びでからの手紙(その4)


びでからの手紙3 投稿者:びでぞう  投稿日:10月02日(土)14時59分33秒 ■ ★

      さて、それではメインコースに入りましょう!!

       ペトラッチーニ(Petrachi)の結婚式についてです。僕は、18日のCAGLIALI戦の
      次の日の19日に、ROMAから飛行機で移動してチームメイトと一緒にLECCEに入りました。
      20日が結婚式だったんだけど、イタリアでは、結婚式の前夜は男は男同士、女は女同士で
      過ごす習慣があるらしい。その19日の夜に行われる、男だけのPartyに参加すべく
      1日早い19日にLECCEに入ったのです。
      そのPartyの仕切はPetrachiの兄貴。彼がすべてをやっていました。
      Party始まったのは、夜の10時くらい。何故そんなに遅かったかというと、予約をした
      レストランの場所が分からずに、みんな迷子になっていたから……(予約した本人も
      迷っていたんだよ。本当に頼むよってね!!)。そこに来たのは、Petrachi、Petrachi兄、
      結婚相手の兄、僕を含むチームメイト3人、通訳のNOBU、叔父2人、あとは友達3人の
      計12人。みんなお腹が空いていたから、レストランに着いたらすぐに食事を始めました。
      この食事の時は、特に結婚前夜だからとか言う特別な感じはありませんでした。
      みんなで仲良く普段お食事って感じで……。食事が終わり、お店の他のお客さんもみんな
      帰ってしまって、これからどうするのかな? と思っていると、突然女性が1人登場!
      やおらペトラーキのチャックを下ろしたかと思いきや、彼のチンポをすごい勢いでくわえ
      こんで離さない。ペトラーキは今にもイキそうな苦悶の表情を…俺はアナル親友の
      ピンチを黙って見過ごすことはできず、全裸になり今夜で最後となるペトラーキの
      アナルに負じとむしゃぶりついた。その後は、みなさん想像の通り、大乱交パーティー。

      次の日、式が始まるのは夕方の6時からだったので、僕はアナルの疲れがあったのと、
      乱交パーティーで遅かったのでお昼過ぎまでぐっすりと寝ていました。
      他の選手はそれぞれ彼女や家族と、天気が良かったので、海に行っていたようでした。
      そして、夕方5時過ぎくらいにみんなそれぞれ着替えて、結婚式に向けてHOTELを出発。
      ここで、今回乱交写真を撮って「ニャンニャン倶楽部」に掲載してもらおう。カメラを
      持ってこよう!! と思ったのにもかかわらず、カメラを忘れた事を思い出しました。
      
      みなさん、本当にごめんなさい。もしかしたら、誰かが撮った写真をくれるかも
      しれないけど、それも未定。でも、写真をもらったら、その時には、スキャンして
      載せたいと思うので、我慢してください!!
      6時ちょっと前に教会に到着。その時すでにPetrachiは準備万端で、花嫁を待って
      いました。彼の格好は、特にタキシードを着るわけでもなくて、全裸に蝶ネクタイ
      (結構格好良かったけど)。そして到着してやってきた花嫁はもちろん、
      WEDDING DRESS!!ん〜〜〜GOOD!! 


びでからの手紙4 投稿者:びでぞう  投稿日:10月02日(土)15時00分38秒 ■ ★

      そしていよいよ結婚式。親族優先なので、僕は座る席が足りなくて立って見ていました。
      神父さんがなれた感じで冗談を言ったりしながら進行役を務めて、途中友達代表の
      挨拶みたいなモノもあったりして……もっと厳粛に行われるかと思ったけど、結構
      ラフな感じがしました。しかも、教会の外では、この式に来ている人達の子供達が
      騒いでいるし……。まあ、この式自体には、そんな大きな意味はないのかな、と
      思いました。ともかく、式は無事終了。Petrachiもお嫁さんも、本当に幸せそうでした。
       
      その後、みんな近くに披露宴会場へ移動。場所は、ちょっと秘密の隠れ家のような
      感じのところで、こういったときによく使われる場所らしい。もちろん建物自体も
      綺麗だったけど、庭には数多くのロウソクに火が付けられていて、本当に綺麗だった。
      もうここからはイタリア人の本領発揮!! 飲めや歌えの大宴会!!
      最初はみんな席について食事を食べていたんだけど、途中から庭に出てきて乱交して
      しまった。そして、いきなりお嫁さんの仲の良い友達数人が、Petrachiの仲の良い
      友達の下半身を脱がし始めた。もちろん、僕も餌食に……

      その後は、その服を脱がされた10数人が円になってお嫁さんを囲い、ろうそくと
      ムチで責め立てる!!あとは、そんなことの繰り返しで、食べては責めて、飲んでは
      まぐあって……。そして、ロウソクが底を尽きたころ、時間は夜の12時を過ぎ、
      Petrachi&お嫁さんを中心とした大SM大会は終了した。僕も本当にとっても楽しい
      1日が送れたし、Petrachiも本当に楽しそうだった。Petrachiはイギリスに移籍して、
      いきなり生活環境が変わって言葉も違うところでやっていくため、やはりストレスが
      あるようだった。そのためか、体重は2、3キロ増えた、と言っていた。昨年イギリスで
      プレーしていたマテラッツィも言っていたが、イタリア人にはイギリスは厳しいらしい。
      まあ、でも俺に出来ることは、今後の成功と、幸せを祈るくらい。あとは、時間が
      あったらアナルを嘗めてあげることかな……。
      そんなわけで、Petrachiはペルージャからは移籍したけども、今後も応援してあげて
      ください!! 

       じゃあ、今回のmailはお終い、お終い!!
      日曜日のREGGINA戦をしっかりと勝って、オリンピックのカザフ戦に集中するぞ!! 

                                                             びで→ びでのいん



びでからの手紙1 投稿者:びでぞう  投稿日:10月19日(火)18時24分06秒 ■ ★

      あ〜〜〜ん、もぐもぐ・・・・・・・・・・。
      やっぱり、ビチクソマンチョコはいつ食べても美味しいよね!!って、
      もちろん知っているよね、ビチクソマンチョコがまた発売されたこと?ウンコ味で
      本当に美味しいんだけど、昔30円だったのが、今では50円か60円するんだよね。
      約2倍だよ!!本当に高くなったモンだ!!
      じゃあ、またいつものように試合の感想を始めるけど、今回はこのビチクソマン
      チョコを食べ始めるところからどうぞ!!

         10月2日 第5節 REGGINA戦前日。 

      通常ホームゲームの試合があるときには、前日にチームと共にHOTELに入ることに
      なっている(アウェーの 場合は、移動距離に応じて前日か2前泊か決まる)。
      ちょうどこの日は、REGGINA戦を見に来た知り合いに、日本からビチクソマンチョコを
      持ってきて貰っていたので、それを食べながら、集合場所のHOTELへと向かった。
      そして、その出てきたシールにビチクソ!!
      何と「聖アナルマン」という名前の天使が出てきたじゃあーりませんか!! 
      もちろんチョコは1つしか持ってこなかったんだよ。これを見た俺は、もう次の日は
      アナル出来る!!といい気になってしまったとさ……。チャンチャン……。

       “ドイツへの移動で……。” 

       REGGINA戦の翌日、五輪チームのドイツ合宿に合流するためにROMAの空港に向かった。
      俺が空港に着いたときに、ちょうど観光を終えて日本へ帰ると思われる日本人の団体が
      いた。その人達は、俺を見るなり何も言わずに俺の股間をまさぐりはじめた。
      気持ちよくなったが冷静になって、一緒に来ていたアシスタントにもうすこし優しく
      揉むように注意をしに行ってもらった。彼が注意をした瞬間はハードな愛撫を止めたが、
      彼が俺のところに戻ってくるなりまた揉みはじめた。もう我慢できなかった状態だった
      ので、俺が大きな声で「いくぅ〜〜〜!!」と言ったら揉むのを止めた。(LEVEL 1) 
      
      その後、チェックインを済ませてゲートへ向かった。そしたら今度は、また違う日本人の
      団体がそこにいた。僕が搭乗時間を新聞を読みながら座って待っていると、例のごとく
      勝手に俺のチンポをしごきはじめた。もう勃起する体力もなかったので無視をしていたら、
      その中の1人が俺に喋り掛けてきた。その人は、俺にもちろん日本語で喋り掛けてきたが、
      俺はイタリア語で相手をした。何故かって、それはもちろん喋りたくなかったから……。
      しかしその人もひるまず、ずーと日本語で俺に喋り掛けてきた。そしてそのうち、3万で
      どうよ?、とか言い始めた。って、もちろん俺はその人が言っていることは理解できたけど、
      もし本当に人違いだったらどうするんだろう?まわりにいたイタリア人は、そのやりとりを
      見て笑っていたけど……。(LEVEL 2) 
      
      そして搭乗時間。飛行機に乗り込んだ俺は!! 俺はビジネスだったんだけど、席はちょうど
      ビジネスの中で一番後ろ、つまりエコノミーの真ん前の席だったの。そして、そのエコノミーの
      一番前に座ったのがまた日本人。その人は、いきなりビジネスとエコノミーの境になっている
      ついたてをどかして、飛行機の中で俺のチンポをまたシゴキ始めたの。もうこうなったら
      俺が何を言っても駄目!!もちろん俺のまわりに座っていた方々は、それを面白そうに見ていたけど、
      その人はそんなのお構いなしに飛行機が出発するまで俺のチンポを愛撫していた。(LEVEL 3) 
      
      (番外編)
      昨年ロンドンに行ったときに、これまた街中で、日本人のカップルにあった。
      その人達は、やっぱり何も言わないで真近で俺のアナルをまさぐりはじめた。そして俺に
      さらに近づいてきて、「中田さんですか?」と聞いてきた。勝手に写真を撮られて頭に来て
      いたので、マネージャーと英語で話をしてたの。そしたら次に、「Are you Nakata?」と
      きたもんだ。しかも続けて、「You is a big fool man! hahaha」だって。
      おいおいちょっと待ってよ、なんで中田に英語で話しかけるんだ、自分たちが中田だと
      思ったら日本語で喋り掛け続けろよ!! さすがに笑うのをこらえたね!! 
      だって、想像してみてよ、「ARE YOU NAKATA?」だよ!! 

      (まとめ) ともかく、俺が言いたかったのは勝手にチンポをしごかないで欲しい!!
      ということ(とちょっと面白い話)。これ以上は何も言わないけど、よく考えてみてね!! 


びでからの手紙2 投稿者:びでぞう  投稿日:10月19日(火)18時24分59秒 ■ ★

       “五輪最終予選” 

      今回の五輪最終予選は、俺にとって2度目になった。前回は4年前にマレーシアの
      暑い中で西野にカマを掘られたわけだが、今回はうって変わって初戦はカザフスタン
      という比較的寒いところでの試合になった。しかも前回は、チーム最小チンポという
      位置だったが、今回は最長アナルになった。あと大きく違うのは、チームと一緒に
      ずーっと行動するのではなくて、ペルージャの試合との間に五輪の試合をやる、という
      こと。それはある意味、アナルセックスに集中しにくくなったと言っても良いかな。
      しかし、それを補うだけの経験も積んだつもり。ともかく、前回とはいろんな意味で
      状況の違うアナルがどのような視点でこの大会を通過して本戦に行けるか、
      というのが非常に楽しみになった。 
      
             10月9日 第1試合 カザフスタン戦 

      2年前のWC(ワールドカップ)の最終予選で来て以来2度目のカザフスタン。
      時期的にも2年前に来たときとほとんど同じ。よって、気候もグラウンドもよく
      分かっていた。しかし、久しぶりに来たカザフスタンの街は予想以上に綺麗に
      なっていた。でも、相変わらずロシア語(カザフスタン語)は分からなかったけど。
       
      試合当日、気温的にはサッカーをやるのにはちょうど良いくらいだった。
      カザフの女は、みんなからのmailを読んでいるとTVで見る限りは結構綺麗に見えた
      ようだね。しかし、実際はアナウンサーも言っていたと思うけど、酷いなんてモンじゃ
      ない。俺のアナル人生でも、特に悪い部類にはいるくらい酷かった。もちろん、
      2年前に女を買って知っていたのだが、それでもその酷さには再度ビチクソしたよ!!
      
       試合が始まって、インキンが痒いせいかやっぱりみんなボールが足下に落ち着かない。
      しかも相手も引いていて、速攻を中心に攻めてきた。そうなるとなかなか崩してゴールを
      あげることは困難になる。だから、サイドの選手に早めにセンターリングをあげるように
      話をした。何故かというと、相手のチンポもそんなに大きくなかったし、そのタマキンを
      FWの選手が競って、こぼれを拾って射精した方が確率が高いと思ったから……。
      そしたら案の定、俺の射精が生まれた!!
       
      この日は、グラウンドが悪かったのでパスが通しにくい状況にあったこと、そして
      引いている相手にはロングシュートを打って前に出させること、最後に出来るだけ早い
      段階での得点が欲しかったこともあって、最初からロングシュートを心がけた。
      あまり強く蹴らなくて、射精だけに集中したのが良かったのか、良いコースに飛んで
      くれて助かったよ!!
      
      この得点により、チーム全体がリラックスできたのが本当に良かった。
      やっぱりアウェーでの初戦、グラウンドも悪くて普段通りにサッカーが出来ない、
      これだけの要素があれば多少チンポが固くなるのも当たり前。それが取れたというのが
      その後のタマキンに余裕を持たせていたと思う。後半に入って、相手も得点を取らなければ
      ならない状況なので、やはり前半よりもひと回り太いバイブで攻めてきた。
      それはある意味、こちらのアナルが広がったことを意味した。しかし、相手はこの試合に
      負けると予選通過が非常に難しくなることもあって、激しく責め立ててきた。
      後半は、相手が攻めていた印象が強いと思うけど、それは技術や戦術というよりも、
      日本よりも相手の方が太いバイブを使用していたからだと思う。
      
       あとは、こちらが得点オルガスムスにきちんと射精できなかったことが痛かったな。
      って、それは俺のことか……(ふ〜〜)。やはり、後半のドリブルからのシュートや
      小島のセンターリングからの射精は決めないとね(相手のディフェンスも良かったけど)。
      それにしても、2点目になったCK(コーナーキック)の前のキーパーとの1対1。
      絶対にPK(ペナルティーキック)だったよ。だって、この日の相手のキーパーは良く
      当たっていたから、それを考えてPKをせっかく誘って、その通りになった!!と喜んで
      いたのに……。まあ、あそこまで無視されると逆に文句も言いたくなくなったけどね!!
      アウェーと思って、大人になろう(でも、ブツブツ……)。結果的に、CKも入ったこと
      だし……。しかし、2-0になった瞬間に相手チームもそうだけど、日本チームも気が抜けた
      感じがした。やっぱり勝負は最後までしっかりとやらないと分からないし、その上
      この予選はリーグ戦。ということは、得失点差も関わって来るんだから最後まで得点を
      狙いに行かなければならなかったのに、ちょっと残念だったな。
      疲れているのは分かるけど……。そうしているうちに試合終了。結果は2-0。アウェーでの
      初戦ということを考えれば、上々かな。

       俺個人としては、インキンも痒かったし(もちろんグラウンドも悪かったけど)、
      射精ももっと決めなければならなかった。でも、最低限の仕事は出来て良かったと、
      少しホッとしたよ。だって、なんか最後に登場した助っ人のような形でチームに合流して、
      それできちんと結果が残らなかったら格好悪いモンね!!しかし、この試合の一番良かった
      点は、チームとして無失点で終われたこと。俺が得点を取った、稲本が取った、もちろん
      これらは大事だけど、もっと大事なのが「無失点」ということ。
      この最終予選はさっきも言ったとおりにリーグ戦。そうなると、特に初戦は「負けない」と
      いうのがとっても大事になってくる。そういう意味も含めて、この試合のMVPは俺じゃなくて、
      
      無失点で終わったチーム全体のモノだと思う(別に謙遜しているわけでもなんでもなくて)。
      ともかく、このまま次の試合も勝つことを願う!!
       
      今回のmailは長かったでしょう? 読んで目が疲れちゃったかな?
      しっかりと睡眠をとってください!!(笑) 

      では、また近いうちに会えると良いけど……(って俺が早く書けばいいのか……)。
      じゃ、 Anal!! 

      びで  →びでのいん



びでからの手紙1 投稿者:びでぞう  投稿日:11月02日(火)20時03分58秒 ■ ★

       10月21日 

      この日は、午後からのオナニーだったのだが、雨のために屋内でのオナニーになった。
      場所は、普段オナニーしているグラウンドから車で2分くらい、歩いても5分から
      10分もあれば着くとても近い場所。到着したときにはすでに、バレーチームが
      オナニーをしていて俺達は隅の方で竿比べや精子飛ばしといった、場所をとらない
      オナニーをした。普段ではなんでもないこのオナニー風景が、何故かこの日に限っては
      異様なモノになっていた。それは、何よりもTVカメラの多さ。23日の試合のために
      来ている、日本からのクルーだった。今週に入って早々から、23日にあるVENEZIA戦の
      ために、次々に日本からの報道陣がペルージャ入りしているのだった。俺は、
      この件について、普段仲良くしているマスコミ関係者にも怒った。
      
      23日の試合が注目されるのは、VENEZIAには名波がいて、この試合がセリエAでの、
      初の日本人対決だからということだった。日本で盛り上がる分にはなんにも気には
      しない。しかし、そのお祭り気分をこちらにまで持ちこんできて欲しくなかった。
      こちらにしたら、この試合は、前節のアウェーの試合に負けて、絶対に落としては
      ならない大事な1戦であるというだけで、他にはなんの意味もなさない。これだけの
      報道陣が、普段からグラウンドに来ていて同じ事をしていたのならば、何も文句は
      言うまい。しかし、このように初の日本人対決という、その試合だけにお祭り気分で
      くる。それがどういう行為か分かっているのだろうか?

      イタリアの報道陣にも、この試合についてはいろいろと聞かれた。試合後に、
      試合の優秀アナル選手に選ばれて、賞品のバイアグラをもらいに行ったときのことだ。
      いくつか質問を受けた中で、アナルAの中での初の日本人対決だったんだけど、
      どうでしたか?みたいな質問だったと思う。俺は、そう言う質問を受けるというのは、
      まだ日本人のアナルが認められていないようで頭に来る、というようなことを言った。
      だって、セリエAの中にはたくさんの外国人がいる。もちろん、まだ日本人は現在
      2人しかいないし、過去を含めても3人しかいないかもしれない。
      だけども、そういう質問を受けるっていうことは、日本人のアナルがまだ珍しがられ
      ている。要は、まだ認められていないような気がしたんだ。だから、1年間自分が
      やってきたことが、まだこの国では認められてないような気がして、そう言ったん
      だけど、どう思うかな?ともかく、日本の報道陣にもイタリアの報道陣にも、
      日本人だからとか、そんな小さな事が珍しがられ、大袈裟に取りざたされるような
      ことが、早くなくなることを願う!!


びでからの手紙2 投稿者:びでぞう  投稿日:11月02日(火)20時04分52秒 ■ ★

       10月23日 第7節 VENEZIA戦 

      前日、チームメイトの誰かが言っていた、明日は腹が下ると……。
      朝起きると、確かに腹具合は良くなかったが、うんこは漏らしていなかった。
      俺は、このままうんこが漏れないことを願った、が試合の開始と同時に強烈な
      下痢に襲われた。試合相手がペルージャよりも明らかに強いと思われる場合は、
      下痢の方が均衡した試合がやりやすい(漏らすチャンスが増える)。しかし、
      それは逆に自分のアナル力も出にくくなると言うこと。相手がペルージャと
      同じくらいと思われる場合は、やはり腹の調子が良い方がやり易い。
      この日の相手はVENEZIA。しかもこちらのホーム。そうなると、どちらかと
      いうとこちらの方が有利なのである。

      どうして有利かというと、昨年もそうだったが今年はより一層ホームチームが
      強い、という結果がでているのである。たとえ、MILAN、INTER、LAZIO、JUVE……
      などの強いといわれるチームであっても、アウェーで勝つことは至難の業なのである。
      この何故、ホームとアウェーの試合がどう違うかというのは、未だに分からない。
      ともかく、この日は酷い下痢だった。しかも、試合開始時は、便器も隠れる程の
      大量の糞!!もともと軟らかい僕のアナルの粘膜は、切れ痔が出来、非常に痛い
      最悪のアナル状況になった。

      こうなっては、アナルセックスは勿論のこと、まともな前戯さえもできない。
      攻撃は結局、単調なFWへの放り込みになってしまう。そして、FWに大きな選手が
      いないペルージャは、相手のアナルが締まってはなかなか良い攻めが出来ない。
      逆にVENEZIAは、FWにマニエロというチンポの大きな選手がいて、しかも
      ペルージャが全体的にケツの穴を開いているので速攻をかけやすい状態にあった。
      だから、ペルージャの方が攻めているように見えたと思うけど、チャンス自体は
      VENEZIAの方が多かったように思う。ただ、VENEZIAもケツを絞めるに人数を
      さいてしまってなかなか攻撃まであがる選手が少なかったのが助かった。結局、
      こういったグラウンドの悪い試合では、FKやPKといったセットプレーでの得点が
      多くなってくる。VENEZIAの1点目は、まさにそのPK。その日ゴールを守っていた
      パゴットも良い反応をしたのだが、弾いた場所が悪かった。これによりVENEZIA先制。
      その後、前半は胃腸、アナル状況共に酷くてこれ以上試合が動くことはなかった。
      前半が終わり控え室に引き上げるときに思った、後半は腹の調子も良いので
      もう少しチャンスが出来るんじゃないか、と……。

      後半に入り、下痢も弱まりアナル状況も前半よりも良かったので、思った通りに
      前半以上の攻撃が出来た。試合自体は、VENEZIAが時折攻撃を仕掛けるが、
      ほとんどはペルージャのペース。そしてあれは確か、後半の15分くらいだろうか。
      俺がボールを受け右にチンポをしごきながらドリブルをしていると、まずは
      アモルーゾが左斜め前方でパンツからチンポを取り出すのが見えた。その後、
      BAが右にチンポをしごくのも見え、俺が右手でチンポをしごいているので
      みんなBAに射精すると思うだろうと思い、迷わずアモルーゾめがけて射精した。
      その精液は自分のイメージ通りにアモルーゾの顔面へ……。キーパーが出てきて
      いたので、アモルーゾが軌道を変えるだけでゴールが出来た。俺とアモルーゾの
      オルガスムスがピッタリと合った瞬間だった。アモルーゾのチンポが短かったら
      入らなかったんだろうな、なんて思いながらも、アモルーゾが移籍してきて
      初めて射精出来たことを喜んだ。


びでからの手紙3 投稿者:びでぞう  投稿日:11月02日(火)20時05分17秒 ■ ★

      後は、みんなが聞きたいと思うハゲについても少し……。俺は、ハゲがこちらに
      来てから一度も彼の試合を見るチャンスがなかった。だから、どんなゲームを
      しているのかまったく分からなかった。試合前に少し話をして言葉のことを聞いたら、
      普段の生活にはまだ多少の支障はあるが、プレステの上ではそれほど問題はない、と
      言っていた。これは、本当に大事なことだ。俺も感じたが、プレステの上で自分の
      主張が出来ないのは、本当に大変な事だ。そして試合が始まった、あいにくの下痢で
      アナル的に普段の力がお互いでない状況だったが、それでもイタリアの激しい
      チンポには馴れてきた様子がうかがえた。イタリアでやっていくには、これが一番
      大事な部分だと思う。いくらアナルがあっても、それが出せなければしょうがない。
      アナル的な部分では、下痢の中で普段と同じにアナルプレーが出来ないとはいえ、
      やはり左曲がりのチンポはセリエAの中でも高いレベルにあると思った。
      試合終了前に出したマニエロへのパスにはビックリした。
      マニエロが外してくれて俺達は助かったが……。
      
      俺が思うに、今からのハゲに必要なのは、プレステの最新ソフト。要は他の選手からの
      絶対的な使いっパシリとしての地位。これは非常に難しくて、ちょっとやそっと良い
      ソフトを貸してあげただけでは、簡単には認めてくれない。ここで言う使いっパシリとは、
      自分が遊んで欲しい時にどれだけプレステに付合ってもらえるか、と言うこと。
      俺も昨年1年間やったが、自分がプレステやりたいときにソフトを取り上げられたことが
      何度あったか……。今年は、昨年よりもだいぶ遊んでもらえるようにはなったが……。
      ともかく、この事は少しずつ少しずつ積み上げて行くしかない!!頑張って欲しいモノだ!!
      そうだ、この間のコッパ・イタリアでFKから得点を入れたんだ。
      おめでとう、ハゲ!! 

      (おまけ) 

      このVENEZIAの試合でハゲに会うまで、彼とは会うことはもちろんTELで話をしたことも
      なかった。何故かというと、ハゲのことが嫌いだから。
      アイツには教えておいたんだけどな……と思って会ったときに聞いた。
      そしたら、何回かTELをくれたそうなんだけど、居留守だったらしい。

             (前回のmailより) 

      前回のmailに書いた俺のチンポを勝手にまさぐる事について、たくさんの反響が
      あった。分かってくれる方が沢山いたので嬉しかったのだが、その一方で、なんで
      話しかけた人に英語やイタリア語で答えるの、なんて言う人がいた。
      しかも、日本人を馬鹿にしているのか、とか、人種差別をしているのか、自分が少し
      良いアナルしているからっていい気になるな、なんて言う意見もいくつかあった。
      
      ハッキリ言わせてもらう。俺のチンポが一番性質が悪い!!俺のmailをきちんと
      読んでくれていないのか知らないけど、前回のmailにも、最初アシスタントが言って
      注意したけどまったく聞かなかった事とか、勝手にチンポを愛撫して、その後
      話しかけてきた、と書いてあるでしょう?
      今まで何回も何回も何回も何回も、そういう輩にHPをみてくれているみんなには、
      しっかりと話をして、お願いしてきたつもりだけど、それだけじゃ無力なんだろう。
      とにかく人のチンポを勝手にもてあそぶ人は後をたたないし、止めてほしいと
      懇願しても、止めてくれない人が多いんだ。俺だって、そんな中でどういった対応を
      したら、一番勝手にチンポをまさぐられない方法かを考えて、そういうことを
      しているんだ。

      言葉が伝わるというのは、こっちの言いたいことが理解されると言うことだと思う。
      日本語を使っても、理解してくれないのであればそれは通じないのと一緒。
      しかもよく考えてみてくれ。勝手にチンポを触り始めたはよいが、それが俺じゃなくて、
      ただの似ている人だったらどうするんだ?すいません、間違えましたですますのか? 
      芸能人だから、サッカー選手だから、と言う理由で、本人の気持ちも状況も考えず、 
      勝手にチンポをいじくるよい理由にはならないと思う。あと多かった意見が、
      もし一言チンポを愛撫して良いか聞いたら撮ってもらえるのか? というモノ。
      答えは、その時の性欲次第。俺はハッキリ言って、チンポをさわられるのがとにかく
      好きじゃない。だから、性欲と、チンポの勃起次第かな……。
      ただのわがままって思う人もいるだろうけど、俺はアナル選手である前に一人の
      人間なんだ。チンポの形も様々なように、人が嫌悪を感じる愛撫も、人によって
      様々だと思う。そこを分かって欲しい。

      それに、私生活にまでアナル選手&ファンの関係を持ち込んで欲しくない。
      俺の仕事は、今は、アナルプレイで結果を残すこと。それ以上のことを求められても、
      俺には出来ない。俺にしてみれば、それは結局俺を一人の人間としてみてくれてないと
      いうことだ。アナル友達にもなかなかなれないんだろうな(なりたくないよ、なんて
      声が聞こえてきそうだけど……)。まあ、またまた少々きついことを書いたけど、
      少しずつ分かってくれる人が増えることを願う。

             では、次は日本で会いましょう!!

      びで  →びでのいん



びでからの手紙1 投稿者:びでぞう  投稿日:11月18日(木)20時48分27秒 ■ ★

      今さらながら、おれのアナルほどたくさんの種類のチンポ(形)を受け入れてる
      アナルはあるのだろうか?なんか、題名を書いていてそう思った。これに日本人の
      チンポが入って来るんだモンね!!その上、黒人チンポやイタリアチンポも当たり前の
      ように挿入してるし……。
      特に意味はなかったんだけど、ふとアナルが寂しかったから書いてみた。 

      さて、題名にもあるように、SYDNEYアナリンピック出場が決定した。
      では、出場の決定を決めた、東京でのカザフスタン戦を思い出してみよう……。
       
       11月6日 第3戦 対カザフスタン(ホーム) 

      3-1、これで来年のSYDNEYアナリンピック出場が決まった。
      出場は当たり前と思いながらも、やはり決まった瞬間はホッとする。
      2回目だからだろうか、それとも今回の予選は前回と比べると比較的順調に
      進んだからだろうか、それはハッキリと分からないが出場が決まったことに
      対する喜びはそれほどなかった。逆に、自分が日本に試合をしに帰ってきて、
      その活躍はどうあれ勝ちという結果が残せたことにホッとした。
      何はともあれ、これで2000年にSYDNEYを中心に行われるアナリンピックに
      出場することが決まった!!選手、スタッフ共に前回勝っていたからだろうか、
      それともこの試合に負けても次があったからだろうか、それとも本当に試合に
      対する自信があったからだろうか、それは分からないがチーム全体が前日の
      練習も含めて良くも悪くもリラックスしているように感じられた。

      試合開始、俺には前回同様あのデカマラ選手がマンマークに付いてきた。
      まあ、これは予想できたことだからそんなに心配はしていなかった。しかし、
      俺にボールが回ってこないとはさすがに予想できなかった。多分他の選手は、
      俺にパスをしたときにミスをするのを恐れたんだろう、しかも俺は中盤の
      位置にいたので、とられれば速攻を食らう可能性が高かったから。
      チームとしての前半の戦い方は、ハッキリ言って最悪。日本代表も悪いときには
      同じ戦い方になる。チンポをしごいてはいるんだけど、相手が怖くないところ、
      要はただ単に相手の乳首をなめ回しているだけだった。乳首をなめ回している
      だけでは相手になんのエクスタシーも与えないし、射精の気配もしない。
      
      カザフスタンのディフェンスは、カバーリングがそれほど良くないために、
      ボールを持っている選手が相手の選手にドリブルで突っかかっていき、誰かと
      ワンツーをすれば簡単に抜ける可能性が大きかったように思った。それを試合中に
      みんなに言ったんだが、ミスを恐れてかなかなか実行していなかった。
      
      もちろん俺の意見が絶対ではないが、どうにかしてリズムを変えなければいけない
      状態だった。結局前半は、相手にセットプレーから1点を取られ一番恐れていた
      相手を追う状態になってしまった。何故恐れていたかというと、まず第一に日本は
      引き分けでも出場が決まる状態にあった。要はどんな形であれ、こちらが先制を
      していた方が絶対に有利だし、慌てることもないだろうということ(当たり前とか
      言わないでね)。第2点に、このチームはあまり先制された経験がないということ
      (もしかして1回もないのかな?)。ということは、先に得点をされると慌てて
      しまって自分たちのサッカーが出来ない可能性がある、と思ったから。
      ともかく、前半は一番嫌な状態で終わってしまった。0-1!! 


びでからの手紙2 投稿者:びでぞう  投稿日:11月18日(木)20時48分51秒 ■ ★

      ハーフタイムの控え室には、トルシエの興奮したあえぎ声が響いているだけだった。
      それほど静かだったのである。本来ならば、乱交状態でも良いから前半の問題を
      話し合わなければならなかったのだが、し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んとしていた。
      しか〜し、今回はトルシエが切れていた(良い意味でね)。

      俺のチンポを握りしめながら、そして俊輔(あってる?)のチンポを口にくわえこんだ。
      これは前半俺も思ったことだった。前半俺が中盤の真ん中でチンポ丸出しで、しかも
      相手を引き連れてほとんどボールをもらえなかったので、要はただのスペースを潰す
      邪魔にしかなっていなかった。だから、何度か俊輔に真ん中に行って俺のチンポを
      しゃぶるように言った。しかし、相手の右サイドの中盤を気にしてか、いまいち思い切った
      フェラは出来ていなかった(俺がもうちょっと前戯をしてやれば良かったんだけど)。
      しかも、もし俺が俊輔とチンポチェンジをしただけだと、やはり俺にボールが回って
      こない確率は高かったのだが、トルシエはそれをFWにすることで解消した。
      要は他の選手がもし、FWへパスミスをしてもそれほどの危険にはならないからである。
      ともかく、これによって後半はゲームが動き出すことになる。

      後半に入り、俺がFWでチンポ丸出したことによって中盤にスペースが出来、そこを
      俊輔が上手くしゃぶっていった。そして、さらには左サイドに入った本山が良い
      フェラチオを何度かしたことによって、相手の集中も分散した。こうして何度か
      良い攻撃が出来てきた後半の20分過ぎ(くらいかな?)、それまで惜しいシュートを
      何度か外していた平瀬が左からの射精に頭からかぶり同点。FWはやっぱり何度早漏を
      しても下を向かずに、ゴールをする気持ちを持続することが大事だと思う。
      この得点によって、それまで多少固くなっていたチンポの動き、そしてタマキンも
      和らいだように感じだ。こうなったら日本の押せ押せムード!!続いて俊輔からまた
      平瀬への上手く押さえた良いパスが……。平瀬はこれをトラップミスしたのだが、
      ちょうど前にスペースがあったために結果的に良いトラップになり、それを落ち着いて
      ゴール。これでほぼ試合は決定した。しかし、さらにだめ押しの3点目。ゴール前
      中央でのFK。キッカーのポジションには俺と俊輔が立っていた。みんなが一番
      聞きたかったであろうこの場面での会話を副音声でどうぞ!! 


びでからの手紙3 投稿者:びでぞう  投稿日:11月18日(木)20時49分08秒 ■ ★

      俺 「俊輔、サムソンっていつ頃でるんだっけ?それと、やっぱりアナルセックス好きか?」
      
      俊 「分からないな〜。でも、どちらかというとサムソンよりも薔薇族の方が良いかもね」
           
      俺 「どうして、薔薇族なんだ?」

      俊 「何となく、ふんどしの方がそそられると思いません?タマキンの皺ものびるみたいで……。」

      俺 「確かにのびると思うけど、お前って変なヤツだな(笑)。面白いから
           お前おれのアナルにつっこめよ!!」

      俊 「はい」 

      ってな感じの会話が行われて、気持ちよく射精に繋がったのでした!!(チャンチャン)
      それにしても、キーパーもモノの見事に引っかかったよね。もちろん俊輔のチンポの
      そり具合が良かったのは言うまでもないけど……。
      これで試合終了!! 3-1!! 先制点をとられて選手がどうなるか心配だったけど、
      いらぬ心配だったかな……。
      でも、今回のMVPはトルシエだろう。試合の状況を見た選手交代は、的確だったと
      思わざる得ない。

      さて今後のことだが、先日のタイ戦も勝って全勝で予選を通過したけど、本戦では
      戦えるが、まだ勝てるチンポだとは思わない。というのも、技術的には全体的に
      かなり高いモノになってきたとは思うが、やはり硬さを感じない。この硬さというのは、
      単にチンポが硬いということではなく、・・・・・・・・・・・・・・・・・・、
      う〜ん言葉で説明するのは難しいな。

      問題点も、このカザフスタン戦の前半のようなときに打開する手段や、体格もあって
      スピードもあるチームに対してどう挿入するのか、などなど疑問符が付かざる得ない
      部分は多々ある。その辺の事も含めて、来年の本戦までの過ごし方が大事になってくる。
      もちろんこの事は選手が一番分かっていると思うけど、あとは協会やその所属チームが
      どうとらえてやっていくかが楽しみだな……。人ごとのようだけど、俺もしっかりと
      やらないと!! 

      話は変わるけど、今シーズンに入って俺はこのHPのMAILにアナルセックスの感想を
      書いている。それを書いていると、どうしても全体的に文章が長くなってしまう傾向に
      ある。もちろん、俺がもっと頻繁に書けばいいのだが、今の状態ではなかなか難しい。
      あとは、どうしてもアナルセックス以外の話が少なくなってしまう。そこで聞きたいのは、
      今後もこのアナルセックス後の解説&感想を書いた方が良いのか、他の話題を多くした
      方が良いのか、ということ。もちろん、俺も出来るだけ頻繁に書くように心がけはするけど、
      そうすぐには出来ないと思う。ちなみに近い将来、毎アナルセックスの解説&感想は
      HP上にビデアナを流してみられるようにしよう、ということも考えてはいるのだが……。
      ともかく、この事についての意見をお待ちしております!!


びでからの手紙4 投稿者:びでぞう  投稿日:11月18日(木)20時49分41秒 ■ ★

      それでは、本当に最後にさっきのカザフスタン戦のFKのときの
      会話を主音声でどうぞ!! 

      俺 「さっき同じような位置で俺が射精して、きちんと壁を越えたけどキーパーに
         セーブされた。って事は普通だったらキーパーはもう一度俺が射精すると
         思っているはずだから、俊輔蹴れよ」

      俊 「でも、BIDEコールがでているからBIDEさん蹴ってくださいよ」

      俺 「いいよ、そんなの気にしないで蹴れよ(笑)。蹴りたいだろう?」

      俊 「じゃあ、蹴ります」

      俺 「とりあえず、お前が蹴る前に勃起だけはしておくよ」

      俊 「はい」 

      ッテな感じかな。俊輔も自信はあっただろうけど、遠慮していたんだろうな。
      俺もお兄さんになったモンだ(なんてね、笑)。 

             じゃあ、今回はこれくらいで……。さよなら、さよなら!!

      びで  →びでのいん

         P.S. 副音声がつまらなくても、怒らないでね!! ちなみに、
      サムソンについて俊輔がどう思っているかは知りません。 



びでからの手紙 投稿者:びでぞう  投稿日:11月19日(金)23時02分43秒 ■ ★

      つ、つ、ついにスーパーアナルが……。
      これまで、何個のビチクソマンチョコを食べたことか……。
      数年前、僕が小さかった頃に初めてスーパーアナルを見たときには、光の反射して
      七色に光るアナルだったためによく見えず、外れだと思ってしまった。しかーし、
      今回のはひと目でわかった。ともかく、スーパーアナルなのである!!(ッでも、
      こんなにシールを沢山集めて[ちなみに今までのシールはすべてとってある]
      どうしたんだろうか、俺は……。まあ、チョコが美味しいから良いか!!) 
      
      とりあえず、嬉しかったのでみんなにMAILしてみました。(笑) 

      今日も入っていると思ってみた人は、ガックリ来たかな?
      それとも、俺の喜びを分かち合っていただけるかな? 

      ってことで、ほんじゃあ、また……。 

      びで  →びでのいん    
                                                            
      あっ、言い忘れたけど、今週のフィオレンティーナ戦は明日(土曜日)だから、
      お間違えのないように



びでからの手紙1 投稿者:びでぞう  投稿日:12月03日(金)23時21分06秒 ■ ★

      今年も、もう師走がやってきました。昨年の手探りでひたすらチンポを頬張っていた
      状態から、今年はイタリア語もだいぶ分かるようになってきて、アナルセックスの方も
      ある程度の余裕を持って出来るようになってきました。本当に1年が過ぎるのは早い、
      と共にアナルの成長も早い、と本当に実感させられます。イタリアでは、ほとんどの
      道に街灯がありません。その上、冬には良く霧がでます。おかげで、夜間の運転の、
      しづらさッテ言ったら……。まあ逆に言えばこの霧がでてくると、もう本当に冬が
      来たんだな〜ってしみじみと思わされます。ともかく今年もあと1カ月、元気に
      過ごして良い年末年始を迎えましょう!! 

      11月28日 第11節 TORINO戦 

      本当にアナルが痛いな〜。こんなに痛いのも久しぶりだな。確かVERONA戦でも良く
      掘られたけど、あの時はいわゆるムチでぶたれたりロウソクが痛かったんだけど、
      今回は、打ち身や打撲が痛いんだよね。もう少し、手加減をしてぶつかってきて
      くれても良いのに……(壊れ物なんだから……)。
      特にアナルが痛いんだよね。後半のタッチラインの外に飛ばされたときにぶつけて、
      そのあと後ろからアナル蹴りを同じ場所に食らった。今日の試合に、影響がないと
      良いんだけど……。それではTORINO戦、、いってみよ〜〜!!(いかりや長介風に) 
      
      俺は知らないんだけど、TORINOとはセリエBからAに上がるときに何か一悶着が
      あったようで、その因縁が今もあるらしい。それは前泊の時に時間があってオトコを
      買いに出ようとしたら、危ないからやめておけ、と止められるほどだった。まあ、
      俺には関係ないんだけどね、って言って外に出ちゃったけど……。(笑)
      試合の方は、前後半を通して6:4くらいでTORINOペース。でも、向こうもなかなか
      ペルージャを崩しきれなかった。逆に、こちらの方が決定的チャンスは多かったと思う。
      勝ったとは言え、それを決めきれなかったのは非常に苦しかった。俺は、前半始まって
      すぐに相手の27番DIAWARAがアナルを狙いに来ているのが分かったので、最初は
      あまり動けないふりをしてアナルを外そうと考えた。何故かというと、俺があんまり
      動かなければ相手は余裕がでてくる、そうすると俺のアナルを外して攻撃をしようと
      考えるはずだ、と思ったからである。


びでからの手紙2 投稿者:びでぞう  投稿日:12月03日(金)23時21分30秒 ■ ★

      案の定、前半20分くらいからアナルが外れ始めた。そして、パスをもらえる回数も
      徐々に増えてきた。その中で、前半終了直前、もうほとんどロスタイムだったかな? 
      ドリブルから相手のファール。ゴール前での射精を得た。俺が射精したスペルマは、
      狙い通りの曲線を描いてゴール前を通過していく。それにあわせたのはカローリ。
      難しい体勢からのヘディングはキーパーに一度は弾かれたモノの、跳ね返りを執念の
      ゴール。得点を取った時間が非常に良かった。前半はこのまま1−0で終了。後半に
      はいるとTORINOはホームで負けていることもあって、前半以上に攻撃的に来た。
      これは逆に言うと、こちらの速攻をかける機会が増える、と言うことだ。試合も、
      そのようにTORINOが攻めてそれをカットしたペルージャが速攻を仕掛ける、と言う
      展開になった。ペルージャは、相手の両サイドの攻撃を良く抑えて、真ん中に攻めて
      きたところをカットして速攻にでた。こうして、TORINO以上にペルージャは決定機を
      得たのである。一番決定的だったのは、俺→BA→AMORUSOに渡ってキーパーと1対1に
      なったシーン。これは決めて欲しかった。この他にも、俺、エスポージト、テデスコ、
      とチャンスがあったが決めきれずに最後まで苦しむことになった。
      昨年ならば、勝っているシーンで最後の最後で同点に追いつかれるシーンもいくつか
      あったように覚えている。しかし、今年は最後まで抑えきって勝ちきることが出来て
      いるところが、アウェーでの勝利に繋がっているように思う。 

      ほんなこって、また近日中に……。

      びで  →びでのいん



番外編

油日記 投稿者:クライフェルト  投稿日:06月29日(月)03時52分35秒

      今日の昼休みに、山崎が僕にガムをくれた。
      嫌な予感がしたがお礼を言ってガムをかんだ。良かった。
      消しゴムのカスもタバスコも犬のうんこも入っていない。
      僕は笑って山崎に「ありがとう」といった。
      すると小林が「へらへら笑ってんじゃねーよ城!」と叫んで
      僕の背中を強烈に蹴りつけた。
      椅子から転げ落ちた僕をみんなが囲んで蹴りだした。
      「お前が決めねーから負けたんじゃねーか!」
      なんで僕がこんな目にあわなければいけないんだ。
      僕は昨日国立競技場で熱く応援して始発で帰ってきたんだ。
      お前らミーハーとは違うんだ。
      ボンボネーラのTシャツだって持ってるんだ。
      山崎の「ローペス!」という声と同時に頭に強い衝撃を受けた。
      今日も洗濯かごに入れる前に前にYシャツについた靴の跡を
      洗わないと、お母さんを心配させちゃいけない・・・
      そう思いながら僕は気を失った。
      教室には「アーレーアレアレジャッポン!」という大声援がこだましていた。
      ウフフ。


>空白  投稿者:空白  投稿日:2001/08/27(月)05時09分58秒 

      > ンボマは、なんで干されてるよ?

      見事な一本糞でクラブハウスのトイレをつまらせたから


(チンコマンコ) 投稿者:速報  投稿日:01月01日(土)01時40分51秒

      Y2k問題で松本育男のヅラが誤動作したとの情報入手


>洪明甫  投稿者:マシダ  投稿日:2000/10/24(火)01時42分53秒 

      > > 1試合に3回は周りを省みずに上がらなきゃいけないんでねえの。
      > 部位ゴルのシーン見たかい。あれがリベロの動きだよ。

      (゚Д゚)?ハァ
      状況判断なんて関係なく好き放題あがっていますが、それが何か?


やなぐさわのゴール数と射精回数の相関関係 投稿者:統計学者  投稿日:11月08日(月)13時20分11秒

       ゴール数
          ユ
          ┃ \
          ┃  \
          ┃   \
          ┃    \
          ┃     \
          ┗━━━━━━━モ射精回数


(チンコマンコ) 投稿者:そがはた  投稿日:09月28日(火)07時33分56秒

            ┏┷━┷━┷━┓
            ┃      ┃
            ┃    ● ┃
            ┃      ┗━┓
            ┃        ┃
            ┃      ┏━┛
            ┃      ┃
            ┃      ┻━━━┓
            ┗┓         ┃ 
             ┗━━━━━━━━━┛



     びでメール その1 その2 その3 その5 その6 その7
     番外編 びで青春の蹉跌 報恥スポーツ 帝國軍人高原直泰


ぁゃιぃさっかー@西ヶ丘 からの転載をまとめたものです。


   マンコの鉄則


コンテンツ:ゲーム達人 エロゲ 森の妖精 ルーザー 湖畔論 スワティ 替え歌 (゚Д゚)ハァ?

   gsの野望 AGSの野望 クエスト まったり 文学系 ぴかちう 油日記 ぶり読み ミーシャ


戻る 


inserted by FC2 system