ばしにしてしまいがちだった。

      ある時、ついに折れて両親に会うことになった。梅田の地下街にある地方の特産品売り場で
      千葉の落花生を買って彼女の家へ向かう。そこは住まいと店舗が一緒になったところで、
      俺は店の事務所に通された。彼女も緊張していたが、俺はもっと緊張していた。
      相手は彼女の両親であり、しかも腐れ関西人である。
      いきなり関西弁で罵倒されたら、どうすれば良いのだろうか?

      事務所で待っていると倉庫のような所へ通じる出入り口から彼女の母親の声が聞こえた。
      向こう側は暗くなっていて様子が見えない「M美、そこへ座ってもらいなさい」
      俺は彼女に椅子を出してもらい、そこへ座った。彼女は母親に向かって
      「なんで、そこにいるの?出て来てよ」と声をかけた「ここでええわ」母親が答える。

      なんと、はるばる数百kmの道のりをJR→モノレール→飛行機→バス→地下鉄→
      南海電車と乗り継いでやって来て、千葉特産の落花生まで持参してきた俺に対し、
      彼女の母親は顔も見せず暗い場所から一方的に俺の様子を伺っているのだ。
      いくら何でも酷すぎる話ではないか?「お父さんもいるんでしょ?出てきてよ」
      どうやら父親も暗がりからこちらを覗き込んでいるようだ。彼女が呼びかけても
      父親の反応は無い。彼女は倉庫の方へ入って行き両親と話をしている「あんまりやんか、
      せっかく来てくれたのに」「お姉ちゃんの彼みたいなお調子者や
      ないねんて」「言いたいことあるんやったら直接言うたらええやん」彼女の声は聞こえるが
      両親の声は一切聞こえなかった。俺はただ黙って、そこに座っているしかなかった。

      俺は何も見えない出入り口に向かって挨拶をして店を出た。商店街の人たちが盗み見る
      ように俺の事を見ている
      今日、俺が来ることを皆知っていたのだろう、好奇の目に晒されながら早歩きで国道の
      方へ向かった。M美が走って追いかけて来る。両親の非礼を詫びるものと思っていたが
      彼女は何も話さなかった。

      その後、大阪に行っても彼女の家に行くことは無かった。しかし彼女の両親は
      「どうして挨拶に来ないのか」とその度に文句を言っていたのだそうだ。
      彼女は「もう1度来てくれたら、ちゃんと会って話を聞いて貰えるはずだから」と言う。
      そうなのかも知れないが2度と行きたくはなかった。その年の暮れに電話で彼女が言った
      「1月に来る時、両親に挨拶に来てね、嫌だというならもう貴男とは会わないから」
      『そうか?勝手にしろ』

      それ以来電話もかかって来なくなった。元旦に届いた彼女からの年賀状は、別れ話の前に
      書かれた幸せ一杯の文章が並んでいる。俺は5分間くらい、じっとその年賀状を眺めてから
      ゴミ箱へ捨てた。

      第4話終わり


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:04月18日(木)20時49分35秒  ■  ★ 

            だせえ君回顧録@腐れ関西編

                  特別編 関西のホテル

      ほとんど反響が無い回顧録@腐れ関西編なので、今回は今まで泊まった腐れ関西地域の
      ホテルについて感想を述べてみようと思う。俺は以前からサービス業に関しては関東より
      関西の方が10年進んでいると思っている。しかし、それは主に公共交通や一般の商店、
      レストランなどサービス向上が比較的遅れている分野においてであってサービス競争の
      激しいホテル業界にあってはどこも同じようなものかなと思う。

      1.ホテル関西
      兎我野町の関西テレビ付近、妖しげな街中に立つビジネスホテル。俺が大阪へ行って
      初めて泊まったホテルがここだ。当時はホテルなんてどこも最低限のクォリティは保たれて
      いるものだと信じていた俺に、このホテルは衝撃を与えた。シングルで一泊6000円前後の
      値段で泊まって文句を言うなと言われるかもしれないが都内でも横浜でも、この値段で
      小綺麗なホテルはいくらでもあるのだ。部屋にはいると驚かされたのがその狭さだ、なんと
      ほぼベッドの幅しかない。TVを置くスペースが無いので壁に棚を作り、その上にTVが
      置いてあった。窓は一応あるのだが開けてみると、そこに見えたのは隣のビルの壁だった。
      しかも手を延ばせば届く距離に壁がある。窓から景色が見えないホテルに泊まったのは、
      ここが最初で最後である。しかも、このホテルのシングルルームへ行く通路には「女性立入
      禁止」の看板がある。ホテル近くに立っているお姉ちゃん達を連れ込まないようにして
      いるのだろう。このホテルに泊まって以来、俺は安いホテルに予約を入れるのが怖くなって
      しまう。

      2.ホテル阪神

      ホテル関西に連泊する予定だった俺は2泊目をキャンセルしホテル阪神に泊まった。
      今は俺が泊まったホテル阪神は取り壊されて移転してしまっているが、値段の割にサービスの
      質が良く立地も良かったので、その後数回にわたって利用させてもらった。建物は古かったが
      古き良き時代の日本のホテルといった感じで、居心地の良いホテルだった。あまり高級な
      ホテルというのも気疲れしてしまうし、かと言って安いホテルではちょっと悲しくなる。
      一人で泊まるなら、この位のクラスのホテルが1番自分には合っている気がする。

      3.プラザオーサカ

      大阪の人も知らない人が多いと思うが阪急電鉄の十三駅から徒歩7分くらいのラブホテル街の
      中に立つ比較的大きな規模のビジネスホテルである。シングルで7000円前後だったと記憶して
      いるが、その値段なら納得できる設備を備えたホテルではある。しかし客層が悪く、ほとんどが
      白ナンバー(違法営業)の観光バス等でやってくる三国人の団体観光客といった感じである。
      またバイキング形式の朝食は結婚披露宴会場でとらされ他の客と相席で円卓で食わされるのには
      参った、しかも不味い。しかし十三というのは関西風味が色濃く残ったディープな街であり、
      俺はかなり気に入っていたのでこのホテルは何度も利用させて貰った。近くにあるトヨタレンタ
      リースに置いてあった白いスターレットは、かなり頻繁に乗ったので自分の車のような愛着を
      感じていたし、関東の住人のくせに財布にはいつも阪急電鉄のラガールカードが入っていた
      くらいだ。この十三という街には決して有名ではないが安くて美味い店がたくさんあった。
      余談だが、俺が十三に行っていた頃に良く行っていたパチスロ店で、あるぁゃιぃ住人が
      アルバイトをしていたそうで、もしかしたら何度か会っていたのかもしれないというか
      間違いなく会っていたと思う。

      4.大阪東急ホテル

      ここも4〜5回利用しただろうか?新御堂筋沿いに建っているので大阪駅から行くと
      どこにあるのか分かりづらく、初めて言ったときはなかなかたどり着けなかった。
      会社を通すと安く泊まれるので助かったが、ラックレート(一般料金)の値段はちょっと
      高すぎるなと思った、部屋もそれほど広くないし。東急系列はこういう感じのホテルが
      多い気がする。余談だが、パチンコで取った景品のお菓子を掃除の時に勝手に捨てられて
      しまいフロントに文句を言ったら高級そうなクッキーを持って来てくれた上にルーム
      サービスをタダにしてくれた。

      5.三井アーバンホテル大阪ベイタワー

      ここはとても立派な建物で部屋も高級な感じなのに凄く安かった。大阪環状線の弁天町という
      ところで、遊ぶにしては立地的にはイマイチなのだが、それさえ気にしなければお奨めのホテルだ。
      運良く高層階の部屋に当たれば、かなりリッチな気分になれる。格安料金と行ったけどあくまで
      会社を通したコーポレーション・レートでの話。ただしラックレートでもツインで1万数千円くらい
      だったと記憶している。ただし周りにはあまり遊べるところはないし、裏手にあるパチンコ屋は
      全く出なかった。

      6.リーガロイヤル大阪

      関東地区ではリーガというのはそれほど高級イメージはないのだけど西日本ではとても
      イメージが高いらしいと聞いていたので、ちょっと楽しみにしていた。ところが泊まってみたら
      何の感動もなく、ただの規模が大きい高級めのホテルという感じだった。まあ泊まったのが
      一番安い部屋の集まった棟だったので仕方ないのかもしれない。本当はデラックスルームを
      取りたかったのだが、その日は大阪市内のホテルは、どこも一杯でその部屋しか取れなかったのだ。
      そういうわけでフロントでも大分待たされたりして全然いい印象がない。断っておくと期待度が
      大きかっただけにそう思うわけで、実際には設備もサービス内容も一応トップレベルでは
      ありました。ただ俺的にはそれらを越えたちょっとした感動を与えられるのが高級ホテルだと
      思っているのだ。

      ウェスティン大阪

      ここではエグゼクティブフロアのコーナースイートに泊まった。それはもう笑ってしまう
      ような高級且つ広い部屋で本当に良い思いをさせて貰った。自分が住んでるマンションの
      3倍はありそうな広さの部屋で、一生縁がないであろうと思われる高級家具に囲まれ、
      大阪の街が一望できる部屋で飲む酒は最高に美味かった。ウエスティンホテルのベッドと
      いうのは特別仕様のものらしくて本当に寝心地が良い、出来ればもう一度あの部屋に
      泊まってみたい。ただ、こういう部屋に泊まってしまうと、普通の部屋に泊まるのが寂しく
      なってしまう。人間は一回贅沢を覚えると戻れなくなるというけど本当だと思う。

      ウェスティン淡路

      ここもスイートルームに泊まったのだが冗談のような広さ&豪華さだった。部屋に入るまでの
      通路からしてVIPの通り道って感じで気分を盛り上げてくれ、バルコニーも広いし窓もメチャ
      クチャ大きい。部屋からの眺めも素晴らしかったし調度品や家具の高級さもまさに本物という感じ。
      ここまで来るとホテルに泊まるという事だけで一生の思い出になるイベントになりうると言ったら
      言い過ぎだろうか。とにかく一緒に行った子が本当に喜んでくれたのが一番嬉しかった。
      淡路牛が食いたくて夜の飯を車で20分程の距離にある焼き肉屋にしてしまったのを後悔している。
      まあ、そこも美味しかったのだけど、せっかくこういうホテルのスイートに泊まったのだから
      ホテル内のレストランで豪華に食べれば良かった。

      ホテル阪急インターナショナル

      大阪東急ホテルに泊まっていた時に、いつか泊まりたいなあと思いながら見上げていた
      茶屋町にそびえ立つ大阪屈指の高級ホテル。ここのデラックスツインに一泊したのだけど
      下手なホテルのスイートルーム並の設備だった。デラックスダブルで一泊3万3千円
      (イベントレート)だったと記憶しているが十分納得できる値段だ。予約の時に上層階を
      指定しておいたので大きい窓からの眺めも最高で、電動で開閉するカーテンが嬉しくて
      何度も操作してしまった(笑)
      朝食は思い切ってルームサービスで頼んでみた、一度これがやってみたかったのだ。
      ところが朝食の時間まで寝ていて二人ともバスローブ姿のままだったのでルームサービスを
      運んできたボーイが、とても居心地悪そうだった。何よりも特筆すべきはスタッフの質の
      良さで、高級ホテルなのに変に気取ったところがなく暖かく接してくれる。梅田周辺では
      俺の一番のお気に入りだ。

      タイプするのに疲れたので、続きはまた今度 (;´o`)


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:06月09日(日)00時16分33秒  ■  ★ 

      誰も期待してないと思っていた、回顧録@腐れ関西のホテル編について
      続編を希望する声があがったので書いてみた。これの次は「腐れ関西の
      観光地編をやってみたいと思う。

      ヒルトン大阪(梅田)

      旧ホテル阪神に泊まっていた時に、いつかは泊まってみたいなあと思いながら、
      このホテルを見上げていた。このヒルトン大阪は大阪駅前にとても偉そうに
      建っているのだ。大阪駅前ビル等の前時代的なショボいビル群の中で一際異彩を
      放っている感じである。一人での宿泊だったのでシングルルームに宿泊。
      サイバーレートとか言うネット予約の料金で一泊2万円、シングルにしては
      部屋は広くさすがに手入れの行き届いた部屋だった。チェックアウトの際に
      いくつか面倒な頼み事をしたんだけど、快く迅速に対応してくれた。
      ちょっと敷居が高い感じはあるけどやはり高級ホテルというのは泊まってみると
      満足感がある、これで2万円ならまあ納得出来る値段だろう。ただホテルに一人で
      泊まるのは本当に寂しい、個人的な理由から関西地区では尚更そう感じるのだ。

      ホテル日航大阪(心斎橋)

      何十回も大阪で泊まったけど不思議とミナミのホテルに泊まったことはそれまで無かった。
      ミナミで泊まる時はここにしようと決めていたのだ。つーかキタに比べてミナミはまともな
      ホテルが少ない気がする。この日航ホテル以外ですぐに思いつくのは南海サウスタワーくらいか。
      シングルルームに泊まったが部屋の広さ、アメニティ、設備、サービスも申し分なく
      改装したばかりだったので気持ちよく過ごすことが出来た。ただシングルルームに
      連れの女の子を連れ込むところをホテルのスタッフに見られてしまい、気まずい思いをした(笑)

      宿泊約款には、来訪者とはロビーで会うようにと書いてあるところが多いけど、
      シングルルームに宿泊中に人を招き入れる行為というのはホテル側からすると実際どうなのだろうか?
      一度、梅田の別のホテルで朝方の4時半くらいまで部屋で一緒にいた(つーか酔っぱらって寝ていた)
      ことがあるんだけど、この場合はもう宿泊した事になるんじゃないだろうか?
      考えてみるとシングルを予約して、そこに女を連れ込むことは何度か経験してるけど、
      そういう時はロビー等で女の子を待たせ、一人でチェックインし部屋に入ってから携帯で
      部屋番号を教えて部屋に来てもらうというやり方をしている。これってとてもカッコワルイので
      何とかしたいんだけどな。

      神戸ハーバーランドニューオータニ(神戸/ハーバーランド)

      ここはウェスティン淡路のスイートルームに泊まる前日だったので、通常のツインルームを予約した。
      っていうか翌日のスイートルームの豪華さを際だたせる為にも、あまり豪華な部屋をとらない方が
      良いだろうというセコイ作戦でもあった(笑)ところがフロントでチェックインの際に
      「キャンペーン中ですのでくじを引いて下さい、当たると部屋をアップグレードします」と言われ、
      くじを引いてみたら「おめでとうございますデラックスルームへアップグレード致します」と
      言われてしまった。オータニというと御三家の中でも経営難によるリストラでサービスの質が
      落ちていると言われているが、実際泊まってみてこれといった不満はなかった。
      部屋もサービスも十分納得いくレベル。

      俺は三宮近辺は好きじゃないがハーバーランドは好きだ。ここに泊まる以上はハーバーランドを
      満喫しようと思っていたのだけど、後からやって来た女の子がとてもセクシーな格好で部屋に来たので、
      ハーバーランド内の店の営業時間が終了するまで頑張ってしまったのだ(;´Д`)
      激しい空腹に気付いた二人がハーバーランドの飲食街へ行った時には既に真っ暗になっていた。
      えらく惨めだったけど、まあそれも良い思い出だな。

      新都ホテル(京都)

      都ホテルというと以前から良いイメージが無かった。名古屋の都ホテルなんて早朝の
      チェックアウトだったからか、対応したフロントマンは終始無言で、会計を済ませても
      「ありがとうございました」の一言も無かった。
      しかし今回は諸般の事情でこのホテルのスイートルームを予約した。スイートにしては
      格安の料金なので嫌な予感はしていたのだが予感は的中。スイートというのは名ばかりで
      単に通常のツインの倍の広さだと言うだけじゃないかって感じの調度品や設備。
      フロントでチェックインしてから客室までの案内も無い。スイートに泊まる客にこんな対応をする
      ホテルがあるだろうか?しかし京都、鎌倉、奈良、日光など観光資源に恵まれている場所は
      良いホテルが少ない気がするのだが、どうだろうか。

      ホテル日航ベイサイド大阪(USJ)

      ここは取引先の金で泊まったので料金は不明だけど、泊まったのはデラックスツイン。
      ラックレートなら3万5千円くらいの部屋だと思う。しかも一人一部屋をあてがわれたので、
      またも俺の嫌いな「ツインルームに一人」のパターンだった。

      この日航ベイサイド大阪はUSJの目の前にありながらUSJのオフィシャルホテルでは無い。
      おそらくUSJのスポンサーに全日空が入っている為だと思われる。他の2つのホテルが
      ホテル名に【ユニーバーサルシティ】という文字が入っているのに、このホテルには無いし
      当然スタジオパス(入場制限に関係なく入場できるチケット)の購入も出来ない。
      ホームページ上でも「JRユニバーサルスタジオ駅に直結」とは書いてあるが
      「ユニーバーサルスタジオまで徒歩○分」とは書かれていない。っていうかUSJには一言も
      触れられていないのだ。これでは宿泊客も戸惑うだろうし、ホテルの従業員も可哀想な気がする。

      肝心の部屋やサービスだが、オフィシャルホテルより値段設定が高めという事もあり、
      しかも新築されたばかりなので申し分ない。ホテルのサービスの指標として客室あたりの従業員数と
      いうのがあるそうだが、見た感じではオフィシャルホテルの3倍くらいに思えた。もちろん
      実際にはそんなに差はないんだろうけど、オフィシャルホテルとの差別化に相当
      気を遣っているようだった。

      ホテル近鉄ユニバーサルシティ(USJ)

      こちらは正真正銘のUSJオフィシャルホテル、最上階のデラックスファミリールームに宿泊。
      USJオフィシャルホテルは収容人員優先といったコンセプトのようで、団体客を効率よく収容する
      ためかデラックスルームは極端に少なく部屋も比較的狭い。ただ今回泊まった部屋はデラックスルーム
      らしく雰囲気もよく広さもあり、かなり良い感じだった。あまり評判が良くなかったので期待して
      なかった割には大満足だった。サービス料はとらないだけあってサービス面では割り切っている
      ようだが、こういうホテルではその方が正解かも知れない。パークビューの部屋だったのでUSJの
      全景が見渡す事が出来るので夜はかなり良い感じだった。スタンダードツインより1万2千円高いだけ
      なので、せっかく泊まるなら良い思い出を作るためにもこちらの部屋がお奨めだ。

      朝食はバイキング形式で\1.800だ。まあホテルの朝食としては普通の値段だが、レストランが
      カジュアルな雰囲気なのでちょっと高く感じるかもしれない。どうでもいいが連れの女の子は
      せっかくのバイキングなのに皿の上にちょっとしか食い物を載せていなかった。思わず
      『それしか食べないの?』と聞いてしまったが、2人分で4000円近く払った俺としてはちょっと
      悲しいというか正直『もっと食えやオラオラ(`Д´)ノ』という気分だった(笑)まあ貧乏な君たちは
      ホテルの出口近くにあるマクドナルドがお奨めだろう。

      −−−−−−番外編−−−−−−

      もしもしピエロ海南店(和歌山)

      サンテレビあたりが制作したエロ番組(関東のローカル局でも放送されていた)の中で
      何度も紹介されていた関西のラブホである。名前を何度も耳にしていたので関西へ行ったら
      一度は泊まってみたいと思っていたのだ。関西のラブホはどういうものなのか
      とても興味があったのだけど泊まってみたら、ごく普通のラブホだった。まあルームサービスの
      メニューが充実しているのが特徴と言えば特徴だろう。何故か100円を払って
      メンバーズカードを作ってしまったが、使うことはないだろうと思う。

      ホテルチャペルクラシック(奈良)

      ここは実態としては、どう見てもラブホなのだが、奈良駅前という立地のためか、
      白々しくビジネスホテルの体裁をとっている珍しいラブホだった。具体的に言うと、
      ちゃんと顔が見えるフロント、ロビー、レストランがあり確かにビジネスホテルと同じ
      レイアウトになっている。レストランも申し訳程度のものではなく、けっこう大きく
      スペースをとっていてメニューが入ったショーケースも立派なモノだ。
      だが、もちろんロビーでくつろぐ人もレストランで食事をする人もいない。
      おそらく条例でレストランやロビーを備えないホテルをラブホと規定して立地条件によって
      建設の制限をかけているのではないだろうか?その規制の網を抜けるために、
      わざわざこういうふうにしているのだと思った。しかし値段も安く立地もいい
      部屋も清潔で、なかなか良いラブホだった。


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:06月11日(火)00時49分09秒  ■  ★ 

      > 最初からシングルなんて採らなきゃいいのに

      1人で泊まるのにツインの金を払うのが勿体ないという理由もあるが
      一番大きいのは2人で泊まれる部屋に1人で泊まる侘びしさが嫌いという事
      なんだよ。

      だけど、どういうわけだかチェックインの際に「広めのお部屋にしておきました」
      とか言われてツインとかダブルにされてる事が多いんだ(;´Д`)



おまけ

だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:07月07日(土)02時07分01秒  ■  ★ 

      俺がアブナイを始めた頃は寝る間を惜しんで自作自演書き込みを続けたものだ
      (予想されるレス:「警察に踏み込まれるまでな」」


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:07月29日(日)13時53分59秒  ■  ★ 

      司法、立法、行政に加えて財界、マスコミの5つの権力が存在すると言われてるが
      マスコミのやってる事は掲示板の煽り並に低レベルだよな

      マスコミの奴らは2ちゃんねるや東芝事件みたいなWEB上の低レベルな煽りに反応
      してるけど自分たちと同じ匂いを感じ取ってるからじゃないのか?

      マスコミがワイドショーレベルで政治を語ってるから民主党も訳の分からない候補
      者を擁立させたりしておかしくなっていく。これじゃあビートたけしが党首になれ
      ば政権取れそうな世の中になっちまうな。

      まあ一番許せないのは創価学会が政権に入ってる事だけどな。


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:03月20日(水)00時35分42秒  ■  ★ 

      俺は最後の手段として

      探偵!ナイトスクープに調査依頼を出すことを考えている

      『伝説の自作自演煽ラー おみつ君が突如消えた理由が知りたい』
      当然、調査員は北野誠でな

      北野が向かった西成区内の安アパートにはおみつ君がいた・・しかし
      その生活ぶりは・・・


日本人の心  投稿者:だせえ君  投稿日:04月28日(日)15時37分55秒  ■  ★ 

      > 聞いたことに答えない、それが腐れ関西人(っ´Д`)っ ネー

      メールの挨拶文の中で「こちらは寒いです、そちらはどうですか?」と聞いた
      ら「部屋の中にいるのでわからない」という返事を書いてきた関西人がいる。

      俺だったら、いや殆どの関東人なら外に出るなり、窓を開けて手を出すなり
      して外気温を肌で感じてから、感じたままを文章にして相手に伝えようと
      するだろう!それが人間としての基本的な礼儀というものだと思う。関西人
      達は礼儀というものを、いったいどこへ置いてきてしまったのだろうか。

      「部屋の中にいるのでわからない」これぞ腐れ関西人の真骨頂!( ゚ ∀゚)σギャハハハハ!


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:07月20日(土)21時22分13秒  ■  ★ 

      地元の駄目人間共と飲んでいた時にTVで美味しそうな牛タンの店を紹介
      していた。その時に「仙台へ牛タン食いに行こうぜ」という事になり先日男4人で
      一泊二日で行ってきた。

      牛タンは美味かった、大満足だ。2日目は暇なので松島へ行ったが天気が悪かった。
      つーか、所詮日本国内では海、湖、山、川などどこへ行っても景色は似たようなモノ
      なのだなと実感した。

      仙台の人々は素晴らしいと思った、控えめで優しい人が多い。コンビニで列に並ぶ
      時もエレベーターに乗り込む時もお互いに譲り合う。混み合う街中を歩いていても
      ぶつかってくるような人はとても少ないし、クルマのクラクションだって滅多に鳴ら
      される事はない。

      それに比べて、阪神タイガースを狂信的に応援する某地域の住人達の民度の低さと
      いったらどうだろう?本当にこれが同じ日本人なのだろうか?東北人は関西人が嫌い
      だと良く言われるが、その理由がよく分かった気がする。

      仙台のデパート地下には全国各地の名産品が売られていた。しかし、たこ焼きや
      イカ焼き、お好み焼きなどの、あの地域の住人達が主食としているジャンクフード
      は、どこのデパートでも見かけることが無かったことを最後に付け加えておきたい。


> 溝口  投稿者:だせえ君  投稿日:03月27日(水)11時19分55秒  ■  ★ 

      > おまえらは馬鹿騒ぎの最中やその帰り道に突然言い知れぬ虚しさに襲われたりしないの?
      > オフの何が楽しいの?傷の舐め合い化かし合い?虚しくなると死にたくならないの?
      > おまえらは強いな
      > 俺は弱いから

      前科者で不良社会人だと思って憧れていた俺が、実際に会ってみたら、爽やかな
      エリートサラリーマンだった事に対する君の失望感は察するに余りある。
      しかし、それが現実というものだ。君のような関西のスラムに住み無職という
      社会の底辺にへばりつく人間には理解できないのかもしれない。しかしこれが
      現実だ。オフへ来て現実を直視して、これからの君の人生の糧として欲しい。


だせえ  投稿者:だせえ君   投稿日:2002/02/28(木)01時58分09秒  ■  ★  ◆ 

      >        決別宣言
      > 不肖、私はかれどれ4年以上ここに常駐してまいりました
      > しかし、ここで得たことはゼロです
      > はっきりいってここにいると私のバイタリティーが奪われます
      > 本当にくだらない掲示板だと思います
      > これから@本店のアドレスのブックマークを消します
      > 今までにあやしいとゲスッの戦いや元祖あやしいの消滅の
      > 瞬間など幾つもの感動的な瞬間に立ち会うことが出来ました
      > あの時の一体感は今でも懐かしく思い出します
      > しかし、そろそろそれも潮時です
      > 私は現実世界に帰り、生きていこうと思います
      > みなさん、長い間ありがとうございました

      おまえは本当に現実世界で生きていけるのか?


だせえ  投稿者:だせえ君  投稿日:11月28日(木)01時05分13秒  ■  ★ 

      日々激務に追われるエリートサラリーマンである俺を
      遙か彼方の未開地である関西地区に呼びつけるのだから
      関西滞在の2日間俺が退屈しないように企画しろと言ったところ
      「日帰りで来ればいいじゃないですか(`ー´) ケケケ」という誠に失礼な
      返答をする関西人がいるので困りました


だせえ君へ  投稿者:企画部長  投稿日:11月28日(木)07時41分35秒  ■  ★ 

      二日間の日程は大体以下のように決まりつつあります

      一日目
      だせえ君、新神戸着
      三宮のケンタッキー前で合流(膝蹴り厳禁)
      席の空いてる飲み屋を探す
      見付けたら飲む、見付けられなかったらコンビニの前でワンカップ大関を飲む
      終わったら解散

      二日目
      ユーエスジェイに行きたい人だけ行く
      心ゆくまで楽しんだので帰京

      後はだせえ君の気に入らないところを削ったり希望を加えて完成です
      さあ、どうぞ



番外編

・・・  投稿者:生人れ  投稿日:12月13日(木)00時43分50秒  ■  ★ 

      オフの時自分はだせえ君と尼さんと長田さんと鍋を囲んだんすっけど、
      そこでは壮絶な尼さんによる長田いびりが繰り広げられてたっす。
      まず尼さんは長田さんと同じ鍋になったことを怒り「げろげろ〜」と絶叫、
      長田さんの箸が肉を触ると「えんがちょバリアー!」と叫びました。
      極めつけは尼さんの箸と長田さんの箸とが接触したときに
      「店員さん!箸新しいの持ってきてえなぁ!」と叫んだことでしょう。
      長田さんもこれには我慢ならずトイレに駆け込みました。自分は見たっすよ。
      長田さんがトイレから戻ってきたとき目が赤く腫れていたのを(ρ_;)


・・・  投稿者:生人れ  投稿日:12月13日(木)00時54分19秒  ■  ★ 

      その後も尼さんの嫌がらせは続いたっすけど、これは自分の見た限りでは
      だせえ君を争う三角関係が生んだ悲劇っすよ。だけど当時のだせえ君は
      鍋に酒を入れることに躍起になっていて、そういう争いが行なわれてることを
      知らなかったようっすね。


・・・  投稿者:生人れ  投稿日:12月13日(木)00時59分51秒  ■  ★ 

      オフの帰り道で長田さんと話す機会があったっすけど、
      いじめられてることをだせえ君に打ち明けたらどうか提案したっす。
      だけど長田さんは
      「そんなことしたらだせえ君に余計な心配かけちゃうし、
      尼子さんだってそんなに悪い人じゃないと思うの。
      彼女もだせえ君が好きなんだよ。
      あたし一人が我慢すればいいんだもん」
      と笑顔で語ったとき、自分は長田さんに恋をしてるってことに気付いたっす。
      だせえ君と尼崎さんを出汁にして長田さんの気を引こうとした
      自分の浅ましさを呪ったっす。

      第一部三角関係が四角関係でドッキンコ☆≡編完


色々な人にインタビューしたっすよ  投稿者:生人れ  投稿日:12月13日(木)01時11分40秒  ■  ★ 

      俺がオフを開いた最大の理由は長田さんと会いたかったからというに尽きる。
      長田さんの為に幹事を引き受けオフを開いたんだ。
      (素独シ舌さん 年令不祥 未婚の父)

      あたし、ほんとは長田さんと仲良くしたかったの。
      だけど長田さんの愛くるしさを見てたらたちまち嫉妬の炎が身を焦がしちゃったの。
      ごめんね。
      (尼崎子  2X才  詐欺師)

      長田の為に俺は千葉から兵庫に行ったんだぜえ。
      だから鍋を囲んだとき前の席を長田にしたんだぜえ。
      長田を見つめながら食う肉はうまかったぜえ。
      (だせえ君  43才  犯罪者)


・・・  投稿者:生人れ  投稿日:12月13日(木)01時39分15秒  ■  ★ 

      掲示板の投稿ですか。勿論見ましたよ。自作自演じゃないかって疑われそうですね(笑)
      あれはみんなが僕のことを思ってくれている証拠ですね(感涙)
      もうオフから一年立つんですね。皆さんの顔はもう覚えていないけど、
      僕にとっては皆さんとの思い出は永遠です。
      今となってはあのオフを越えるオフを開くことはできないでしょうから、
      もうオフを開く事はないでしょうね。
      あの思い出を糧にこれから別々の人生を歩んで行くことになるんですね。
      ありがとう!アブナイ!そしてさようなら!
      (横溝敬一 23 ボランティア)


・・・  投稿者:生人れ  投稿日:12月13日(木)02時05分22秒  ■  ★ 

      長田と違う席になってしまったことが俺の唯一のネット人生の汚点さ…。
      (黒マグロ 29才  ダイヤモンドディストリビューター)

      長田さんと話をしたんすけどあの人は僕の思っていた通りの偉大な人でした。
      (電シ皮マン 年令不祥 アムウェイ社員)

      長田はやくざもんの俺にも他の人に接するのと同じ態度で接してくれた。
      あのときの感動を俺は一生忘れないだろう。
      (ボデブ□ 年令不祥 ヤクザ)          

      インタビューを通して感じたのは皆が長田を好きってことかな。
      俺に恋の味を教えてくれた長田のことは生涯忘れない。
      (生人れ  48才  元ヤン)



尼  投稿者:サハ19050  投稿日:04月02日(水)21時29分18秒  ■  ★ 

      尼崎における詭弁の例 

      1:主観で決め付ける 
      「尼崎は国際的にトップクラスの都市だ」 
      2:精神崩壊する 
      「だせえはピーナツ食って氏ね、バーカバーカ!」 
      4:ありえないことを前提に話を進める 
      「私へのプロポーズは引く手あまただから問題にはならない」 
      6:本題を無視して話を続ける 
      「そんなことよりだせえによるイヤガラセのほうが問題だ」 
      7:都合の悪いことはジョークで済ます 
      「私が結婚したのはゲーム上でだった」 


 投稿者:   投稿日:2004/01/18(日)14時32分36秒  ■  ★  

      食堂で何か打ち合わせをしていて耳に入ったこと

      ・シャネルは名古屋の象徴
      →渋谷でシャネルを持ってる若い子を探してもなかなか見つからない
      →東京だと豪華なキャバクラのキャバ嬢がもってる程度
      →名古屋の若い子は所持率高し

      ・カリスマ美容師に名古屋巻きをやらせたい
      →お母さんも納得の仕上がり

      ・名古屋の若い子は東京へ行ったことある子は少ないんですか?
      →行ったとしても東京ディズニーランドがメイン

      ・名古屋城は名古屋テレビが作った
      →一同(≧∇≦) ブァッハッハッ!!!

      名古屋って素敵


>関西人ファッカー  投稿者:   投稿日:2002/01/22(火)20時44分11秒 ■  ★  ◆ 

      > > 女もある程度覚悟してるはずだしな
      > このナンパと犯罪行為のやりとり全てが
      > ベタな関西弁で行われていると思うと萎え笑える。

      男 「ねーちゃん、遊び行かへんか?」
      女 「えー・・・どうしょぉー」
      男 「ええやん、ええやん、乗って行きぃな」
      女 「・・・ヒマやし、ほなちょっとだけなぁ」


      男 「なぁ、オメコさせろや、ここまで来て断るわけにはイカンやろ?」
      女 「いややぁ、降ろして、降ろしてぁなぁー」
      男 「うるさいんじゃ、われシバクど!、おらみんなやってまえ!!」
      男衆 「まいど!おいど!まいど!おいど!まいど!おいど!まいど!おいど!」



>   投稿者:   投稿日:2001/08/18(土)19時50分57秒  ■  ★  ◆ 

      > タッくんにムカツク原因は大阪弁だな

      関西はいんちき
      関西に行く気などない
      関西はたこやき臭いから嫌い
      関西はたこやきをおかずにご飯を食べるから嫌い
      関西の電車は接続駅がバラバラだから機雷
      関西は日本から切り離すべき
      最近の関西の気温の高さは異常
      関西はカードが使えないから嫌い
      関西人は電車のホームで並ばないから嫌い
      関西人は交差点の角に平気で駐車するから嫌い
      関西はとにかく面白くない
      関西人は半数が出っ歯だから嫌い
      そのうち7割は頭がモップらしいから嫌い
      関西の歩行者信号は「あと何秒」って出るから嫌い
      関西人は関西弁で話すから嫌い
      関西はなんかクサイ
      大阪は地方都市なのに東京にライバル心剥き出しだから嫌い
      関西人はみんな目が細くて出っ歯でおなじような顔だから嫌い
      関西弁話す女は阿呆っぽいから嫌い
      関西人っていつも笑いを取らないと人として認めてもらえないんだろ?
      関西人は周りを考えずに自分ルールを押しつけてくるから嫌い
      関西人はとにかくウザい
      関西人なのにつまらないお前って哀れだな
      新喜劇以外に関西の芸人なんて居たか?
      戦争が始まったら最前線は関西人な
      大阪人は人口なんかとっくに神奈川に追い抜かれているのに
      いつまでも日本第二位の都市とか思いこんでるから嫌い
      関西人はなにからなにまでダサい
      関西人はお約束を応酬すれば何もかも漫才だと思ってるから嫌い
      関西人って、駅のトイレで順番待ちしきれないで床にウンコしちゃうって本当?
      関西人が使ってる電気製品って東京じゃ使えないって本当?
      関西人の喋り方は文字化けしてネスケだと読めないから嫌い
      関西人は何処に移り住んでもそこが関西だと思いこむから嫌い
      関西人は〜ザンスと言うから嫌い
      関西人は保健所が捕獲して安楽死させるべき
      関西人はフランスとおフランスが別物だとか言う出すから始末に負えない
      関西人はたこやきが主食の人種だから嫌い
      関西の湧き水は炭酸水だから嫌い
      関西人の乳首にはナルト模様があるから嫌い
      関西人はハザードがパッシングのためにしか使わないから嫌い
      関西人はピューロランドをディズニーランドと同等の列に置こうとするから哀れ
      関西のプラットホームの細さは異常
      関西人はブランドロゴの入ったTシャツを恥ずかしげもなく着るから嫌い
      ここだけの話、大阪の人間の着ている服の8割はポリエステルの安物



     だせえ君日記 その1 その2 その3 その4 その5 その6
     その7 その8 おざなり 宵の明星 まほろば ギャハ日記


あやしいわーるど@尼崎かおる & だせえ本店 からの転載をまとめたものです。


コンテンツ:びでメール エロゲ 森の妖精 ルーザー 湖畔論 スワティ 替え歌 (゚Д゚)ハァ?

   gsの野望 AGSの野望 クエスト まったり 文学系 ぴかちう 油日記 ぶり読み ミーシャ


戻る 


inserted by FC2 system